韓国ドラマ・チョンドジョン・あらすじ43話

チョンドジョン

今回の韓国ドラマはこちら!
チョンドジョン
さっそく43話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、チョンドジョン・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・チョンドジョン・あらすじ43話

人相学を学んだというハ・リュンは靖安君に王になる相が出ている、と彼の気をひく。
両親から捨てられ、チョン・ドジョンに都合よく使い捨てされた、と恨みを抱えるバンウォンを「優れた人材と共に今後に備えておけば 必ず運が巡ってきます。」と、誘惑する。
 「新しい国を安泰に導く次の主導者を探して、私の手で王にします。」
靖安君は、三峰に劣らぬ力を持っていると自負する彼に、能力を証明してみせろと、自分の力だけで都堂に入るよう課題を与える。

チョン・ドジョンが明に行ってる間、王は無学大師を王師として呼び寄せる。
大師を出迎えたイ・ソンゲは、「仏教の教えに背いて生きてきた王は極楽に行けないでしょう。」と玉座に就いた事を恥じるが、”破邪顕正”「間違ったものを壊し正すことは仏教の意に反しません。」と、大師は教え説く。

仏教が民を堕落させる邪な教えだと信ずる左侍中チョ・ジュンは、僧侶を王師に向かえるのは高麗のやり方だと王に諫言する。
風水能力に優れた無学大師を呼び寄せたのには別の意図があると、王は開京と地形のよく似た ”鶏龍(ケリョン)山” の地図をチョ・ジュンに見せる。
「私は鶏龍山に都を移したい。」
王は開京は高麗の都であって朝鮮の都ではないと遷都を口にする。

同知春秋館事ユン・ソジョンを筆頭に都堂は建国まもない国の遷都は安定を乱すものとして断固反対する。
遷都事業には莫大な資金を要し民の苦痛を考えるべきだと臣下が諫言しても、大師の風水を信ずる王は、開京の民は、自分たちの住んでいる国が高麗か朝鮮かの区別もつかず「味噌糞一緒だ。」と怒りを露わにする。

イ・ソンゲは忠臣の諫言を払いのけ、新都造成都監を設置し遷都に着手しろ、と王命を下す。

靖安君の妻ミン氏は、遷都を巡り王と開国功臣が対立すれば夫にとって好都合だと朝廷の動きを注視する。

1393年 明の南京
門下侍郎賛成事チョン・ドジョンは朝鮮国王冊立を先延ばしにする朱元璋に謁見し、大明国を支持する士大夫が建国し、事大交隣(サデキョリン)を基本としていると新明ぶりを訴える。
ドジョンは朱元璋の疑惑を一つずつ払拭し「小国は大国に頼って生きていくものだ。」と釘を刺す皇帝の言葉に、怒りを覚えながらも柔和な笑みを浮かべる。

遷都地候補の鶏龍山に視察に来たイ・ソンゲは、この地が都に適しているが無学大師に尋ねるが、僧侶は大臣らと熟慮して決めるべきだと判断を委ねる。

視察から戻った王に左右道観察使ハ・リュンは、王の帰路を塞ぎ土下座して意見を述べる。
遷都には反対せず、鶏龍山が都としてふさわしくない、と主張するハ・リュンは、鶏龍山の位置が偏っているため外敵の奇襲に対処できず、都城から離れている場所との結束が乱れる。と理路整然と語り、更に風水を学んで各地を実際に見聞したという博識を見せ、鶏龍山の地形は『地理新法』に書かれている水破長生衰敗立至(スバチャンセンセベイプチ)の凶地だと諫言する。

「水が長寿を妨げ衰退が滅亡を招く土地。」と聞いた王はハ・リュンの指摘を無学大師に確認する。 政治に関与してはいけないと意見を控えていた僧侶も鶏龍山は都に適した土地ではない、とイ・ソンゲに答える。

ハ・リュンの意見に納得した王は即刻、陰陽刪定都監(ウミャンサンジョントガム)を設置しその責任者としてハ・リュンを任命する。
そして靖安君は、「ついに私も諸葛孔明を手に入れた。」と喜ぶ。

左侍中チョ・ジュンは大事な遷都を風水師に任せてはいけない、とイ・セク派のハ・リュン登用を拒否し、都堂の重臣や官吏たちも皆、王命撤回を求め座り込みを始める。

ここまで前半戦

スポンサーリンク

ここから後半戦

自分の意見が何一つ通らず腹をたてた王は、宰相を王の寝殿に呼び集める。
しかし、遷都に反対する多数の官吏は朝会を拒否し、王は官吏たちが座りこみをしている庭に宿衛兵を配備させる。

左侍中チョ・ジュンは官吏を拘束しようとする宿衛兵を自分の責任で留まらせ、「遷都を勧めるならまず私を処罰してください。」とジランに伝言を頼む。
開国功臣と王との間が炸裂してしまう一発触発その時に、やっとチョン・ドジョンが明から帰国する。

ドジョンは寝殿に直行し「謝恩使(サウンサ)の務めを果たしました。」と王に謁見する。
ドジョンは皆が殿下を諫争する姿を「とてもほほえましい光景。」と、これが政治の本来の姿だと語り、国に元気があれば討論も盛んになり国のことで内外が騒がしくなるのは国が健康である証拠だと、朝鮮国を褒める。
「王に反対するのが臣下の務めであり、ただ君主の言いなりになるだけの者は、決していい臣下とは言えません。」

遷都の考えが間違っているのかと問う王に、ドジョンは「新しい国の都を定めるのは間違いではありません。」と陰陽刪定都監の設置を勧める。 そして「ハ・リュンが必要なら登用しても問題ありません。」と王の意見に譲歩するが、遷都の時期については重臣の同意を得るように、と強く諫言する。

遷都の時期を急ぎたいイ・ソンゲに、ドジョンは明の皇帝がイ・ソンゲの冊立を承認しなかったと報告する。
辺境の女真との関係を絶ち、城郭の補修と軍事訓練の中断を命じられたドジョンは、朱元璋が女真に敬われているイ・ソンゲを恐れていると説明する。

しかし、軍事訓練を行い国防を強化すべきとのドジョンは、うわべだけの付き合いである朱元璋など脅してやるべきだと、強国になるには大国にすがるのは止めるべきです。と進言する。
「明との関係が安定してから都を移しましょう。」

イ・ソンゲはチョン・ドジョンに全軍事件を預ける。
王は遷都を保留し、三峰は聖恩に感謝する。

諫言することが臣下の務めであれば、王の務めは何かと問うイ・ソンゲに、「聞くことであり、耐えること、そして包み込むことです。」とドジョンは教える。

新しい国が出来たからには、国の行事で演奏する曲も変えなければいけない、とドジョンは縦笛片手に作曲までしていた。父に呼ばれた長男チョン・ジンは、「新しい国の仕事も大事だが高麗のしきたりを守る民を教化するほうが急がれる。」と的を得た意見をし、ドジョンは気持ちの通じる息子に”法に勝る法”
朝鮮を運営する基本原理と統治に必要な決まりをまとめた物を渡し、清書して製本するよう指示をだす。
ドジョンは朝鮮国の基本原理となるこの本を『朝鮮経国典』と名付ける。

父子が新国の未来に思いを馳せていると、突然、ユン・ソジョンの訃報が入る。

いくつになっても自分の地位に安住せず、志のまま突き進んできたユン・ソジョンは、突然他界する。
ユン・ソジョン偲びドジョン、ナム・ウン、チョ・ジュンが酒を飲んでいると、一緒に弔いたいと靖安君がやってきた。
かつては大業への偉業を目指し共に戦ってきた仲間だと、言い寄る靖安君は、今や全軍事権を握り、世子の教育係、判三司事も併せ持つ三峰の事を欲張りすぎると難癖付ける。
一枚も二枚も上手の三峰は、「これしきで欲張りとは 地方の軍閥が保有する私兵も国の官兵にします。」と更なる強大な権力保持を見せつける。
王子の私兵まで奪うのかと敵対心むき出しの靖安君に、「民に必要なのは 強い王子ではなく 強国です。」と彼の邪心をはねつける。
王以上に権力を持とうとするチョン・ドジョンに挑もうとする靖安君。
しかし「朝鮮は王が治める国ではありません。 朝鮮にとって王は民の父と母  民の上に君臨するだけ。民を治めるのは 執政大臣です。」と三峰は断言する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「チョンドジョン」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←42話     44話→

チョンドジョン・あらすじ詳細

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ