韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ94話

幸せをくれる人

今回の韓国ドラマはこちら!
幸せをくれる人
さっそく94話をご覧ください
幸せをくれる人 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ94話

パク・ボゲにさんざん馬鹿にされてきたセラは、シウォンのビラをぴらぴらと見せびらかせ、「あなたの強欲が子どもたちを出会わせ、私たちの悪縁が始まったのよ」とパク・ボゲを犯罪者として軽蔑する。

シウォンの抗議を動画に収めたセラは、ジャギョンにパク・ボゲの本性を見せ、あんな家とは別れて正解だったわよと娘を慰める。

寒い中、長時間無理をして抗議していたシウォンは咳が止まらなくなり、家に帰っても空咳が続く。

心配したゴヌは病院に行くべきだと進めるが、この程度で医者になんか行ってられないと笑い飛ばし、ウニが用意してくれた温かい飲み物で喉を温める。

過激なことは嫌いなウニも父の無念を晴らすために抗議活動を手伝いたいと言うと、「これは俺とパク・ボゲの問題だから手を出さなくていい」と父は反対する。

シウォンの抗議活動を知った会長は、ウニ姉妹をプレゼントしてくれた恩人に何かしたいと考え、ドキュメンタリー番組の制作を指示する。

ゴヌの誕生日に式を挙げたいと言っても、ウナのリハビリがすむまではとウニは決断できず、会長は、それならウナを説得してやると病院に行こうとする。

「もう夜だよ」とゴヌに言われて遅い時間だと気付いた会長は、ジョンフンがまだ病室にいると聞き、「こんな時間まであいつは何をしてるんだ」と彼をオオカミ扱いする。

「娘の半径1メートル以内に近づくな。」

会長が怒りの電話をかけると、ジョンフンの電話に出たのはウナ。

彼は今仮眠をしていると言っても「俺以外の男は信じるな」と会長は心配し、看病で疲れ切っているジョンフンを追い返す。

ミョンソンの匂いのきつい朝食は定番となり、習慣となったセラも毎朝ご飯を食べる。

ぶつぶつ小言を並べる義母の話は聞き流しても、ジャギョンが起きてくると言われてもいないのにドリンクを渡し、「家長は特別ですから」と義姉を持ち上げるミョンソン。

ボゲのマンションの周りにも抗議ビラはまかれ、チラシを見たユリは、これが本当のことなのかとショックを受ける。

母のひき逃げ犯行を知らないミスクは、過去のことで言いがかりをつけてくるシウォンおじさんをうらみ、「こんなこと信じちゃ駄目よ」とユリに言い聞かせるが、「全部うそなの?」と聞かれると、うそではないと正直に答えてしまう。

自慢の息子に多くの罪を犯させてしまったボゲは、これ以上被害が及ばない前に息子をアメリカに行かせようとジャギョンを呼びつける。

スポンサーリンク

いつも脅してばかりいたボゲからソクジンとアメリカに行き、家族の面倒はみると意外なことを言われたジャギョンは、「彼とはきっぱりと別れました」と言いつつも、ボゲの提案に耳をかたむける。

シウォンおじさんと裁判にでもなれば、母は全財産を使ってでも勝訴のために力を尽くすと考えたミスクは、破産する前に取り分をもらっておこうと、郊外でもいいからマンションを一つちょうだいと兄に頼む。

「お母さんのように盗むことだってできるのよ」と言われるとソクジンも反対するわけにいかず、マンションを用意してやると約束する。

シウォンためにドキュメンタリー番組を企画した会長は、専属カメラマンを彼につけ、韓定の前での抗議運動や薬局で薬を買うシーンなどすべて密着取材させる。

すべてが順調に進みゴヌは結婚式で使う曲をシウォンに聞いてもらい、すでに家族のように団らんのひとときを楽しむ。

ハユンとシウォンの関係も、すっかり以前のように仲良くなっていた。

長年記憶を失っていたシウォンは、念のため異常がないかと健康診断を受け、イ会長のもとへ二人の検査結果が届く。

シウォンの資料を見た会長は、すぐさまウニに電話をかけ、お父さんに肺がんの疑いがあると知らせる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「幸せをくれる人」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←93話     95話→

幸せをくれる人 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「幸せをくれる人」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

幸せをくれる人 アジアドラマチックTV

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ