韓国ドラマ 私の男の秘密 あらすじ13話

私の男の秘密

今回の韓国ドラマはこちら!
私の男の秘密
さっそく13話をご覧ください
私の男の秘密 あらすじです!

韓国ドラマ 私の男の秘密 あらすじ13話

安宿に泊まっているソラ家族を見つけたジンジャは、気兼ねするソラを叱りつけ、へソルだけでも先に連れ帰る。

飛び出していったままなかなか帰ってこない夫から電話がかかると、それは屋台の店主からだった。

ヤクザに絡まれたジソプは店を出ていき、携帯を拾った店主が気を利かせて連絡をくれたのだった。

ジソプに殴られた男は重傷を負い、助かるかどうかも分からない状態。

ジソプは自首しようとするが「娘を殺人犯の子にさせる気なの?」とウィ・ソネに脅され、決心が鈍る。

今回の件もきれいに片付け、留置場にいる母親を救出し、当然借金問題もきれいに片が付く。

そう言われても、死んだふりをしろと言われたジソプは、馬鹿げた提案だと反発する。

ソネはジソプを昏睡状態のジェウクに会わせ、彼に執着する理由を教える。

あくまでもジェウクは我が子として、二人は双子ではないと前置きし、息子の再起を信じている母の力になってほしいと情に訴える。

婚約破棄の話を聞いたヘリムは、心の中では誰よりも大喜びしていたが、父の信頼を得るためにはここが勝負どころ。

お父さんの立場を悪くしたくないと、婚約破棄に反対し、ジェウクの生還を祈る献身的な女性のフリをする。

ヘリムの話を信じたイヌクは、彼女は被害者だと考え、兄弟間の確執にヘリムを巻き込んでしまったと謝る。

屋台の近辺を捜しても夫は見つからず、どこへ行ったのかと繁華街にまで出てくると、便利屋ソラに仕事を頼んだことのある男性が、彼女に声をかけてきた。

むしゃくしゃしていた彼は、女なら誰でもよく、おばさんソラにおカネを払い、相手をさせようとするが、ソラは必死で抵抗し男に唾をかける。

何度か彼女を見かけたことがあるイヌクは、男に絡まれているソラを目撃し助けに入る。

男はソラのことを女房だと説明し、夫婦の問題に口を挟むなとイヌクを追い払おうとするが、口で偉そうなことを言っても、腕っ節はイヌクにかなわず、殴りかかったパンチはすべて空振り、尻尾を巻いて逃げていく。

Tシャツに短パン、化粧っけはなく、スリッパ状態でも、男に絡まれ見下されたソラは、人に助けられたことでさえ腹が立ち、落とした携帯を拾うと、「余計なことをしないで!」と助けてくれたイヌクに暴言を吐き、すりむいた膝のまま帰っていく。

カンイングループの次期会長 チン議員の一人娘チン・ヘリムとの結婚。

スポンサーリンク

ジソプが死んだふりをして成し遂げることは、別に人を殺めるものでもなく、病気の息子を助けたいという財閥夫人の切なる願い。

機械につながれている自分そっくりの男性を見ると、ジソプの気持ちに変化が生じる。

ソラが待っている安宿に戻ってみると、彼女は夫の帰りを心配し部屋の外でずっと待っていてくれた。

部屋の中には釈放された母が帰ってきており、ジソプはまだ計画を請け負っていないのに、ウィ・ソネが一つ目の補償として誠意を見せる。

ジェウクの担当医であるチェ院長には愛人に子どもまでおり、完全なる二重生活を送っていた。

子どもは、6歳になり、6年前といえば院長夫人はガンで闘病生活。

愛人の件をウィ・ソネに脅されてもチン議員の弱みを握っているチェ院長はビクともせず私生活は関係ないと言い張るが、ウィ・ソネは、長男イヌクが濡れ衣を着せられたことをネタに院長を脅す。

さらに、モラン製薬からリベートを受け取っている院長は、かなり危険な副作用が出ることを承知で新薬導入を進め、現場では実際に腎臓異常のショック死という被害者まで出ていた。

検査データをもみ消し、潰れかけた製薬会社を救った彼は、社長とぐるになって悪事を働き、こんなことがバレればチン議員に捨てられる。

ウィ・ソネは、二重、三重に院長を脅し、逃げる隙を与えず、彼を追い込む。

スポンサーリンク

私の男の秘密 あらすじの続き 一覧

「私の男の秘密」前後のお話はこちらから

←12話     14話→

「私の男の秘密」各話の一覧はこちらから

「私の男の秘密」のあらすじ完全網羅

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「私の男の秘密」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

私の男の秘密公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ