韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ24話

頑張れチャンミ

今回の韓国ドラマはこちら!
頑張れチャンミ
さっそく24話をご覧ください
頑張れチャンミ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ24話

チャンミは餅にしか興味はなく、色目を使って男を落とすような人じゃないとテジャに説得されたミンジュは、渋々チャンミに謝り、テジャと二人で食べるようにとケサディーヤを差し入れる。

テジャの女相手と誤解されたチャンミは「私の理想はもっと高いのよ。」と憤慨しテジャのことを男として見たことは一度もないと言い返す。

借金返済期日の迫るチャンスは友達に借りようとあちこち電話するが誰からも助けてもらえず、最近焼肉店でパートを始めたという母には、申し訳なくて何も言い出せない。

餅カフェの前で姉の様子を見ながらも何も言わず帰って行くチャンスを見かけたテジャは、彼の借金を知り無利息でお金を貸してあげる。
コートも着ずに銀行から出てきたテジャを見て会長は、プレゼントでもらった手袋を貸し、チャンミと一緒に手袋を選んだテジャは、初任給で親に贈り物を買う事はチャンミに教えてもらったと説明する。

寒くて食べる場所がないからと会長はお昼を餅カフェで食べるといい、テジャが持ち帰った試食品がメニューにあると勘違いしていた会長は「餅アイスが食べたかったな。」と口を滑らせてしまう。
自分のアイデアがありきたりな物なのかと心配するチャンミは、おじいさんがどこで餅アイスを食べたのかと追求し、「お客に人気の物だから色んな人が挑戦するんだ。」と説得される。

テジャの荷物をファン家に取りに来たミンジュは、のんびりした家政婦に、嫁さん気取りで掃除や片づけにケチをつける。

大学の先輩から、あくせく働くよりも副業で化粧品を売ったほうが大儲けできたと自慢されたミンチョルは、自分も先輩のように楽して稼ごうと化粧品事業に手を広げたいと言い出す。

父は下手をすれば本業のクリニックまで潰しかねないと心配するが「可能性があるなら挑戦すべきよ。」と母はミンチョルを応援し「あなたの意見は聞いてない。」と夫を黙らせる。

居場所のないヨンホは、久しぶりにビアホールに行き、話しやすい店員のアラと意気投合する。

テジャのお金で借金返済できたチャンスは完済証明書を見せ「本当に助かったよ。」と感謝する。

家主のビョンムンをいつも気にかけるヨンジュは、味噌汁のおすそ分けを持っていき彼に手渡すが、彼女の手に触れたビョンムンの身体に電気が走り鍋を落としてしまう。

慌てたビョンムンがこぼれたワカメを拾って鍋に入れようとするのでヨンジュは止めようとビョンムンの手を掴み、電気ショックに耐えられなくなったビョンムンはヨンジュを払いのけてしまう。

尻もちをついた彼女を助け起こそうとしたビョンムンの身体は限界をきたし、彼は胸を押さえ真っ青になる。
父の発作に驚いたジュニョクは診察を受けたほうがいいとビョンムンを病院に連れていく。

スポンサーリンク

医者は、レントゲンをとっても全くなんの異常もないビョンムンに、「動悸が起こる状況がいつも同じなら、特定の人への怒りや好意が原因の可能性もありますよ。」と恋煩いを匂わせる。

テジャは、美味しさばかりこだわっているチャンミを「見た目の要素も大事だ。」と清潭洞の高級カフェに連れてくる。
ショーケースに並ぶ全種類のケーキを注文したテジャは、リサーチをチャンミに任せ自分は若い女性客で目の保養。
母親からの呼び出しに直帰したいというテジャを「どうせ役にも立たないんだから。」とチャンミは呆れるが「女性にはダイエット用の餅もいいぞ。」と彼は意外とヒントになる意見を言ってくれる。

仕事の途中に用事があると言って帰らせたホン女史であったが、見合い写真ならぬ見合い動画を見せられるテジャは「今は忙しくてそんな暇はない。」と新メニュー公募で頑張っている事を説明する。
しかし、経営者側のテジャにそんな仕事は時間の無駄と聞く気にもならない母は見合いを強要するが、「久しぶりにジャグジーに入ってくるよ。」とテジャは聞き流す。

円形バスタブに真っ白な泡。テジャはワイン片手に久しぶりに皇太子モードに復活!
十分リラックスタイムを満喫したテジャは、在宅を嗅ぎつけてやってきたミンジュに運転してもらい母から逃げ出す。

一人で市場調査に出たチャンミは電車に揺られ長い道のりを帰る。
目の前に立つ女性が変質者に盗撮されているのを見たチャンミは、男を追いかけ盗撮を否定する彼と揉み合い助けを求める。

テジャが帰宅してもチャンミがまだ戻ってないと言われ、心配した彼はバス停に迎えに行くがいくら待っても彼女は現れず、バスから降りてきた客に近くの交差点で事故があったと言われる。

携帯にかけても全く連絡がとれないテジャは、チャンミが事故に遭ったのではと警察を訪ねる。 事故者リストにチャンミの名前がなく安心したテジャは、急な雨に濡れたままの身体で再びバス停にもどりチャンミの帰りを待つ。しかし、最終バスが到着しても彼女の姿はなく、地下鉄かもしれないと駅に向かうが、そこでも終電が到着したあとで、彼女の行方はつかめない。

途方に暮れたテジャが地下道の入り口で立ち尽くしていると、買い物袋を両手に「なんでここにいるの?」とお気楽な顔でチャンミが現れ、心配でたまらなかったテジャは「何してたんだ。」と声を荒げる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「頑張れチャンミ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←23話     25話→

頑張れチャンミ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー