韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ128話

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ128話

嵐の女

今回の韓国ドラマはこちら!
嵐の女
さっそく128話をご覧ください
嵐の女・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ128話

ト・ヘビンと一緒になって罠に陥れるヒョンソンの画像を見せられたミヨンは、やっと彼に騙されていたと気づき、検事に何もかも話そうとする。
しかし、ジョンイムがミヨンに面会したことを嗅ぎつけたヒョンソンは、手遅れにならないうちにミヨンに会いにいき、これはすべってジョンイムの罠なんだと言い訳する。
「僕が保釈させてやるから。辛抱しろ。裁判になったとしても執行猶予にしてやるから」
大好きなヒョンソンに抱きしめられ必ず助けてやると言われたミヨンは、ジョンイムの言葉を疑い、ヒョンソンに従う。

逆上したオクジャに襲われ髪の毛を鷲掴みされたミョンエは、1本でも惜しい髪を抜かれ、悔しがる。

結局、ミヨンは単独犯だと自白し、ヒョンソンが手を打ったおかげで彼女は自首扱いとされ執行猶予の判決が下される。

前科者となり屈辱を味わわさせられたミヨンは、ヒョンソンとの出会いから彼から受けた優しさも何もかも全てが信じられなくなっていた。

在籍のないヘビンが我が物顔で本社に出入りすることを見かねたジョンイムは、ヘビンが使っていた戦略企画事業部を閉鎖し、オフィスを使用できなくする。

釈放されたミヨンの怒りは収まらず、ヘビンに仕返ししようと本社にやってきた彼女は、清掃員がトイレに入ってる間に、モップがけで使ったバケツを持ち、真っ黒な水をヘビンの頭から浴びせる。
執行猶予付きで助けたミヨンに逆恨みされたヘビンは、彼女をひっぱたき、愛人のくせにとミヨンをののしる。
もう何も怖くないミヨンは、「あんたの母親と一緒でしょ」とヘビンを見下し、取っ組み合いの大げんかになる。

母のように髪をむしられたヘビンは、爆発した頭のまま家に帰ってくる。

どんなにヒョンソンの愛を信じていても、法的になんの保証もないミヨンは、結局自分は愛人だとばかにされると悔しがり、財産もなく前科者の自分は捨てられるのではと不安になる。

ミヨンの気持ちを利用し、目的のために彼女の人生を駄目にした兄を見ていると、ヒョヌは、人を愛することができない兄のことが哀れに見えてくる。

ジョンイムは会長業務を代行していて、ジュンテに渡る郵便物には必ずチェ秘書がチェックしていることを知り、ジョンイムが送ったキム看護師の証言CDもチェ秘書がジュンテに渡していないのではと疑う。

ト家に忠誠を誓ったチェ秘書は、ジュンテやヘビン個人を助けるのではなく、ト家にとって最善のことだと判断すれば何をしでかすか分からない。
しかし、ジョンイムはチェ秘書の忠誠心が私利私欲のためではと疑い、彼の本心を確かめようと罠をしかける。

スポンサーリンク

ヘビン夫婦を追い出すためにジュンテ会長が病気を装い入院していると聞かされたチェ秘書は、即刻ヘビンに報告し、ジュンテの健康状態は何も問題ないと知らせ、活動費という名目でおカネを要求する。
チェ秘書の尻尾を掴んだジョンイムは・・・。

このまま黙っていればジョンイムに追い出されてしまうと恐れたヒョンソン夫婦は、ジュンテたちを仲違いさせジョンイムをペッカングループから追い出そうと考える。

ヒョヌのことを思えばジョンイムが遺言状を燃やすわけがないと考えたヘビンは、ヒョンソンの弱みと交換にもう一度取引しないかとジョンイムに持ちかける。

当然取引などに興味のないジョンイムはヘビンの申し出を断るが、ジョンイムの話を録音していたヘビンは、データを編集してジュンテに渡すようチェ秘書に命じる。

「ト・ジュンテ会長は私にとって悪魔のような存在よ」ジョンイムの話を偽造したヘビンは、兄に聞かせ二人の仲を裂こうとする。

ジョンイムが遺言状を持っている証拠があると言ってジュンテをおびき出したヘビンは、偽造した音声を聞かせようとするが、流れてきたのはキム看護師の証言音声で、スンマン理事長をヘビンが怪我させたという証言に・・・。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「嵐の女」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←127話     129話→

嵐の女 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「嵐の女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
コンテンツセブン

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ