韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ36話

幸せをくれる人

今回の韓国ドラマはこちら!
幸せをくれる人
さっそく36話をご覧ください
幸せをくれる人 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ36話

大人の事情で赤ん坊を捨てるような親にハユンを渡したくないとウニが訴えても、ボゲは実母でもないくせに他人の家族に構うなとウニに言い返し、そもそもジャギョンが嫌だからウニを嫁にしただけだと、ウニの存在を無視する。

養母の権利を主張してハユンを取り戻すことは簡単だが、通報しソクジンを訴えれば、ハユンに実母でないとバレてしまう。

息子を傷つけたくないウニは、それだけはしたくないと苦しむ。

ホン・セラが実の孫を捨てた監視カメラの映像など、母のでっち上げだと思ってミスクは、スカーフをかぶり、人目を気にしながら赤ん坊を捨てていく映像を見て、こんな恐ろしい人間が本当にいたのかと驚く。

きれい事を言ってもハユンに会うことができないウニは、息子を取り返すためなら何でもするとゴヌにメールを送り、覚悟を決める。

何も食べようとしないウニに元気を付けさせようとミョンソンは人間クーポンを呼び出すと、ウニは、ジャギョンの弟に気付き、彼の家にハユンがとらわれていると知る。

ママを恋しがり何も食べないハユンをどうしていいかわからないグァンスは、ウニたち二人に押し切られマンションに案内するが、彼女たちを家に入れれば修羅場は一目瞭然。

母親に逆らえないグァンスは、ハユンをこっそり連れ出してくるからとウニを公園に待たせる。

泣いてばかりいるハユンに「ママが迎えに来たよ」とこっそり連れ出そうとしたグァンスだが、母セラに見つかってしまい、ソクジンカップルにも止められる。

ハユンはママに会いたいと言って泣き続け、手に負えないソクジンは、小さな我が子を叱りつける。

ドラマのようには大人しくならないハユンにジャギョンは疲れ、我が子を放って自分の部屋に逃げる。

ハユンを大切に思っているボゲなら、あんな家族にハユンを渡せないだろうと、ウニは必死で訴えるが、我が子の人生だけを考えるボゲは、今度もまた、すがりつくウニの手を振りほどく。

ウニの幸せを3度も奪ったボゲは、昔のことを思い出し、夢の中に子どものころのウニ姉妹が出てくる。

ウナの誕生日を祝うためのケーキがウニの膝にあり、自分が建てたはずの屋敷に堂々と座っていた二人は、「ここは私たちの家よ」と使用人のパク・ボゲに食事を作るよう頼んでくる。

今頃 なぜこんな不吉な夢を見たのか。

ボゲは、自分が働いて買った屋敷がウニたちの物になってたまるかと、弱気になっている自分を奮起させる。

スポンサーリンク

ソクジンとジャギョンはラブラブの記者会見を開き、7年前に連れ去られた我が子を見つけることができたとイム・ウニを加害者に仕立てる。

世間の注目を得たジャギョンは、このまま結婚ということになっても、同居は絶対嫌だと言い張るが、ハユンを面倒みきれないソクジンは、母さんや妹家族がいるほうが楽だぞとジャギョンを説得する。

彼女をよく知るソジョンは、ジャギョンのインタビューを疑い「あの話が本当ならとっくに子どもを奪い返してるわよ」とインタビューを信じた父に反発する。

子どもを連れ去ったウニは、悪女として報道され、アパートの前には彼女に取材をしようと記者が押しかける。

ハユンに無関心なジャギョンは、我が子が食事を取らなくて気にも留めず、いまだに、あの子が私の子どもなんて信じられない、と自分の悩みを優先する。

大人たちがいなくなると、マンションを出たハユンは、「ママ、どこに行ったの」と泣いて歩き回るが、マンションの門扉の周りには報道陣が押しかけ、「本当のママに会った気分はどう?」と、小さな子どもに無神経な質問を投げかける。

ハユンを捜しに出たグァンスは「ママの声を聞かせてあげるから部屋に戻るんだよ」と、ハユンに言い聞かせ、こっそりウニに電話をかける。

ソクジンの実家に行くにしても、彼との結婚をハユンにごまかせないジャギョンは、「早く本当のことを伝えましょう」と一日中泣いているハユンに、自分が産みの親であることを伝える。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「幸せをくれる人」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←35話     37話→

幸せをくれる人 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「幸せをくれる人」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

幸せをくれる人 アジアドラマチックTV

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ