韓国ドラマ 素晴らしき私の人生 あらすじ19話+20話+21話

素晴らしき、私の人生

今回の韓国ドラマはこちら!
素晴らしき私の人生
さっそく19~21話をご覧ください
素晴らしき私の人生 あらすじです!

韓国ドラマ 素晴らしき私の人生 あらすじ19話

好きな相手がララだと感づかれたドンウは、片思いしているだけだと言ってララを守り、彼女を傷つけたら叔母さんとは縁を切る覚悟だとファイムを苦しめる。

「たとえ恩知らずになろうとも叔母さんのいいなりにはならない。」

ジュノは秘書ジニと不倫関係にあり、二人は留学も一緒に行き、業務外でもいつも一緒。

スポンサーリンク

パク秘書は、ヘミ本人に伝えるよりも先にチョン会長に報告する。

さあ、どうするかな。
JTグループを潰しにかかるか?

今日の当番はキム・ボム。

朝早くドナを迎えにいった彼だが、車に接触したバイクの男性が運転手に半殺しの目に遭っているのを見て、体は震えだし、視線は定まらず、ドナの呼びかけにも応じなくなる。

病院に行くと一種のパニック障害だと診断され、症状の原因を解明するのが先決だと言われるが、ボムは多くを語らず、このまま撮影ができるのかとドナは心配する。

肉体的なことではなく、何かのトラウマ?

チョン会長はジュノを呼び出し、いきなり引っぱたく。

何のことだが分からないと白々しい彼をさらに殴り「ユ・ジニ」と愛人の名前を口にする。

ジュノは土下座して謝罪し、すぐに別れますと約束すると、ジニに辞表を出すよう迫り、「別れたフリでもしないと大変なことになる」と、ジニを自宅待機させる。

別れる気がなければ正直に愛人を取りますと言えばいいのに。
JUグループの恩恵は受けたいけど愛人は切れないって、ずる過ぎる。

ファイムはドンウがいないときを狙い、ララとの関係をドナに暴露する。

「あなたの母親は、私の甥をたぶらかしているの」

ララが誘惑したと一方的に責め、別れないと破滅させてやると脅迫する。

実母と認めたくない母の醜態にドナは呆れる。

シン監督に直接確認したドナは、ドンウの片思いと聞き、世間の目を考えてほしいと彼を責める。

男性に言い寄られれば断ることができない実母。

不倫の末に子どもを産み、今また15歳も年下の男性に言い寄られると、流れに身を任せてしまう母。

ウブなふりをして隙を見せるララが憎らしく「監督が心を捧げるほどの人ではありませんよ」と精いっぱいの忠告をする。

そうよね。
ドンウに告白されるまで何とも思っていなかったとララも言ってるし、告白されたからときめいたって、まあ、女優さんだから恋多くていいけど、ドナに嫌われるのは当然。

家に帰るとララは泣いていた。

その弱々しい姿を見るだけで腹が立ち、「非難されるような恋は私の父だけで十分でしょ」とドナは軽蔑する。

「女のにおいをプンプンさせて男を手玉に取るあなたが大っ嫌い。」

ドナに言われて反省したララは、ドンウのことはまったく好きじゃないと断り、夫のところに戻ると告げる。

ララの姿を見て、自分も同じようなことをやっていると感じたドナは、ドヒョンやボムに対してもケジメをつける。

「恋愛も結婚もどうでもいい 自分自身以外を愛したりしません。もう面倒をかけないでください。」

うわっしゃ、かっこいい~。
意思を貫いてね。

シン監督に失恋したララは、涙が止まらず一人で泣いていた。

撮影待ちの彼女に声をかけたのは元夫チョン会長。

「待ってるから頑張ってこい」と、ララを包み、温かい目で見守る。

やっぱりチョン会長がいいよ。

ララはドナに軽蔑されないためにもシン監督と一線を引こうと決意し、「よりを戻すつもりはないけど風よけになってほしいの」とチョン会長を利用する。

結局、男の手を借りないと何もできないのか。
( ̄~ ̄;) ウーン。
そういうところをドナは嫌っていると思うけど。

パク秘書は会長の指示に従い、ジュノの不倫事実を隠して、彼には何も怪しいところはないとヘミに報告する。

親心だな。
結婚する前から裏切られていただなんて、ヘミのプライドが許さない。

キム・ボムに望みどおりのいい仕事がやってくるが、彼は突然旅に出たいと言いだし、代表がいくら説得してもきかず、自分の思いを押し通す。

キャラクターが似通っているからと映画の仕事を断り、今度は旅に出たことがないから仕事を休みたいと休暇を願うボム。
芸能界、そんな甘いものじゃありません!!

ボムは旅に出ることをドナに反対されると、持病があることを白状し、ドナを忘れ、病気を克服するために旅に出たいと説明する。

ララはシン監督とは何もなく元夫のところへ戻るつもりだとファイムに説明にいくが、彼女が何をしようがドンウの気持ちはもうどうにもならない。

一途な甥が苦しみ続けるのを見ているしかなく、泥沼の世界に陥れたララを恨む。

19話の感想

無理もない。
「愛していたのはドナの父親と元夫だけよ」って、ドナのお父さんには本妻がいたし、元夫への気持ちは、たった数週間で完全に冷めた。
そんな人に宝物の甥っ子を傷つけられたら憎くて仕方ないのは当然。

韓国ドラマ 素晴らしき私の人生 あらすじ20話

SBCの事務室に防犯カメラが設置されると脅迫文はドナの自宅に届くようになり、ドヒョンとのツーショット写真にドナの顔を血で汚したものが入っていた。

愛する人の娘を知っておきたいと、チョン会長はドナを食事に招待してきた。

ドナはララを認めておらず、スポンサーの会長として招待に応じただけ。

スポンサーリンク

母親のことをララさんと呼び、彼女に冷たいドナを、会長のほうが、「もう少し優しくしてやってくれませんか」と気を遣う。

ハ・ドナが原因で離婚したのに、彼女とララはうまくいっておらず、母親だと認められていないララが不憫になってくる。

「お前の大切な娘だから会ってきたぞ」と会長は、ドナとのことをララに報告し、ソンアに嫌われている会長は、ララの気持ちがよく分かると同情し、ララも会長の前だと安心して涙を流す。

だからね、そうやってすぐ男性に頼るところがドナには耐えられないの。
でも、この二人にはうまくいってほしい。

ボムはドナに頼まれても仕事を受けようとせず、現状では演技できないと、彼女への思いを理由にする。

ドンウの好きな女性がララと言われると、10年も彼だけを思ってきたハギョンはどうしても許せない。

「年増のあんたなんかに彼の心を奪われた」とララに食ってかかり「詐欺師にだまされる世間知らずのくせに」と誰も知らないはずの犯行を口にしてしまう。

パク監督が騙し取ったお金は、少しぐらいハギョンもらったのかな。

ドヒョンの気を引くためにも彼の広告を打ち切り、キム・ボムに乗り換えるつもりだと脅しをかけてきたソヒョン。

キム・ボムもまたハ・ドナが好きと聞き、計算が狂う。

義妹ソヒョンから、ハ・ドナの男癖が悪いと言われると、彼女の仕事ぶりを認めているヘミは、「彼女は、そんな人ではない」と強く否定しドナをかばう。

自分のものにならないからって相手の女性をおとしめるしかないって、ソヒョン、いけてな~い。
(-ε-〃)b゙ チッチッチッ

ハヨンの演技は上達することなく、数十回にのぼるNGでシン監督はくたくた。

俳優に声を荒げたことがないシン監督でさえ爆発する。

新車のCMモデル仕事がキム・ボムに依頼され、ドラマで亡くなった彼の復活を願う声も多数上がる。

新人だと甘く見ていたドヒョンは、人気を持っていかれ面白くない。

ドナのことが忘れられず家の近くまで来てしまったボム。

そこには、なぜかシン監督がいた。

ボムがドナを諦めたと聞き意外だったドンウは、自分もララに失恋したとあっさり打ち明け、失恋した者同士お酒を飲む。

シン監督がララを好きだと聞いて、ボムは、ハッとしただけ。
女性と男性では、随分リアクション違うなあ。
チョン会長も、結構すんなり認めたし。

ララが演技するシーンは、ドナがカメラを回し、息子を亡くした母親の復讐をララは見事演じ上げる。

相手がファイムであろうと構わず強く突き飛ばし、迫真の演技にドナが、初めてララのことを褒める。

ドヒョンはララがドナの実母というだけでなく彼女の演技に感心し、HSに雇ってほしいとキム代表に推薦する。

愛人を自宅待機させたジュノは、早くに帰宅するようにはなったが、相変わらず寝るのは書斎、ヘミを抱くことはなかった。

すごいなあ、そこまで恋人を大切にするとは。

ヘミの夫婦関係がうまくいってないと聞くと、ララは「もっと女性のほうがセクシーに誘惑しなきゃ駄目よ」とけしかけ、「昼は淑女、夜は娼婦にならなきゃ」と知ったかぶりをするが、チョン会長に愛されて結婚した彼女にそんな演技は必要なかった。

男性に愛される母をヘミはうらやましがる。

もてる女にも苦労はありますが。

ハ監督に愛され、チョン会長に愛され、女の幸せを十分味わったララは、これからは役者で成功したいと路線を定め、お父さんと再婚しないのかとヘミはがっかりする。

20話の感想

この決意は揺らぐことはないのだろうか。
ドンウに迫られれば、簡単に陥落しそうなんだけど。

韓国ドラマ 素晴らしき私の人生 あらすじ21話

ララはHS事務所と契約し、JUグループから早速仕事が入る。

チョン会長は、ララの気を引くためにドナを養子に迎えたいとまで言うが、彼女は再婚を望まず、結婚した時のように難攻不落だと会長は今の関係を楽しむ。

キム・ボムを新車のCMに起用したソヒョンは、今度は彼に見合う可愛い系のファッションで責める。

スポンサーリンク

撮影の後に食事に誘っても、ドヒョンの時と同様、断られるが、ボムの場合、モデルのギャラが入っても代行運転のバイトをやっているというので、彼の真面目さに新鮮な魅力を感じる。

イケメン男子なら誰でもいいのかーーー。

ララの出番が終わりクランクアップを迎えると、ドナは、この日ばかりはおばあちゃんの誘いを断らず、ララ母娘と一緒に夕飯を食べ、ソンアの問いかけにも素直に答える。

チョン会長は撮影が終わったララに、昔よくやったように1本のバラを届け、恋愛を楽しむが、彼の思いだけではララの心を満たすことができず、シン監督を思い苦しんでいるララを、会長は、そのまま受け止める。

ララに好きな男性がいても、温かく見守ることができるなんて、チョン会長かなり性格変わった。
おとなの余裕?

ドナを脅迫していた犯人はスタッフのミヨンだった。

ほとんど印象も残らないような地味でおとなしい女性。

いくら警告してもドナを引き離せなかった彼女はドナに刃を向き、彼女を刺そうとするが、突然現われたドヒョンがドナの前に立ち犠牲となる。

どこから出てきたか分からない。
天から降ってきた?

ドヒョンの手術は5時間にも及ぶが、彼の生死は分からないまま。

主要キャスト全員病院に駆けつけ、彼の無事を見守る。

「私さえいなければ」とドナは自分を責め、一応手術は成功するが、ドナのショックは相当なもの。

目の前でドヒョンが刺された光景は頭から離れず、何時間たってもドナの震えは止まらない。

痛々しいドナを見ていられずボムは肩をかし、「泣いてもいいんですよ」と彼女の盾になる。

ドナが無事だったことで感謝してしまったララは、悪い人間だと自分を責め、こんな話ができるのも、元夫チョン・ヨンウンだけ。

「親なら当然だ、自分を責めるな。」

ララは悪いほうにばかり考えるが、冷静に主治医と連絡を取っている会長は、最悪な事態になるはずがないとララを慰める。

1週間も意識を失っていたドヒョンが目覚めると、開口一番「ドナさん、大丈夫か」と彼女の無事を確かめる。

意識が戻ってすぐに、そんな思考回路がはっきりするかい?

行き詰まったら雲隠れすると有名なユン脚本家のドラマが始動することになり、事件を警戒して撮影は放送前にすべて撮り終えることになる。

その作品の監督を任されたのがハ・ドナ。

ドナは、気難しいユン脚本家の扱いに慣れているシン監督に、サブディレクターに就いてほしいと頼み、自分を忙殺しなければ失恋から立ち直れないと彼をいじめる。

禁煙中だったユン脚本家は、初対面から感じが悪くドナに目もくれず、いらいらと貧乏ゆすり。

ハキハキと元気のいいだけのドナを、まずはホストクラブに連れ出し夜の世界へデビューさせる。

理性も吹っ飛ぶほど飲んだドナは、ふらふらになってタクシーを降り、ちょうど家の前にボムが待っていた。

明日からネパールに行くと言われたドナは、プライドも何もかもかなぐり捨て「ボムが大好き 姿が見えないと心配になり私も苦しいの。以前のように私にぴったりとくっついていてほしい」と愛情なのか分からない気持ちを伝えるが、それでもボムは旅をやめようとせず、「愛している」と言葉を残し行ってしまう。

(;・-・)何に悩んでるのよ、旅してドナを忘れようってこと?

自分の気持ちに正直になったのに、ボムは去っていき、一気に酔いが回る。

泥酔して帰ったドナは、ララに運ばれたことも気付かず熟睡する。

ララが酔い覚ましの薬を取りに部屋に戻ると、お姉ちゃんの部屋が見たいとソンアが代わり薬を届けるが、ベッドで寝ていたドナが突然起き上がり、気配を感じたソンアがゴミ箱を差し出す。

吐いて汚したドナをソンアは風呂場に連れていき服を着替えさせると、嫌がりもせず世話を焼き、初めてお姉ちゃんが人間らしく見えたと喜ぶ。

ソンアすごいね、立派立派。
ギルジュンとうまくいったらいいのにね。

旅に出たはずのボムは、広告撮影のために呼び戻され、彼から帰国したことを知らされていなかったドナはショックを受ける。

脚本家ユン先生は『アカンサス』で演技の光っていたキム・ボムとララはどうしても使いたいと候補に挙げ、ドナは依頼交渉のためにボムに会いにいく。

21話の感想

新ドラマの件がなければ、ボムが帰ったことは分からないまま、また彼は旅に出たのかも。
辛すぎる・・・。

素晴らしき私の人生 あらすじの続き 一覧

「素晴らしき私の人生」前後のお話はこちらから

←16~18話     22~24話→

「素晴らしき私の人生」各話の一覧はこちらから

『素晴らしき私の人生』あらすじに感想を交えて最終回までレビュー!

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「素晴らしき私の人生」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

素晴らしき、私の人生 日本公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ