韓国ドラマ ただ愛する仲 あらすじ21話+22話 感想とネタバレ

訪問ありがとうございます、管理人た坊助です!

今回はただ愛する仲のあらすじや感想をネタバレ込みでお届けします(^^♪

具体的な内容はこちら、はいドーン!

このページで楽しめる内容
  • 21話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 22話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 前後のお話も見たい方へ 各話のリンク

それではさっそく21話のあらすじからお楽しみください!

ただ愛する仲 あらすじ21話

いつものように公園にやってきたガンドゥとムンスは、ブランコにまたがって会話する。

死んだ人が生きているような錯覚に陥る(ガンドゥは死んだ人の声が聞こえる気がする)とガンドゥが打ち明けると、「私はいっつも夢を見る(ヨンスが死ぬ夢)」とムンスが打ち明ける。

お互いの心の奥底に残ったままの恐怖。

二人は手をつなぎ、お互いの弱みを見せあう。

一方クラブマリにやってきたチョン理事は、「あいつに(ガンドゥに)もう会うなと言われたよ」とマリに話し、二人が親密な関係なのではと疑う。

「体の関係だけが男女の関係だと思ってるの?奥さんの電話に出ないと、私たちがそういう関係だと思われるかもしれませんね。」

マリはチョン理事を皮肉り部屋を出る。

よーし、チョン理事ざまあみろ。笑

スポンサーリンク

ムンスを送り届けたガンドゥは、「ツラくても母から逃げるな」と彼女を励ます。

「俺もツラいのに泣かれるのが嫌で、消えろって言っちゃったんだ。」

ガンドゥは自分の失敗談を語り、お前は失敗するなとムンスを励ます。

珍しく妹からの電話でテンションが上がったガンドゥは、「ちょうど渡したいものがあったんだ」と先日買ったプレゼントを持ち病院へ。

一緒に昼ごはんが食べれると期待していた彼は、促されるまま病院の中へ。

気づけば妹に採血され、血液検査を受けていた。笑

何か病気じゃなきゃいいんですが。。。
最近よく鼻血出してるのが気になります。

とある日、ワンジンの家を訪ねたムンスは、暗証番号を何度打ちなおしてもロック解除できない。

チャイムを鳴らすと、少し慌てた様子でアシスタント君が出てきた。

部屋へ通されたムンスは、ちょっと乱れたワンジンとベッドの上に脱ぎ捨てられた服を見て察する。

「これからは気軽に来れないわよ。あんたのせいで、いや、おかげか( ̄ー ̄)ニヤリ」とワンジンはアシスタント君の事がすっかりお気に入りのようで、浮かれてムンスに話す。笑

お付き合いするってことなのかな?
ワンジンよかったね(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

ホンイ洞13-2 昨日もやってきた遺族の家。

今日は二人でやってきたムンスとガンドゥ、しかし遺族は不在で会えなかった。

”ソンジェさんの事でお話があります。連絡ください。”

ムンスは手紙を残し、”オッパ”と親し気に呼ぶ二人はどういう関係なのか気になるガンドゥは、彼が初恋の相手だと聞かされる。

どこからやってきたのか、マリが美容室みたいなところでヘアーセット中に、突然殴りこんできたチョン理事の妻。

夫の浮気を疑っている妻はマリを責める。

「あくまでもお客様なので、お金を頂かない限り二度と会うことはありません。」とマリは説明し、恋愛ではないと弁解する。

店を出たあと、「はぁ・・・何やってるんだろ」とうっすら泣いていたって事は、やっぱりチョン理事のこと好きだったの?
ご破算になって正解だと思うよ。苦笑

地盤調査中に人らしき骨が出てくる。

またトラブルかとチョン理事は苛立ち、あれだけ聡明で行動力があったジュウォンは何故かだんまり。

ジュウォンはなんで何も言わないんだ?
建築物以外で問題が起きても関係ないみたいなこと言ってたけど、ムンスとられてすねてるの?

工事現場内で走っていたトラックの荷台に、産廃として柱が積まれていた。

何があったのかよくわからないがムンスは「あ、アレっ!」とトラックを止めようと追いかけ足をくじく。

ガンドゥがトラックを止めたのはいいものの、荷台から柱が転がり落ちてくる。

あ、トラックの荷台に乗せられた産廃が、ロープで固定されていなかったのが目についたらしい。
このまま高速とか乗ってたら大変だったって後から言ってました。

横っ飛びで交わして多少の擦り傷程度かと思われたが、「大丈夫だ」とムンスの肩を抱いた左手は震えが止まらず意識が遠のき倒れてしまう。

場面は変わってタクシーで帰宅したガンドゥとムンス。

「大丈夫」と彼はあっけらかんとしているが、どう見ても平気ではない量の血が・・・。

鼻血が止まらなかったらしく服が血だらけになっていた。

「絶対おかしいから病院へ行こう」とムンスが説得しても、鼻血くらい大丈夫だとガンドゥは言うことを聞いてくれない。

21話の感想

その量はやばいんでないか?ってくらい服が血だらけでした。苦笑
自分から行かなくても、検査結果が悪いものだった場合、ジェヨンが強引にでも入院させると思いますが・・・。
病気でないことを祈る。

ただ愛する仲 あらすじ22話

「たかが鼻血くらいで大げさに騒ぐなよ」とガンドゥはみんなをなだめるが、誰がどう見ても普通じゃない量の鼻血。

洗濯したってどうしようもないくらいに胸元は真っ赤に染まり、どこか刺されたのかと思うほどの出血量。

彼がシャワーを浴びている間、着替えを準備しようとタンスを開けたムンスは、タンスの奥底にしまわれていた古ぼけた携帯電話に目が行く。

見覚えのあるストラップは、ムンスが手作りしたものだった。

このボロボロの携帯はソンジェの物のようです。
その携帯に、ムンスが作ったと思われるストラップがついていた。
ってことは、元の持ち主はおそらくソンジェ。
ガンドゥが事故現場から持って帰ってきていたってことか。

スポンサーリンク

見覚えのあるストラップと携帯電話を見て記憶が少し甦ったムンス。

ガンドゥが苦しんでいる幻覚の主はソンジェだったのだと気づき、原因を作ったのは私だと自分を責める。

ガンドゥを先に出してあげれば、ソンジェと会うこともなかったし、今の様に聞こえるはずのない声に悩まされることもなかったはず、と考えて自分を責めてしまった。
でもさ、そんな事言っても仕方ないのにね。
ムンスが崩落させようとしてやったわけじゃないし、君が悪いわけじゃないよ。

自分を責めるムンスは、”関わった人すべてが不幸になる”と負の思考回路に突入。

心配するガンドゥを避け続け、かかってくる電話も無視する。

連絡がとれず心配になったガンドゥは、もしかしてとソンジェの家の前に行ってみると、玄関前で立ちすくむムンスの姿が。

「幻覚の主はソンジェさんでしょ?なんで言ってくれなかったの?」とムンスに聞かれたガンドゥは、お前に余計な心配させたくなかったと説明する。

何度か訪れてやっと家の中に通されたガンドゥとムンス。

”何も告げず出かけてごめん”とソンジェに頼まれた伝言を、13年越しに母に伝えるガンドゥ。

一方のムンスは、その罪悪感からか、ガンドゥの部屋から持ち出した携帯を出し、「あの日、あそこに呼び出したのは私です」と打ち明ける。

そんな事したって何にもならないと思うけどな。
ガンドゥも言ってた通り、言う必要なかったと思う。
でもムンスは恨まれようが何をされようが、打ち明けることで気持ちを楽にしたかったのかも。

スポンサーリンク

自分が嫌になるとネガティブモードのムンスに、「お前のせいじゃない。一日でも長く一緒に居たい。」と伝えるガンドゥ。

しかし「あなたといると、昔を思い出してツラいの」と握られた手を振りほどくムンス。

地盤調査で見つかった人骨は一人の骨じゃなく、「警察を呼ぶからこんな面倒なことに・・・」とチョン理事はご立腹。

ムンスを失ってしまいそうで怖いガンドゥはマリに相談し、「何より彼女が大事だ。大好きなんだ!」と吹っ切れる。

何度ガンドゥから電話が来ても無視するムンス。

「あなたの恋人、なんて名前なの?いくら気に入らなくても名前くらい知っとかないと」と母に聞かれた彼女は、「もう会うことないから言いたくない。」と口を閉ざす。

娘の態度に「別に別れろなんて言ってないわよ」とオクは焦る。笑

何度拒否されても諦めずにぶつかっていくガンドゥは、「せめて慰霊碑の件は最後まで一緒にやり遂げよう」とムンスに声をかける。

一緒にお昼ご飯を食べに行くと、いつもは焼肉しか食べないガンドゥが、「いろんなもの食べないと健康に悪いだろ」と無理していろんなものを食べる。

ムンスに心配かけたくない、というか、心配してほしいのか?笑

慣れないものを食べた結果、気持ち悪くなりトイレでリバース。笑

「私に気を遣うからこんなことになるのよ」とムンスに怒られる始末。

帰宅したガンドゥが胃もたれだと知ると、針をあぶって親指にぶっさすサンマンの母。

普通ならすぐ止まるはずの血がなかなか止まらず・・・。

22話の感想

えぇ・・・なんかそんな感じ?
鼻血だけじゃなくて、場所は関係なしに血が止まりにくいってか。。。
ガンドゥ、やっぱどこか悪いんだろうか?

ただ愛する仲 あらすじの続き 一覧

「ただ愛する仲」前後のお話はこちらから

←19~20話     23話→

「ただ愛する仲」各話の一覧はこちらから

【『ただ愛する仲』各話のあらすじ】韓国ドラマ徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「ただ愛する仲」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

ただ愛する仲 ホームドラマチャンネル

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆