韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ69話

幸せをくれる人

今回の韓国ドラマはこちら!
幸せをくれる人
さっそく69話をご覧ください
幸せをくれる人 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ69話

ハユンは救急車で病院に運ばれ、ユリの保護者であるミスクに一番先に電話が入る。

ソクジンはジャギョンとよりを戻し、ハユンを育てる自信がないジャギョンは、引っ越ししても二人で暮らしたいとソクジンに甘えていた。

熱を出したハユンはあちこち検査に回され、私が連れ出したせいだと言ってユリは泣きじゃくる。

病院に駆けつけたボゲは、私が罪深いせいでハユンがこんな目に遭うんだと苦しみ、責任を感じたユリを大丈夫だからと抱きしめる。

看病を人任せにしていたソクジンは、「しっかり世話してくれよ!」と母に怒鳴り「肺炎になったら助からないんだぞ」と母を責めると、「どうして外になんか連れだしたんだ」とミスクを怒鳴りつける。

入院したハユンは、病院ならママを呼んでくれるでしょう、と苦しい息でパパに頼む。

フランチャイズ1号店が成功すると、ウニの噂を聞きつけた別の夫婦が本店を訪ね、自分たちも店を出したいと志願する。

いつのまにかウニは事業家のように店を展開し、働きづめで頼もしい彼女に、ゴヌはお手製ランチを作ろうと、家に連れ帰ってくる。

いつも彼女にごちそうを作ってもらっているキッチンで、エプロンをかけパスタをゆでるゴヌ。

頼もしいゴヌの背中を見ながら、ウニは妹ウナがどうしているかとメールを送り、返事はしなくてもいいからね、と妹のことを気遣う。

ハユンがソルのように死んでしまうのではと怖いユリは、彼の側から離れず、前のようにウニおばさんでないとハユンを助けられないよとワンソンに訴える。

勝手なことをするわけにいかないと躊躇するワンソンだが、ユリの必死の訴えにとうとう負けてしまいハユンが入院したことをウニに連絡する。

ウニおばさんに会えたユリは、自分のせいでハユンが倒れたと泣きながら訴え、伯父さんも伯母さんも誰もいないの、あれではハユンがかわいそうだとウニに訴える。

ソクジンたちが医者の説明を聞いている間にウニは、ゴヌと一緒に看病し、連絡を受けた、セラは、病院での噂を恐れジャギョンを連れてやってくる。

病室にいるウニを見たジャギョンは、ハユンを心配する気持ちも失せ怒って帰ってしまい、セラは、「せっかく、よりが戻りそうだったのに何してるのよ」とソクジンを責める。

ウニのせいでジャギョンを怒らせてしまったソクジンは、「お前たちがいれば俺の家族はうまくいかないんだ」とウニを逆恨みし、彼女に黙って取った家族証明書を見せ、養母の権利はないんだとウニを罵倒する。

スポンサーリンク

ソジョンは会社の別荘に滞在し、ジョンフンから近況を聞いた会長は、やっと一安心する。

ミョンソンと会う時はいつもギプスを履いて偽装していたグァンスだが、エスカレーターでつまずいてしまい、面倒なギプスを外して持ち歩く。

ちょうどトイレに出ていたミョンソンは、両足で健全と歩くグァンスを発見し、また騙されたのかと彼の髪をわしづかみし、屋台につれていく。

M気のあるグァンスには、ミョンソンの罵声は心地よく響き、睨まれれば睨まれるほど、ビビッと彼女のカリスマ性に惹かれていく。

ウニがソウルを離れたときに、養子縁組解除の裁判を起こし、ハユンを勝ち取ったソクジン。

被告人不在で判決は下されてしまい、養母の資格を剥奪されたウニは、判決を覆すことはできないのかとゴヌの紹介してくれた敏腕弁護士に相談する。

まだまだ入院が必要だったハユンをソクジンはウニと会わせないためにも退院してしまい、病院側としては家族の希望を拒否することはできないとウニに説明する。

ハユンの体を考えずにどこまでも大人の都合で動くソクジンに怒ったウニは、養母の資格復活と実母に親の資格がないことを証明するための訴訟を起こす。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「幸せをくれる人」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←68話     70話→

幸せをくれる人 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「幸せをくれる人」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

幸せをくれる人 アジアドラマチックTV

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー