韓国ドラマ 明日も晴れ あらすじ37話+38話+39話

明日も晴れ 韓国ドラマ

今回の韓国ドラマはこちら!
明日も晴れ
さっそく37~39話をご覧ください
明日も晴れ あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 明日も晴れ あらすじ37話

洗車の水からジウンを守ったという事情は分かっても、ドギョンはかなりジウンと親しげ。

予備の服に着替えたドギョンは、遠慮するジウンの手を強引につかみ、「送っていってあげますよ」と事務所を出ていく。

ハンギョルと打ち合わせが残っていたハニは、一緒についていくわけにもいかず、心ここにあらず。

ハンギョルが何を言っても集中できない。

スポンサーリンク

気があるふりしてジウンの手をつかんだのはドギョンの作戦だった。

彼女がハンギョルに片思いしていると見抜いていたドギョンは、「ヤキモチ作戦大成功!」と戸惑うジウンに説明する。

同僚として近くにいると、鈍感な男性はなかなか気付かないもの。

「こういう時は、嫉妬させるのが一番なんですよ」と本で学んだ知識を披露する。

ジウンに魅力を感じていても、彼女のブレスレットにあったイニシャルは“HGL”。

ハンギョルといるときのジウンの紅潮させた頬が、彼女の気持ちを表している。

ここにまたもう一人、片思いに悩む人が増えました。

父がスジョンブティックと仕事することになり、ドギョンは、社長のことをよく知っているのかと心配するが、慈善イベントという趣旨に納得し、「社長と直接やり取りするわけじゃないから」と言われ、お父さんが決めたことならと理解する。

何より、腕を認められたとお父さんは大仕事にやりがいを感じており、うれしそうな父を応援したくなる。

お母さんから花束のお礼を言われたジウンは、イ・ハンギョルのことが結婚を考えているほど真剣に好きだと打ち明ける。

結婚となればソヒョンとの関係も今までのように横柄な態度を取れない。

ジウンがずっと好きだったというぐらいなら、どれほどの男性かとソニはハンギョルに興味を抱く。

クールなジウンが、こんなにも早く本心を言っちゃうのね。
ま、言っておかないとお母さんが、失礼なことしちゃいそうだし。

一段落ついてハンギョルがトイレに行くと、ハニは「ドギョンがちゃんと帰ってきてるか」とサランに電話をかけて確認する。

これで帰れると思ったら大きな間違い。

ハンギョルはハニを連れてK1に行き、企画内容をどんどん詰めていく。

早く家に帰りたいハニは、徹夜してまで協力してくれなくてもいいと迷惑顔で答えるが、ハニを信用していないハンギョルは、「ほっておいたら間に合わなくなるから手伝っているんです」と怒る。

最初はあれほど必死だったのに油断してますね、ハニさん。
初心を忘れないように。
\(・-・o)

安月給でサービス残業までやらされる(に違いない)ハニ・アパレルと高収入、残業代もちゃんとつく大企業。

家族は多数決でハンガン毛織に行くようレオに強要するが、「自分のことは自分で決めます」とレオの意思は固く「ハンナ、君には失望したよ」と深刻な夫婦げんかに発展する。

ジウンが出勤すると、ハニとハンギョルは徹夜したらしく机に突っ伏して仮眠を取っていた。

二人っきりで時間を過ごしたと思うと、ちょっと嫌な感じがしてしまう。

昨日、聞きそびれた写真のことを聞くと、カン・ハニは子どもの頃に事故に遭ったらしく、スジョンかもと焦ったが、住んでいたのは抱川(ポチョン)と聞き、スジョンである可能性はないと安心する。

ジウンが住んでいるソウルから抱川まではバスで2時間弱。
十分活動範囲と思うが、幼いスジョンが一人でそんな所まで行かないだろうということ?

イ・ハンギョルを訪ねて、中年のご婦人がK1にやってきた。

女性がハンギョル先輩のお母さんだと察したジウンは、丁寧な応対をし、サウナに行って連絡の取れない彼に代わり着替えを預かってあげる。

第一印象が大事。
頑張って。

ソニではデザインの細かい指示が出せないので、ジニが直接革工房に行き、詳細点を話し合っていく。

彼女が単なる販売員だと思っていたジングクは、デザインにも精通しているおばさんの能力に感心し、ジニは「大学で服飾を学んだ」とウソではないごまかし方をする。

今回の企画は彼女が担当すると言われ、ジングクは「これで度々会うことができる」と口に出して喜ぶ。

ハニは徹夜でこき使われたと文句を言っていたが、K1では彼女の評価が上がっていた。

服飾専攻でもないのにセンス良く、飲み込みも早い。

ハンギョルの口からも、褒める言葉出るようになり、「あなたのおかげで いい会社とつながれたわ」とオ先輩は反対を押し切って進めたジウンに感謝する。

今回秋冬ものブランドにハニがつけたロゴは“Sunny”。

日の出のマークと英語が書かれたそのマークはジウンに見覚えがあった。

自宅に戻りスジョンが書いたメッセージカードを探すと、そこにハニが書いたものとそっくりのSunnyというサインが入っていた。

37話の感想

99%、ハニがスジョンに間違いないですね。
さあ、これからジウンはどうする?
悪いことしちゃうかな。

韓国ドラマ 明日も晴れ あらすじ38話

今の生活に満足していたジニのお母さんは、「いつまで娘にしがみついて生きているのよ」と友達に説教され、ジニに見合いをさせるべきかと反省する。

以前のように家におカネを入れても卒婚契約は継続しており、腰痛持ちのサンフンは次第に症状が悪化。

ベッドを交代で使わせろと言っても、「腰痛には硬い床がいいのよ」とソヒョンにその気なし。

ベッドをもう1台買ったらいいのに。

スポンサーリンク

サンフンは57歳。

そろそろ昇進の頃だとソヒョンはのんきに考えていたが、重役クラスの人員削減が決まり、サンフンは肩たたきの対象になっていた。

早期退職すれば退職金を増やしてくれると言われたが、3年分の給料を考えるとなんとも頭が痛い。

ドギョンのホームショッピング販売は予想どおり却下される。

新人作家だから難しいと断られたジウンは、彼に直接会って残念な知らせを伝えるが、当のドギョンはあまり落ち込んだふうでもなく、予想していたと気楽に答える。

あてもないのに大企業を辞め、本が売れないこの時代に出版社をつくるなんて、ジウンは身内のように心配し、ついついキツイ口調になってしまう。

ジウンの心を乱しているのは、ドギョンのことだけじゃないですよね。

お酒が入ると苦しみは隠しきれず「私は悪い人間よ。ものすご~く悪いことをしたの」とジウンは泣き出してしまう。

彼女がいったい何に苦しんでいるのか、ドギョンは優しくジウンの肩に触れる。

母と娘のペアルックがテーマなので、ジニはソニとお母さんにモデルを頼む。

いがみ合っている二人じゃ役不足なのではないかとドンソクは異議あり。

母と娘ってソニとお母さん?
ペアルックというから少女とママさんをイメージしておりました。
w(゚o゚)w

泥酔して帰ってきたサンフンはベッドに大の字になって寝てしまい、昇進間近だと思っているソヒョンは、「今夜ぐらい大目に見てあげようかしら」と自分が床に寝る。

ジウンは昨夜のことをあまり覚えておらず、ドギョンからの電話に、なんとなく出たくない気分。

何を言ったかが気になり、やっぱり電話に出てみると、「泣きながら街灯に抱きついていたのを覚えてないんですか」とドギョンは冗談で笑わせてくれる。

親しくなりすぎたかなと警戒しているときに、こうやって笑わせてくれるのは有り難い。

でも、「泣いた顔もかわいいですが、笑っているときのほうが、もっとすてきですよ」と余計なことを言われると、距離を置きたくなる。

あくまでも飲み友達ですから、彼女として見られるのは嫌なんです。

ジウンにコーヒーを差し入れようとカフェに行くと、先客ハンギョルがレジに並んでいた。

「どうして、ここにいるんですか」と、いつもの冷たいハンギョル。

成り行き上ジウンの分も含めて3人分の代金を払ってくれる。

そこに、見覚えのある男性がカップルで店内にいた。

彼は以前ハニがバイトで彼女役をやってあげた人。

ハニが二股をかけていると思っているハンギョルは、「悪いことは、やめたほうがいいですよ」と男と鉢合わせしないようにハニの前に立ちはだかるが、男性のほうが先に気付いてハニにお礼を言う。

ハニに助けてもらったおかげで自信ができ、すてきな彼女ができたというのだ。

ハニが1日に何人もの男性と遊んでいると思っていたハンギョルは、彼女のことを完全に誤解していたと反省する。

ハニのつわり演技は堂に入ってましたから、信じちゃいますよね。

スタジオを使っていたチームが片付けに手こずっていた。

生放送で時間に焦っていたジウンはキツク注意し、その場に居合わせたハニがすすんで片付けを手伝う。

いつもの調子で張り切ってしまい、ワゴンにぶつかって食器は散乱、ハニは膝を切ってしまう。

いつもなら足手まといだとハンギョルの罵声が響くところだが、誤解が解けた今、「ケガは大丈夫か」と駆け寄ってくる。

ハニをデスクにつれていったハンギョルは、救急箱を探して手当してくれる。

ハニを心配して戻ってきたジウンは、ハンギョルと二人っきりだと分かると、どうしても嫉妬が先立ってしまう。

ハニが帰り、部屋のゴミ箱には、彼女の傷を手当てした血の付いたガーゼが入っていた。

38話の感想

DNA鑑定できますね。
やっちゃいますかね?

韓国ドラマ 明日も晴れ あらすじ39話

ハンギョルはハニを送っていき、高級車から降りてくるお姉ちゃんを見たサランは、「彼氏なんじゃないの?」としつこく疑う。

ドンソクはウネから届いたメールを見て自然とにやけてしまう。

夫がトイレにまで携帯を持っていくのを見て、ギャンブルにでもはまったのではソニは不安になる。

スポンサーリンク

彼が寝静まり携帯を盗み見ようとしても、暗証コードが変更されておりますます怪しい。

昨夜ハニの血のついたガーゼを持ち帰ったジウンは、伯母の歯ブラシを持ち出し、朝一番にDNA鑑定に出す。

天から降ってわいたチャンス。
そりゃ、利用しますよね。

警備員の仕事をして、はや1カ月。

今日は給料が出たので、ドンソクはコーヒーとケーキを買ってウネにプレゼントする。

ウネと彼がいちゃいちゃやっているのはいいとして、先日彼がブティックおばさんと親しげにしているところを見たジングクは、女性にちやほやされている彼が気にくわない。

ウネは独身だと思っているが、犬を拾ったとき、間違いなく義母という、意地悪ばあさんと一緒にやってきた。

「あの犬はどうしてる?」と犬ネタで私生活を探ってみると、義母と一緒に暮らしているのは確実。

それなら独身一人暮らしはおかしいのではないかと詮索するが、ガードの堅いドンソクは、なかなか口を滑らせない。

年齢が近いだけあって張り合ってますね。

ドンソクは頻繁に総菜屋に顔を出し、「ウネや~」と子どもが遊びにくるようにやってくる。

サランとしては、お母さんの恋愛は見たくはない。

彼のことを“伯父さん”と呼ぶように言われたサランは、「ずっと伯父さんでいてくださいよね」と含みのある言い方をする。

入隊するのが嫌で母の命令に従っていたジフだが、挿絵の仕事を始めると、だんだんと自分がやりたいものが見えてくる。

そうなると勉強する気はさらになくなり、家庭教師のサランに意地悪をしてばかり。

「母親に逆らえないなら素直に従うしかないでしょ」と子ども扱いされる。

「通りすがりに寄ってみたの」と連絡もなくブティックおばさんがやってきた。

一瞬期待したジングクだが、あの警備員野郎に会いにきたついでかと疑い、冷たい態度をとってしまう。

バイヤーとの重要な会議があるのに、ジニの車はエンジンがかからず、ロードサービスに頼んでも到着するのにかなりの時間がかかる。

ジニは、車を置いてタクシーに乗り換えようとするが、配達に出てきたジングクは、ジニをバイクの後ろに乗せて店まで送ってあげる。

バイクは密着度高いですからね。
ジングクさん、うれしそう。

ジウンの誕生日にハニはサプライズを用意するが、一緒に誘われたドギョンは、距離を置こうと誘いを断り、おめでとうメールも遠慮する。

昇進が近いと思うと、「おかずの種類を増やせ」と小うるさい夫の希望に応えるソニョン。

品数を増やし豪華にしても「たくさんあるな・・・」と、感動のない夫。

娘夫婦は、まだハニ・アパレルのことでもめており、せっかくの夕食が気まずい雰囲気。

給料をもらったドンソクは、息子のジフにお小遣いをあげ、義母には封筒に入れたおカネを渡す。

おカネには困っていなくても婿殿にもらう小遣いは特別。

「こんなことなら、ごちそうを用意すればよかった」と喜んでもらい、そこへジニがケーキを買って帰ると、ドンソクさんのためかとみんなチヤホヤするが、今日はジウンの誕生日だった。

スジョンの誕生日だけでなくジウンの誕生日まで忘れる家族って何?

DNA鑑定の結果待ちをしていたジウンは、誕生日なんか気にしていられず、同僚もハンギョルも帰ったあと、パソコンで確認をする。

AとBは親子である確率99.99%。

間違いなくカン・ハニは、あのスジョンだった。

その時、扉が開き、帰ったはずのハンギョルたちと一緒にカン・ハニがやってきた。

「ファン・ジウンお誕生日おめでとう!」

ケーキを持ったハニがジウンに満面の笑みを向ける。

39話の感想

最悪なプレゼント( ̄◇ ̄;)笑

明日も晴れ あらすじの続き 一覧

「明日も晴れ」前後のお話はこちらから

←34~36話     40~42話→

「明日も晴れ」各話の一覧はこちらから

『明日も晴れ』あらすじに感想を交えて最終回までレビュー!

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「明日も晴れ」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

明日も晴れ 海外ドラマの動画・DVD – TSUTAYA/ツタヤ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ