韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ37話

幸せをくれる人

今回の韓国ドラマはこちら!
幸せをくれる人
さっそく37話をご覧ください
幸せをくれる人 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ37話

突然ジャギョンから、私が本当のママよと言われてもハユンは困惑し、彼女のことをジャギョンおばさんと呼ぶようになる。

目的を果たしたソクジンは、ハユンを実家に連れて帰るが、ショックを受けたハユンは、おばあさんの顔を見ても元気にならず、ハユンの好物ばかりボゲが用意していても、あまり食べたくない、とトッポギを少しかじっただけで、口を閉じてしまう。

「ジャギョンおばさんが僕の本当のママなの?」

突然の質問にボゲは戸惑い、「子どもの気持ちも考えず、話してしまったの?」とミスクが呆れると、「いつ話してもショックを受けるのは同じさ」とソクジンは他人事のようにつぶやく。

ソクジンはジャギョン側の言いなりになり、式の日取りまで事後報告されたボゲは、私は結婚式に出られるの?と息子を皮肉り、ハユンのことを考えず突っ走るソクジンに怒る。

大人たちの一方的な話よりも、優しいユリお姉ちゃんの説明が番ハユンには一番理解できる。

ママと一緒に家を出てからは、一度もパパに会っていないユリは、ハユンもきっと、このままママに会えなくなるよと説明し、ソクジンおじさんぐらいに大きくなれば会えるかもしれないと、ずっと先の話を聞かせる。

泣いてばかりいるハユンをソクジンは泣き虫だと言って叱り、お前はパパとママが愛し合って産まれた大切な子どもだと、大人の言い分を押しつける。

ウニのために弁護士を見つけたゴヌは、悲劇のヒロインぶっているジャギョンの嘘を暴くことが裁判の争点になると説明し、ハユンが法廷に立つようなことがないので、あればとウニは法廷闘争を受け入れる。

ハユンの気持ちに関心がないジャギョン母娘は、式場をどこにすべきか、結納は何をもらおうかと、損得勘定に必死になる。

食事もあまり口にせず部屋にこもっていたハユンは、高熱を出してしまい、ユリで同じことを経験しているミスクは、「ママに会いたい病よ」と率先してハユンの看病をする。

面倒なことが嫌いなソクジンは、ハユンの看病をミスクや母に任せて、自分は寝室でぐっすり眠る。

キム・ジャギョンの演技に騙された世間の人々は、実子に会えた彼女を応援し、ハユンの演技は母親譲りだったのかと二人を賛美する。

ウニに対しては、人の子を盗んだ恥知らずだとバッシングし、落ち目女優となっていたジャギョンの人気が回復すると、ソクジンとの恋愛は世紀のラブストーリーだと騒がれ、ジャギョンは、人気も結婚もすべてが手に入ったと喜ぶ。

スポンサーリンク

彼女は、ハユンが高熱を出したと聞いても、孫の世話を焼くのは義母の務めだと他人任せにし、調子良く、あなたのことは一度も忘れたことはなかったわ、とソクジンの誕生日を祝う。

キム・ジャギョンの人気はうなぎ登りとなり、ソジョンやゴヌが反対しても彼女をドラマ復帰させろとの世論は根強く、代役となる女優は、バッシングを恐れなかなか決まらない。

視聴率を考えたジョンフンは、ジャギョンを復帰させるべきだと訴えるが、ドラマ放送中に裁判が始まるため、ゴヌは、ウニが勝訴すればドラマは完全にこけると、ジャギョン復帰を反対する。

ソクジンの誕生日に顔合わせを計画したジャギョンは、まだ病み上がりのハユンを連れてくるようボゲに頼み、4人で外食する。

ジャギョンは、ソクジンのことを顎でこき使い、馴れ馴れしく「お義母さん」と呼ばれたボゲは、必死で耐え抜くが、苦しんでいるハユンのことなどお構いなし。

おままごとのように息子に料理を食べさせようとすると、ハユンはトイレに行きたいと言って部屋を出ていく。

お店の外に出たハユンは、どこに行けばママに会えるのか分からず、止まったタクシーに乗り、イム・ウニママのところへ行きたいと言って泣きじゃくる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「幸せをくれる人」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←36話     38話→

幸せをくれる人 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「幸せをくれる人」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

幸せをくれる人 アジアドラマチックTV

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ