韓国ドラマ・ずっと恋したい・あらすじ113~114話

ずっと恋したい

今回の韓国ドラマはこちら!
ずっと恋したい
さっそく113~114話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、ずっと恋したい・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・ずっと恋したい・あらすじ113話

理事会で発言するイ・ヨンチョルは院長の指示でリベート事件の発端である2億の金をテヤンの机に隠したことを証言。「俺を陥れるつもりか!」と院長に締め上げ追い出される。
ドンジュンは「一生お前を食わしてやるから。」とヨンチョルを懐柔しキム・テヤンに罪を被せるよう強要するが、危うく人を殺しかけたヨンチョルは「殺しをやるほど落ちぶれたくない。」と反論しドンジュンは義弟を殴りつける。

理事長のミンジャが倒れたことで、副院長は「創立者家族に礼儀をつくすべきです。」と院長解任案の採決を延期する。
病室に運ばれたミンジャはすっくと立ち上がり、「私がこうでもしなかったらドンジュンは解任されていたわ。」と悪知恵を働かせる。
しかし、理事会の雰囲気からして解任は避けられないと観念したミンジャは無様に解任されるよりも辞任しなさい、とドンジュンを叱りつけるが「院長でなければ意味がない!」とドンジュンは拒み病室から飛び出していく。

一方、ヨンラン母娘はセッピョルの部屋に住み着き、妊娠しても大切にされるどころか結婚もしていない義姉の世話をしなければいけないミレはご機嫌ナナメ。
ユリはヨンランが粥を口に運んでも、頑として食べようとせず、「こんな娘を本当にテヤンと結婚させるつもりなんですか。」とマルスクは義姉に文句を言う。
以外なことに「ユリを嫁にしたくない。」と怒るマルスクをミレが諭し、「私も同じ状況になったら離婚させるんですか。」と訴え、「別れを迫る前に治療に専念させるべきですよね。」と祖母たちに意見を求める。

スッキはセッピョルの目を盗み、ジェミンが買ってきた妊婦用のサプリメントをパクつくが「お義母さん何を飲まれたんですか!」と急に声をかけられむせ返る。
最近、毎晩家族に隠れてキムチごはんをむせぼっているスッキを見て、セッピョルは「ひょっとして・・・」義母は更年期ではなく。

翌日、この歳になって母子手帳はさすがに持ち歩けないとスッキはゴミ箱に捨てる。

ミョンジュンは病院経営立て直しのため、テヤンを呼び記者会見を開く。
テヤンは殺人事件容疑は立件そのものが取り消され、収賄容疑も晴れたと会見する。

このままでは院長の座を奪われると焦ったドンジュンは、名誉を手に入れれば理事たちの気持ちもかえられると、諦めきれない新薬開発に更に資金を投じ研究室ごと買い取ろうと考える。

御年55歳のスッキは、中絶する気などさらさら無く家族に「妊娠したわ。」と言っても誰も信じてくれない。「30代でもあるまいし突拍子もないこと言わないでよ。」と息子にバカにされたスッキは腹を立て「中絶しろとでも言うの!」と言い返す。
しかし、夫のミョンジュンは思ってもいないプレゼントに大喜び、「高齢だからどうなるか分からないわよ。」と心配する彼女を宝物のように抱きしめる。「スッキ愛してるよ~」

正気ではないユリが家にいるのは迷惑だとマルスクは露骨に嫌な顔をし、ヨンランは娘を治療に連れていこうと外にでると、テヤンがヨンチョルの携帯を持っていると疑っているドンジュンはユリを待ち伏せ、ヨンランから奪って逃げる。

ドンジュンはユリを地下室に閉じ込め、「ユリを返してほしくば携帯を持ってこい。」とテヤンを脅す。
チェ家に向かったテヤンはバールで門扉を壊し邸内に侵入するが玄関扉はロックが解除され、居間ではドンジュンが待ち構えていた。 彼を無視し地下室に向かうテヤンだが、防音室の扉はバールでもこじ開ける事が出来ず、「携帯の持ち主を教えますからユリを渡してください。」とドンジュンに頼む。

スポンサーリンク

韓国ドラマ・ずっと恋したい・あらすじ114話

ミョンジュンのマンションに入っていったテヤンを尾行していたドンジュンは、弟がテヤンと手を組み病院を乗っ取ろうとしていると誤解する。

テヤンは、ユリを助けるために携帯を渡してほしいとミョンジュンに頼むが、父親が娘を部屋に閉じ込めるのは監禁とは言わない、とミョンジュンはテヤンを追い返す。

腰の痛いジョムスンは水キムチを容器に入れ替えてセッピョルに届けてほしい、とミレに頼むと「孫娘と嫁を差別するんですか!」とミレは不平を言い、祖母に自分の下着を洗わせる。 漢方院から戻ってきたマルスクは、しつけの悪いミレに「何を考えてるの。」と怒り、ジョムスンは腰痛で動けなくなる。

ジェミンが野菜カレーを作り家族団らん幸せな一時を過ごすミョンジュン宅に、ドンジュンは携帯を返せと乗り込んでくる。ミョンジュンは家族に察知されないように兄と書斎に入るが、狂ったドンジュンの叫び声は家中に響き渡りスアは恐怖で震え上あがる。
ドンジュンは「お前は金儲けをすればいい、俺は名誉が欲しいんだ。」と携帯を奪い返す為書斎をめちゃくちゃに荒らす。
尊敬していた兄の醜態にミョンジュンは心を痛め「俺が兄さんを止めてやる。」と泣き叫ぶ。

家に戻ったドンジュンは、ユリを監禁している必要がなくなり、テヤンに娘を引き渡す。

兄の犯罪を隠しておくのは兄の為にならない、と決心の固まったミョンジュンはテヤンを呼び「明日、理事会があるから、そこで重要な証拠を公開しなさい。」と彼に証拠の封筒を渡す。

ミョンジュンから臨時の理事会を招集すると報告を受けたドンジュンは、理事会に参加するテヤンを待ち伏せし手下に拉致させる。

テヤンを山奥に連れてきたドンジュンは彼を土に埋め、「証拠を持ってこないとキム・テヤンの命はないぞ。」とミョンジュンを脅迫する。
ミョンジュンは院長とキム・テヤンの身に問題が起きました、と理事会を延長し、ドンジュンの指示した山中に急ぐ。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ずっと恋したい」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

ずっと恋したい・あらすじ詳細

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ