韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ71話

バラ色の恋人たち

今回の韓国ドラマはこちら!
バラ色の恋人たち
さっそく71話をご覧ください
バラ色の恋人たち・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ71話

民宿の女主は、具合の悪いジャンミを心配し、携帯に着信のあった人物に電話を入れる。
知らせを受けたチャドルはジャンミを助けにいくが、やり方は間違っていても娘を思う父を苦しめたジャンミはチャドルとやり直すことはできないと彼を拒み、連れ帰ろうとするなら姿を消すとチャドルを困らせる。
ジャンミが納得いくまで時間を与えたいチャドルは、女主人に彼女のことを頼み、一人家に戻る。

パク家にいると居心地のいいグムジャはガンテのつくる焼酎カクテルを機嫌よく飲み、ジャンミの居場所が分かったと聞き安心する。

ペク家では、マンジョン母息子が精を付けようと豚足を食べてると、悪酔いしたグムジャが舞い戻り、「妻子を放りだして豚足食べる気がしれないわ」とケンカを売る。
「あなたが区長になればセッピョル区は終わりよ」とマンジョンをバカにしたグムジャは、ハンサムな無所属候補に投票すると宣言し、言いたいだけ言うと酔いつぶれて大の字になる。

翌朝、マンジョンは妻のために蜂蜜水を作り彼女を気遣うが、一夜明けてもグムジャの離婚の意思は固く、「浮気などせず家族一筋に尽くしてきた俺のどこが不満なんだ!」とマンジョンは怒りをぶつけ、「娘を立派な男と結婚させたいと思うのは間違っているのか」と涙ながらに訴える。
「世間の人がみんな私を非難してもお前だけは私の味方だと信じていたのに」

投票日が迫り勝算五分五分のマンジョンは、相手候補の弱点を狙おうと教授歴の長いオ候補の過去の発言や論文から攻撃材料を探す。

ガンホグループから”愛の家”施設に300足の注文が入ったチャドルは、奉仕活動をしているヨンファの口添えだと思い、彼女に手造りキムチを届けるという母と一緒にイ家に向かう。

一方、一日も早くスンヒョンを追い出したいピルスンは何としてもイガグリを見つけたいとカン探偵を急かせるが状況は思わしくなく、パンシルに頼み二人で良く当たる占い師の所へいく。
占い師はパンシルの顔を見るなり、「欲張りすぎて一家没落だ」と宣言しピルスンには孫は死んでいると告げる。

区長候補者合同演説会に参加したマンジョンは、オ・チャンシク候補の過去の講演を利用し彼は国を共産主義に変えようとしていると決めつけ、金持ちの税率をもっと高くすべきだと意見を湾曲し区民を不安にさせる。

スポンサーリンク

最初は商売するおカネがほしい程度のスンヒョンだったが、絞れるものはしっかりいただこうとガンホの系列会社を要求し、ヨンファを困らせる。

シネと一緒にヨンファにお礼にきたチャドルは、彼女にスニーカーをプレゼントし、大量注文のお礼を言うが、300足もの注文を何も聞かされていなかったヨンファは、内心面白くなく、そこへ、ヨングクからチャドルに電話が入ると、内容が気になってしかたがない。

ガンホグループのスニーカー事業が思わしくないヨングクは、売却か立て直しかを迫られ、若くて能力のあるチャドルが気に入ったヨングクは、彼にスニーカー部門の代表として経営してほしいと提案する。
事業を勉強できる願ってもないチャンスにチャドルも意欲的だが、大勢の社員の責任を持つとなると即答はできず慎重にならざるを得ない。

不本意にも息子のスンヒョンは物流倉庫で働かされ、他人のチャドルに身分不相応な地位を与えようとする夫に腹が立つヨンファは、チャドルがシネの息子だから特別視するのかと口論になりチャドル引き抜きに反対する。

普段は神仏など全く信じないマンジョンであったが、明日の投票で我が人生天国か地獄かの分かれ目に、最後は神頼み。

金庫いっぱい山のようにあった金塊や札束が消え、このまま息子が落選でもすればペク家はどうなるのかとお先真っ暗のパンシル。

選挙結果は即日開票され、オ候補とマンジョンは僅差で争い、まるでサッカーでも見てるようだと報道も過熱する。

その他、韓国ドラマのあらすじや、
「バラ色の恋人たち」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←70話     72話→

バラ色の恋人たち あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ