韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ89話

大切に育てた娘ハナ

今回の韓国ドラマはこちら!
大切に育てた娘ハナ
さっそく89話をご覧ください(^O^)
概要はこちらから
それでは、大切に育てた娘ハナ・あらすじです!

【スポンサードリンク】

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ89話

ヒョソンは、日食と更に不吉な赤い月が重なるから、とハナたちに鯉の鍵を肌身離さず
持ち歩くように言う。

キム秘書は、前回の日食の時のように倉庫に塩と炭を撒き対処しているが、
赤カビの広がるスピードが2倍程早く、
対応が追い付きそうにないとチャン会長に報告する。

一晩で殆どのみそ玉がダメになってしまい、おじいさまは
「これには理由がある。秘伝書に記されている通りなら人間の力で
赤カビを防ぐ事はできない。」と、ハナに伝える。

修練書しか学んだ事のないハナはおじいさまに秘伝書の閲覧を特別許可され、
「熟読し解決策を探しなさい、絶対に自然に逆らってはいけない。」と自然の力を敬いつつ、
最善の策を考えるように期待される。
そして、おじいさまは、
「ファンソを取り戻した暁には最高の弟子であるハナと醤油造りの勝負をしよう。」
と、彼女の提案を受け入れてくれるが、待令熟手としては認められず、
「勝負のあとは一緒にファンソを去ろう。」と、おじいさまに言われる。

ドヒョンはユンチャンに示された住所ソンブク洞196番地にやってきた。
小さな男の子が駆け寄りドヒョンの名前を聞くと、怖がって扉の陰にかくれる。
サンウと呼ばれるその子は、ジンモクのせいで父親を亡くし、ユンチャンが育てていた。
ユンチャンはかつて生きる為にジンモクの手先になった事を後悔し、
償いの為にサンウの面倒をみていたのだ。
彼は「SSのせいで犠牲になった多くの人の人生を、
どうやったら取り返せるのか教えてほしい。」と、ドヒョンに尋ねる。
『父を失った子供の人生』と聞いて自分が償えると思っていた父の過去が、
途方もなく大きな事だと知り、ドヒョンの決意は揺らぎそう。

ラゴンは自分が見る事も許されない秘伝書をおじいさまがハナに渡したと聞き、
彼女を助けるどころか「奪い返してやる!」と憤る。

お手伝いは、赤い月が出ると吉兆が出て日食の日に災いが起こるという言い伝えを信じ、
「自分まで災難に巻き込まれたくない。」と言って帰ってしまう。

その晩チョンラン親子は、同時に若い女が血まみれになる夢を見る。

ハナはファンソジョンで花の手入れをし、そこへドヒョンがやってきた。
二人はお互いどうにもならない状況に追い込まれながら、相手を気遣い順調だと答える。

ハナはドヒョンに力を与える為、彼を抱き締め、
ドヒョンはハナの体温を感じるが一緒にいても不安が拭えない。
「ハナ、お前と別れたくない。」

ジンモクは口だけではなくガンチョルがファンソとハナについて熟知している事に満足し、
「ハナを消してくれるなら何でもする。」と、ガンチョルと手を組む。
ハナの事を考えるのも煩わしいジンモクは3つの条件
・何が起ころうと俺は無関係だ
・世間にバレないようにやれ
・ぜったいに失敗するな
を出し、自分の関知しない遠い所でハナを始末するように指示し、巨額の報酬を約束する。

ガンチョルはジンモクと組んだ事をチョンランに報告し
「何も心配しなくていい、あと数日でお前もラヒも清々する結果を見せてやる。」と言うが。

【スポンサードリンク】

チョンラン親子は占いや夢の事もあり、この先何が起こるのか不安に怯える。
ガンチョルは福の神か疫病神か・・・

ハナは秘伝書を読んでも解決策は見つからず、醤油を造る菌の活用方法を読んで、
この発酵菌の商用化を思い付く。

発酵技術をバイオ産業にするハナの案は、将来有望な研究として
企業価値が望めると言うユンチャン。

ハナは「赤カビは防げなくても、バイオ産業としてのファンソの企業価値を
経営正常化審査団に訴えてみる」と、おじいさまに報告する。
同じように独立したYN食品を参考に、ハナは新しい事業計画案を練る。

パク秘書は、ハナの出した新しい事業計画によりファンソ独立が有利になったと心配するが、
報告を受けたジンモクは笑い飛ばし、彼を下がらせる。

ガンチョルはバイオ事業を行うGC産業開発の会長としてハナに近づく。

ドウンはファンソの危ない状況をハミョンから聞き、
「言い伝えから言ってもファンソはもう終わりよ。」と兄に伝える。

ハナを心配したドヒョンは倉庫に駆けつけ、疲れて居眠りするハナの横に座り肩を貸す。
ドヒョンの温もりに気づいたハナは、安心して彼の横で眠る。
ハナの側に居てもドヒョンの不安は益々大きくなり、このままハナを失いそうで怖い。

ハナの研究にGC産業開発という聞きなれない会社から事業提案があり、
審査団に通すだけの資料だとウン室長は言うがユンチャンは念のため、
どういう会社か調べさせる。

赤い月が出て、今夜はヒョソンとハミョンが同時に手を赤く染めたハナの夢を見て、
飛び起きる。
更にハミョンは「妹が死んでしまう夢を見た。」と怯える。

『赤い月の日に見た夢は予知夢であり軽んじるな。』
と、先祖の言い伝えを思い出すおじいさま。

ハナは自分が撃たれる夢に驚いて目が覚める。

その頃ソル家では、ジンモクが猟銃の手入れをしていた。
気分転換に狩りに行くと言うジンモク。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「大切に育てた娘ハナ」前後の話はページ下からどうぞ(^O^)

【スポンサードリンク】

←88話     90話→

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

追記

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ