韓国ドラマ あなただけが私の愛 あらすじ28話

韓国ドラマ あなただけが私の愛 あらすじ28話

あなただけが私の愛

今回の韓国ドラマはこちら!
あなただけが私の愛
さっそく28話をご覧ください
あなただけが私の愛 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ あなただけが私の愛 あらすじ28話

スヨンがいくらアルバムを隠そうが、孫の小さかったころの写真を手帳に挟んでいたブナムは、若かりしスヨンに抱かれたヘリの写真を探しだし、孫に渡す。

チ・ギルジャと母の写真を照らし合わせたヘリは、どこからどう見ても同一人物であるというのに、まだ信じられず役所に行って母の婚姻関係証明書を確認する。
”ソン・ドックと離婚。”

未婚だと聞いていた母の隠された真実、チ・ギルジャからチ・スヨンに改名した証拠まで出てきてしまい、ヘリは自慢の母がドウォンの実母だと知ってしまう。

傷みかけていた梨に重湯レシピを付けて売ろうと考えたドウォンは、朝から重湯セットなる物を用意し商売に意欲を燃やす。
ジゴンの両親から虐められても懲りずに奮起して頑張るドウォンをヨンギたちは励ますが、世の中の厳しさを誰よりも実感しているマルスは「あんたが金持ちになるより虎が人間になるほうが早いだろうね」と水を差し、幼いウリは「虎は人間になれないよ」と言葉どおりに受け止める。

果物を買いにきてくれたお客さんに梨の重湯を試飲してもらうと、「私も作ってみたい」となり、熟した梨も飛ぶように売れる。

ジゴンのアイデアのお陰で熟梨もよく売れ、ドウォンは彼にお礼を言おうと突然マリスキッチンにやってくる。
梨の重湯を持ってきたドウォンは、まだ商売が残っているのですぐ帰ろうとし、せっかく会えたのに帰ってしまう彼女を引き留めようと甘えるジゴンは、「君は僕だけのビタミン剤だ」とドウォンを抱きしめ二人の世界に。
ジゴンに頼まれたお湯を持ってきたナムスンは、お取り込み中のところまた邪魔してしまい、「何も見ていませ~ん」と指の間から二人をのぞき見る。

ナムスンの父親が”ミスタービョン”と呼ばれていたと聞き、急に彼のことが気になってきたイ社長はナムスンが出演した人捜し番組を確認する。
番組では自分と付き合っていたステファニーとのツーショット写真が大写しになり、彼女の死にショックを受けるイ社長。

子供を産んだことさえ黙っていたステファニーを不憫に思うイ社長だが、大企業の社長となった彼にとって隠し子騒動は命取りで、ナムスンのことが世間にバレたらどうしようと心配する。

TVで写真まで公開されたイ社長は、秘密がバレるのも時間の問題だと焦り、ナムスンを強制送還しようと不法滞在で通報する。

学生ビザで滞在していたナムスンは、マリスキッチンでの就業を問題視されて逮捕されるが、見習いとして交通費しかもらっていなかった彼は給与を受け取っていないと証言し、ジゴンが身元引き受け人となって助けてくれる。

スポンサーリンク

1万ウォンをくれた天使のおばさんがドウォンを虐めて悪魔のおばさんに変り、そのおばさんの夫の悪魔のおじさんに嫌われているから通報されたと大筋合っているナムスンの推理。

悪魔の両親からどうしてこんな優しい息子が生まれるのかと不思議がるナムスンは、ジゴンが悪魔夫婦の息子じゃないんだと勝手に決めつける。

クリスマスが過ぎればハッピーニューイヤー! ”ファッション王”に載せる新年挨拶収録にやってきたチョPDは、息の合い過ぎるジエとヘソンにちょっと嫉妬ぎみ。

そこへミニーちゃんの電飾リボンを付けたジュランが元気なく訪れ SHINeeが出る年末の歌謡特番の席が取れなかったと半泣き状態。
ファッションセンスは痛い感じだがジエのママということでチョPDもサービス満点、知人のPDに席を頼んでくれるというのでジュランは大喜び、「誰かさんと違ってハンサムで紳士的、何よりも気が利きますね♡」とヘソンと比べる。

無実の罪? で拘束されたナムスンを元気づけようと特製ぎょうざを作ってあげるドック。
勝手に台所を使われたマルスは文句の連発だが、具だくさんのぎょうざはもったいないと結局手を出しドックの手伝いをする。

口は悪くとも彼女のことを一番理解しているドックは、膝痛で悩んでいるマルスのために、ふかふかのピンク靴下をプレゼントし、彼女を気遣う。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「あなただけが私の愛」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←27話     29話→

あなただけが私の愛 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「あなただけが私の愛」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
あなただけが私の愛 DVD BOX オフィシャルサイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ