韓国ドラマ ファユギ あらすじ22話

ファユギ

今回の韓国ドラマはこちら!
ファユギ
さっそく22話をご覧ください
ファユギ あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ ファユギ あらすじ22話

予知と現実が交錯し、激しい頭痛に襲われたチン・ソンミは気を失い倒れる。

夢で見た婚約式の三蔵は、棺の中で目覚め、側仕えの神官に化けたアサニョが三蔵のことをアサニョ様と呼ぶ。

人間界にいるソンミの体は抜け殻。

アサニョは、三蔵と体を入れ替わるために夢の世界を創り上げ、最後の仕上げに入る。

夏仙女の代わりに店を切り盛りしていたマ秘書は、久しぶりに牛魔王のクローゼットに入り、鋭敏な嗅覚で香炉が消えていることに気付く。

夏仙女が三蔵の血が入った香炉を持ち出す理由は何なのか。

危険が迫れば三蔵はオゴンを呼ぶだろうと魔王は軽く考えるが、オゴンは自宅で倒れているソンミを発見し、魂を操られていると見抜く。

夢の世界にいるアサニョは、助けを呼べばソン・オゴンは死ぬことになると、二人が死鈴の縁で結ばれた仲だとソンミに教える。

黒い鈴は愛鈴ではなく殺し殺される必殺の因縁を知らせる鈴。

現世に戻ってもソン・オゴンを殺す運命だと言われたソンミは、彼を助けるために自ら棺に体を横たえ、アサニョは三蔵を封印する。

現世で目覚めたソンミの体にはすでにアサニョが取憑き、オゴンは今までと変わらぬようにソンミを抱きしめ、アサニョを騙す。

牛魔王の体に残っている三蔵の血はまだ消えておらず、ソンミが生きていると彼は信じる。

アサニョは、三蔵の体でオゴンを誘惑し夫婦になろうとするが、オゴンは「今こそお前の助けが必要なんだ」とチン・ソンミの名前を呼び、棺の中にいる指輪が緊こ児のように光る。

アサニョの奴隷となった冬将軍は、夢の国を管理し、香炉の煙が青色に変わると破壊するよう命じられていた。

煙が青になるとはアサニョが三蔵の体に入ったサイン。

香炉を破壊すればソンミは二度と戻ってこられない。

アサニョの挑発にのってしまった牛魔王は、正体に気付いていることを感づかれ、思い通りにならないオゴンの前でアサニョは、ソンミの体を傷つけようとする。

三蔵の血を流せば悪霊に食べられてしまう。

ソンミの魂を発見するまでは手出しができず、オゴンは予定どおり式の準備を進める。

スポンサーリンク

人の意識をコントロールできるアサニョは、いつものようにショッピングを楽しみ、お勘定をスルーして帰ろうとするが、店員の意識をコントロールしてもオゴンに邪魔され、結局ショッピングはできず、ゴミ箱に捨てた汚れたコートを着て帰るはめになる。

ソンミの行動はすべて記憶に入っており、チン・ソンミとまったく変わらず演技できると豪語するアサニョ。

オゴンは、彼女を不動産屋に出勤させ、日常どおりに働かせるが、ソンミ自信が発した言葉は頭にあっても、書類のどこに印鑑を押すかなど、初めてのものには反応できず、ハンジュの仕事が増える。

さらにオゴンは、二人が結婚することをソンミの家族に知らせ、知らせを受けた叔父は、結婚の準備をしてやるからカネを振り込めや、従姉妹の夫も2人目ができたから援助してほしいとカネの無心をしてきた。

二人のハッピーエンドを聞き、ジョナサンまで駆けつけ、知らないおじさんにハグされたアサニョは気持ち悪く なんでこいつらの相手をしなくちゃならないんだと疲れはてる。

あげくにはハンジュの家の暖房が壊れたらしく、彼が二人の子どもを連れてソンミの家にやってきた。

冬将軍の居場所は依然分からなかったが、魔王を助けた夏仙女は共犯ではないかもしれないと考えたオゴンは、ずっと眠っていない冬将軍の疲労をつき、夏仙女を目覚めさせようとする。

彼女の世界である店を破壊すれば夏仙女は目覚める。

オゴンの暴力に夏仙女は冬将軍の体から抜け出し、オゴンに兄の居場所を教える。

体から出てしまった妹の霊魂を戻すにはアサニョの力が必要になる。

冬将軍は決死の覚悟で斉天大聖ソン・オゴンに挑む。

スポンサーリンク

ファユギ あらすじの続き 一覧

「ファユギ」前後のお話はこちらから

←21話     23話→

「ファユギ」各話の一覧はこちらから

【「ファユギ」各話のあらすじ】ファユギの徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「ファユギ」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

韓国ドラマ「花遊記<ファユギ>」公式サイト ポニーキャニオン

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 今日、妻やめます