韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ62話

幸せをくれる人

今回の韓国ドラマはこちら!
幸せをくれる人
さっそく62話をご覧ください
幸せをくれる人 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ62話

ゴヌカップルを食事に招待したイ会長は、ソジョンの前で二人の交際を認め、「兄の婚約者に失礼は許さないぞ」と厳しくソジョンに怒るが、お父さんまで手名付けたのね、とソジョンは怒り、食事をけって出ていく。

ゴヌは態度をはっきりさせるためにも婚約を急ぎたいと言うが、ウニは、ソジョンのためにもそれはできないと反対し、ハユンの病気が治るまでは式は考えていないと会長を安心させる。

実の両親が引き取った子どもを、まだ看病する必要があるのかと会長は率直に疑問をぶつけるが、ハユンが産まれた時から一緒にいるゴヌは、「あの子は僕たちの長男です」と答え、血のつながらないソジョンと分け隔てなく育ててくれたことを感謝してると言われると、イ会長は言葉を失う。

ずっと兄のことを独占できると思っていたソジョンは、お兄ちゃんに捨てられると悲しみ、会長が結婚を許したのは実子のゴヌをつなぎ止めるためではないかと疑ってしまう。

ソクジン夫婦がいても、ハユンのことを長男だと言ってくれたゴヌにウニは感動し、会長がいなければ、あの場で抱きしめていたとミョンソンに報告する。

退院するハユンのためにボゲは食事以外の仕事をするお手伝いを雇い、家中のぞうきんがけから殺菌まで徹底的に指示する。

USB画像を破棄したといってもボゲのことならコピーを取っているはずだと落ち着かないセラは、ハユンの退院日を聞いていても記憶になく、明日の退院には行けないとジャギョンの予定が空く数日先に延ばしてほしいと頼む。

それはそうと、ボゲがどうやって金持ちになったかが理解できないセラは、保有していた土地の値が上がったとソクジンに説明されても、商売だけであそこまでの金持ちになれるはずがないと、家賃収入や、いろいろ具体的なことを聞き出そうとするが、警戒したソクジンは黙ってしまい、仕事にでかける。

退院できることになったハユンが喜んだのもつかの間、行き先がおばあさんの家だと聞くと、ママの家に行きたいと言って駄々をこねる。

ソクジンは、「よその家に行っちゃだめだろ」と冷たく叱り、「お前は、お役御免だ」と世話になったウニに酷い言葉を投げつける。

ユリお姉ちゃんのいる家に帰れたハユンは、仲良く一緒ににご飯を食べるが、体力を付けてまた病院に戻ることになると言われると、病院のようにママに家に来てもらいたいとボゲを困らせる。

スポンサーリンク

パク・ボゲの弱みを握ったゴンスクは、不動産屋で仕入れた情報をネタに、お金があればウニたちを保育院に預けるはずがないですよね、と遠回しに遺産の話に触れ、値上げに困っていた家の保証金をボゲに出してもらう。

要求すればするだけ思い通りにボゲが出してくれるので、調子に乗ったゴンスクは、同じ貧乏暮らしだったのにこんな金持ちになるのは不公平だと文句を言うと、ボゲは彼女を店で雇うと約束し、苦労はしたくないというゴンスクに楽な仕事をさせてあげるからと、すべて要求を聞き入れる。

監視画像のコピーがあるのではと不安でならないセラは、ボゲに直接確かめようと韓定に行き、貧乏そうな女性に礼をつくすボゲを偶然目撃する。

ソジョンの異常な執着に、ミョンソンは「兄を男として好きになってしまう妹もいるのよ」と禁断の愛を語り、「お母さんの友達を好きになることもあるんだから」と映画の話をゴヌ姉妹にあてはめる。

自分の幸せをきちんと考えてみると父に約束したソジョンだが、兄の結婚はどうしても受け入れられず家を出ていこうと荷物をまとめる。

いつもより早く帰ってきたゴヌは、そこまで反抗して結婚を認めてくれないのかと落胆し、気持ちの整理できないソジョンは、「妹じゃなくて女でいたい、女として兄さんが好きみたいだ」と告白する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「幸せをくれる人」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←61話     63話→

幸せをくれる人 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「幸せをくれる人」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

幸せをくれる人 アジアドラマチックTV

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆