韓国ドラマ・チョンドジョン・あらすじ35話

チョンドジョン

今回の韓国ドラマはこちら!
チョンドジョン
さっそく35話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、チョンドジョン・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・チョンドジョン・あらすじ35話

興国寺でモンジュが大業の邪魔をしたことにより、ユン・ソジョンらはモンジュを弾劾するべきだと訴えるが、彼の事を信じるドジョンはまだモンジュへの望みを捨てきれず、民に慕われている彼を弾劾しては、民心が離れてしまう、とモンジュの弾劾を却下する。

このままではモンジュの身が危ないと、ドジョンはイ・セクの朝廷復帰を考え直すように迫るが、ドジョンを敵視しているイ・セクは頭ごなしにドジョンの頼みを断る。

ユン・ソジョンは、偽の王氏に玉座を渡した悪人だとイ・セクの登用を撤回するように王に進言し、そんな人物を重用すれば廃仮立真で王位に就いた恭譲(コンヤン)王の正当性が否定される、と訴える。
ドジョンは勝手に行動したユン・ソジョンを責めるが、イ将軍を支えるべき側近が、例え親友のためであっても、ためらってはいけない、とドジョンに苦言を呈す。

イ・ソンゲの長男バンウは、イ・セクの弾劾を父に報告し謀反を企てるチョン・ドジョンとの関係を断つように訴え、イ・ソンゲと口論になる。
そこへ、モンジュは、「イ・セクを弾劾すれば昌王擁立に関わった大勢の人が犠牲になります。」と弾劾をやめるように将軍を説得しに来る。
遅れてやってきたドジョンは、イ・セクの弾劾を取り下げればユン・ソジョンを初め、諌官がみな誣告罪になってしまうと説明する。
イ・セクの登用を許してしまえば権門勢家は息を吹き返し、地主たちは結託する。
私田廃止は露と消え、強行するには更に多くの犠牲を出さねばならない。

民本政治のためには私田廃止は一歩も引けず、最小限の犠牲者で済ませようとするチョン・ドジョンをモンジュは謀反のために意にそぐわぬ者を排除するだけだ、と非難する。

「政治の役目は世の正義を正すこと。民のこう血を絞ってきた愚か者共と歩み寄りなどできない。それは、民に対する不義であり裏切りです。」

イ・ソンゲはドジョンの考えをしっかりと受け止め、考えてから決断をくだす、と彼を帰らせる。

チョン・ドジョンは夜でも食べ物がなく物乞いする家族の側に歩み寄り、「ちょっとここで休ませてくれ。」と場所代としてたくさんの餅を与える。
ドジョンを追ってきたイ・ソンゲは彼の姿を見て、ドジョンが選択に迷った時、民の暮らしを観察する、と言っていたのを思い出す。
イ・ソンゲの心は決まり、イ・セクは昌王を擁立した罪で拷問を受け流刑になる。
そして流刑中のチョ・ミンスは庶民に降格され、ピョン・アンニョルは死刑となる。

1390年  恭譲王2年 旧暦5月
 都堂では、王室の外戚である判三司事ウ・ヒョンボが徹底的に私田廃止を反対する。

政策がなかなか通らず策に窮したチョ・ジュンは、民への分配は後回しにして、まず私田の廃止だけを勧めようとするが、民の救済が急務と考えるドジョンは「計民授田は放棄できない。王室と国の土地、科田を減らしてでも民に支給する。」と反対する。

イ・ソンゲは温泉療養から戻り、大業のことで反発した長男バンウは行方しれずになっていた。
朝廷を避けているイ将軍の為、バンウを探せば元気を取り戻せるだろうと、ドジョンはバンウォンに長男の行方を探させるが、五男バンウォンは、「長兄がいなくてもあと三人兄がいる私は王になれない。」と 王になることへの野心をのぞかせる。

明へ行ってきた、同知密直司事(トンジミルチクササ)のチョ・バンは朝廷に奇怪な事件を伝える。
ユン・イ と イ・チョ が、明の皇帝に謁見し
「イ・ソンゲが王瑤を玉座に就かせた後、明の討伐を企んでいる。」と、虚偽の告発をした。 更に「イ将軍が 明討伐に反対するイ・スンインらを殺害し、ウ・ヒョンボらを流刑にした。」と言ってイ・ソンゲの討伐を明に頼んだ というのだが、イ・スンインは生きているし、ヒョンボに至っては官吏で朝廷に出仕している。
訳の分からない チョ・バンは急を知らせるため、帰国した。

ここまで前半戦

スポンサーリンク

ここから後半戦

モンジュはこの打開策として、イ・ソンゲが明に行って誤解を解けばいいが将軍は病気でもあるので、腹心のチョン・ドジョンを派遣すべきだと恭譲王に進言する。

イ・ソンゲは三峰が危険な明に行く必要はない、と反対するがドジョンは大業のため、「この機会に明の皇帝を主君の味方につけてみせます。」と決意する。
田制改革もままならぬ今の高麗から離れてはいけないとイ・ソンゲは心配するが、ドジョンは「明に立つ前に全て解決して行きます。」と 余裕の表情を浮かべる。

ユン・イとイ・チョの告発によって保守派の重臣は投獄され一部は獄死する。
流罪中のイ・セク ハ・リュンたちも牢屋に閉じ込められ 保守派は壊滅状態になる。
そして、チョン・ドジョンはイ将軍の無実を訴えるため、明に旅立った。

山小屋で世捨て人として生きる長男バンウを訪ねたイ・ソンゲは、父の代わりに罪を詫びて生きるというバンウを連れて帰ろうとするが、
バンウは「君主を二人も殺め、忠臣たちまで処罰し逆賊三峰を側近にして高麗の臣下として大罪を犯しました。」と父を責める。
すべて民が生きるためにやったこと。貧しいくらしをしている民に土地を与え豊かな暮らしをさせてやりたい。との父の訴えが長男に届かず
バンウは、父が玉座に就くための策だと非難する。

都堂では、計民授田に反対するモンジュに、チョ・ジュンは「無理なのは分かっていても守門下侍中様と三峰様に従ってください。」と強引に改革をすすめようとする。
モンジュは不服そうなチョ・ジュンから彼の考えを聞き出し”科田法” という土地を編成して、租税を得られる権限を官府と官僚に与える制度に納得する。

「京畿のみ科田として官吏に土地を支給し、それ以外の地域は国が収穫の1割を回収する。民は土地を所有できなくても生活は豊かになる。」と チョ・ジュンの考えを聞いたモンジュはイ・ソンゲを訪ね、チョ・ジュンの提案した科田法なら賛成できる、と譲歩する。

モンジュは、計民授田はチョン・ドジョンの不純な扇動だと、非難し、
「賛成者は善 反対者は悪 と決め付け イ将軍を王にするための三峰が企てたことです。」と語る。
ドジョンのいない間にかたをつけてしまおうと目論むモンジュに イ・ソンゲは「それは裏切りだ。」と承諾しないが、ドジョンの本当の考えが理解できないモンジュは「三峰が迷妄にとりつかれイ将軍と国を不幸に導いています。」と訴える。

「将軍、 誘惑を振り捨てて 高麗を守っていただきたい。」 モンジュは土下座してイ・ソンゲに頼む。

チョン・ドジョンが明から戻ると、イ・ソンゲはモンジュに従い計民授田を放棄していた。
そして都城にはイ・セクら士大夫が放免され、焼かれる土地の権利書を憎々しげに見つめていた。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「チョンドジョン」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←34話     36話→

チョンドジョン・あらすじ詳細

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ