韓国ドラマ・ずっと恋したい・あらすじ95~96話

ずっと恋したい

今回の韓国ドラマはこちら!
ずっと恋したい
さっそく95~96話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、ずっと恋したい・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・ずっと恋したい・あらすじ95話

蛇のような目を見つめるドンジュンがほくそ笑みながら近づいてくると、ヨンランは咄嗟に、出てきた警官に助けを求め、署の中に入っていく。

出頭したヨンランはテヤンに面会し、手錠をかけられた息子の手をしっかりと握りしめる。
「テヤン、お願いがあるの。」ヨンランはマンベに生き写しのテヤンに「一度でいいから母さんと呼んでくれない?」と語りかける。
「母さん。」と呼ぶテヤンの声を聞き、気持ちの固まったヨンランは、刑事に全ての事情を説明する。

情緒不安定だったヨンランは自殺しようと崖を飛び降りたと話し、キム・テヤンが押していない事を証言して、むしろ彼は川に落ちた自分の命を救ってくれたと説明する。
同席した弁護士はキム・テヤンの殺害動機などどこにもない事を証明し、捜査の打ち切りを要請する。

ヨンランの記憶が戻りテヤンが釈放されたと聞いて、家族は踊りだし、テヤンの好物を作ろうとマルスクはミレと買い物に出かける。

テヤンの事が気がかりでたまらないジェミンは、全く仕事に熱が入らずテキトーにチュ室長の話を聞く。

証言が終わったヨンランは、「あなたの好きにすればいい。」とドンジュンの車に乗り込みチェ家に戻る。

ヨンランはユビンを2階に行かせ、ミンジャに事の経緯を説明する。
彼女は結婚前に愛する人との間に子供を産み、婚約者が亡くなって途方にくれた自分が金持ちのドンジュンに頼りたくなって騙して結婚した事を白状する。
しかし、ドンジュンも子供が出来ないように黙って避妊手術を受け、そんな夫に文句も言わず30年間も乳母として家政婦としてチェ家で暮らし、これが罰だと受け止め今まで生きてきた。 ヨンランは自責の念に苦しみ息を潜めて生きてきた自分を虫けらのように見下し、いじめてきたミンジャに、ありったけの怒りをぶつける。

両親たちの話が気になって下りてきたユビンは、「いったい僕を産んだのは誰なの?」とヨンランを問い詰め、そこへ、ドンジュンの車に乗せられた母を心配したテヤンがチェ家にやってきた。

テヤンは、ドンジュンたちから母を助け出そうとするが、夫が危害を加えるかもしれずテヤンが心配なヨンランは「ここから出て行きなさい。」と息子を帰らせる。

スポンサーリンク

韓国ドラマ・ずっと恋したい・あらすじ96話

ドンジュンはヨンランの診断書を偽造し、後見人が必要な病人だと訴え、彼女の証言には法的効力がないと警察に届け出る。

ミンジャは騙して家に入ったヨンランを一文無しで追いだそうとするが、ヨンランは「息子の無実が確定し夫の謀略が判明するまで出て行きません!」とミンジャに楯突く。

ユリが帰宅すると屋敷は厳重に警備され、ドンジュンの指示で家に入ることが出来ずヨンランと話をすることもできない。

ドンジュンはヨンランから携帯を取り上げ、自宅電話を切り、PCも断線させる。

今まで、ヨンランが母親ではないなんて一度も疑ったことのないユビンは、彼女が自分の母でなく、よりにもよっててキム・テヤンの母親だと聞き、何もかもやりきれなくクラブで泥酔し、ジェミンを呼び出す。
慰めてもらおうと呼んだジェミンが、秘密を全て知っており、今まで黙っていた従兄弟に更に怒りが増してくる。

ユリは母を呼び出すことができず精神鑑定を受けさせられないとテヤンに相談する。
そして二人は事件のカギを握っているイ・ヨンチョルを呼び出し、彼はユリと一緒にいるテヤンに驚く。
自分が、はめたテヤンを目の前にし気まずいヨンチョルは、目をそらし口先だけの謝罪をするが、「お父さんの指示に従っただけでしょ?」と誘導尋問するユリに言葉を濁す。

ボロボロになって帰ってきたユビンは、ヨンランに悪態をつき悲しみをぶつける。
しかし、ドンジュンたちへの恨みが強いヨンランは「あなたを育てた30年間、息子のテヤンは寂し思いをしたわ。」と実子の事だけに胸を痛める。

母に捨てられたユビンは、このままでは怒りを向ける所がなく、テヤンのために人生をめちゃくちゃにされたと父と共謀しテヤンを粉々に踏みにじる!と腹をくくる。

姉ヨンランへの復讐をするため、甥に殺人の罪を着せるなんて、利用されたヨンチョルはドンジュンに怒り、電話をかける。
ヨンチョルが犯行を指示した会話を録音していると知ったドンジュンは30億のカネを要求するヨンチョルを漢江に呼び出す。

弟と話すドンジュンの会話を耳にしたヨンランは、夫が出て行くと警報装置を鳴らし警備の目を盗んで脱出する。

コンビニで人に携帯を借りたヨンランは、証拠を渡さないようにヨンチョルに電話するが、30億のカネがおしいヨンチョルは電話を切り、駆けつけたドンジュンの指示に従う。
ドンジュンの車に乗せられたヨンチョルは携帯を盗られないようにドンジュンの車のポケットに隠す。

その頃、ドンジュンから逃れ、行き場のないヨンランは、テヤンの家に行き、「私をかくまって。」と息子に助けを求める。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ずっと恋したい」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

ずっと恋したい・あらすじ詳細

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ