韓国ドラマ 青い海の伝説 あらすじ19話

青い海の伝説

今回の韓国ドラマはこちら!
青い海の伝説
さっそく19話をご覧ください
青い海の伝説 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 青い海の伝説 あらすじ19話

物心ついたときから人を殺したような罪悪感に包まれていたマ・テヨンは、前世の記憶を再現し、人魚を殺したのは自分じゃなかったと罪の意識から解放される。

最近水に入っていないせいか心臓が痛むシムチョン。
彼女の心の声を聞いたジュンジェは、ナムドゥたちを追い出し彼女にプールに入るチャンスを与えるが、ジュンジェの異常な行動に不信感を持ったナムドゥは、出かけたと見せかけ家にこっそり戻る。

プールに入っていたシムチョンの下半身は、光輝く尾ひれ。
流行の水着かと驚くナムドゥだが、本物の人魚だと分かると、彼女をショーに出せば金儲けができると狂喜する。

色めき立つナムドゥに触れるためシムチョンは、ジュンジェに秘密にしてくれるならショーに出てもいいと承諾し、ナムドゥと取引成立の握手を交わす。

人魚で金儲けできると喜んだのも束の間、ナムドゥの衝撃的な記憶は人魚に関するところだけすっぽり削除される。

命を投げ出してもシムチョンを守ろうとするジュンジェだが、愛する人を失えば心臓が固まり生きていけないという人魚の性を知り、シムチョンを殺すのはマ・テヨンではなく自分かもしれないと恐れる。

前世の結末が繰り返される。
チン教授の忠告が頭をもたげ、ジュンジェは、彼女を守るためには海に返すしかないのかと苦しむ。

ジュンジェに人魚の言葉が通じると知ったシムチョンは、彼が正体を知っても態度を変えることなく側にいてくれるので、今までの不安が吹き飛ぶ。

人魚と人間のロマンス。
ジュンジェは、公開されたキム・タムリョンの難破船展にシムチョンを連れていき、彼の肖像画を見せる。

ジュンジェそっくりの絵にシムチョンは二人を見比べ、彼も人魚を愛した男だとジュンジェはタムリョンの話を聞かせる。

幼い人魚に溺れていたところを救われ、成長した二人は末永く幸せな人生を送った。

悲劇を繰り返したくないジュンジェは、わざと結末をハッピーエンドに変えるが、シムチョンは、幸せな恋物語を聞いても、なぜか涙があふれてくる。

シムチョンと気持ちが通じたことで、彼女を守れなかったらというジュンジェの不安は一層深まり、苦しむジュンジェを気の毒に思ったシムチョンは、「昨日の記憶だけ消せば楽になれるわよ」と人魚の術を調整して使おうとするが、不安がなくなってしまえばシムチョンを守れなくなるので、ジュンジェは必死で逃げる。

スポンサーリンク

昨日まで険悪ムードだった二人が家の中で追いかけっこを始めると、シムチョン大好きテオは、面白くなく、ナムドゥも新しいスキンシップの方法かと二人を見て呆れる。

モ・ユランの勤め先がアン・ジンジュの家だと知ったカン・ソヒは、家政婦をやっている彼女をバカにしようとジンジュの家に行くが、もう何も我慢する必要がないモランは、「この女が夫を奪いジュンジェを家から追い出した張本人よ」とジンジュに明かし、ホ会長のお家事情を知ったジンジュは、歴史的瞬間に居合わせたと喜び、さっそく電話をかけてカン・ソヒの恥部を言いふらす。

情報収集に関して警察よりもはるかに長けているナムドゥは、カン・ジヒョンの行方を追うことになり、彼女の身辺を調べたナムドゥは、周りの人間がみんな不審な死に方をしていると恐れる。

亡くなったのは夫ばかりでなく、孤児院育ちの彼女を引き取った家族もまた変死していた。

堤川(チェチョン)出身の彼女はどういうわけか、ジュンジェのお母さんと同じ高校の同級生だった。

ナム部長の容態はあまり好転せず、仕事復帰の難しい彼に代わり、カン・ソヒは夫の秘書に新しい人物を雇い入れる。

病院帰りのイルジュンを車に乗せたソヒは、運転席に座るマ・テヨンを新任の秘書だと紹介する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「青い海の伝説」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←18話     20話→

青い海の伝説 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「青い海の伝説」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

青い海の伝説 DVDオフィシャルサイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ