韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ33話

幸せをくれる人

今回の韓国ドラマはこちら!
幸せをくれる人
さっそく33話をご覧ください
幸せをくれる人 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ33話

ジャギョンの薬を買ってきたウニを引き止めたゴヌは、本部長室に彼女を案内し、自分が会長の息子であると正体を明かす。

ゴヌに呼ばれてきたミョンソンも、イ・ゴヌが会長のコネ入社だとからかい、財閥の友達ができたと大喜びする。

ドラマ部の局長もゴヌの素性は知らず、後継者訓練として監督をやっていたと聞き、背筋が凍る。

ジョンフンを秘書に就けたゴヌは、ソ・ソクジンとキム・ジャギョンの噂が真実かどうか調べるよう命じ、ドラマに影響を及ぼすような仲なら会社として進退を考えなければいけないと判断する。

ソクジンとジャギョンが抱き合っている写真が記者から送りつけられてくると、ソクジンは覚悟を決め、二人の仲を公表すると約束する。

ソクジンが戸籍上はまだウニと結婚していないと知ったセラは、これで不倫だと責められる必要もないと安心し、パク・ボゲ一人に罪を着せれば、二人は世紀のサブストーリーとして世間に受け入れてもらえると喜ぶ。

ギョンスンおばさんと一緒にミョンソンのマンションに転がり込んだグァンスは、居心地がいいので家には帰らず母の電話も無視する。

ハユンの存在をジャギョン母娘に知られてしまったボゲは、法的手段で解決しようとし、円満に暮らしている実父家族から、生母が子どもを奪い取れるものかと弁護士に相談する。

お母さんが弁護士に電話していると、ミスクは、芸能人相手に告発なんかすれば、遠い親戚まで探られ、過去もすべて明るみに出るわよと呆れる。

着替えを取りに自宅へ戻ってきたソクジンは、子どもたちにはプレゼントを渡し優しくするが、母には声も掛けず、きちんと話がしたいというウニを無視して出ていく。

結構合理主義なミスクでさえも、家族に尽くしてくれているウニを裏切るのは間違っていると兄につっかかるが、愛する女性とその彼女が産んだ子どもを守ってどこが悪いとソクジンは開き直り、この自体を招いた母さんに責任があり、残りの人間のことまで構っていられないと妻の存在を踏みにじる。

きれい好きのグァンスは、照明器具まで掃除し、神経質な男? ではなく繊細な人と言われ、舞い上がる。

母からの呼び出しをずっと無視していたグァンスは、「帰ってきたら、この時計をあげるわよ」とブランド時計の写真が送られてくると、これはまたとないチャンスだと喜び、いったん家に戻る。

グァンスが帰ったかと思うと、今度はデサンが訪れ、収入のないギョンスンに示談金だと言って今日の稼ぎを渡す。

スポンサーリンク

腰を痛め安静と言われたデサンがどうして出歩いてるのかとギョンスンは呆れ、「ご飯でも食べていったら」とぶっきらぼうに誘うが、何の仕事をやっているのか、汗まみれなデサンは、臭い体で部屋に上がれないと遠慮し、また今度ビシっとスーツに着替えて出直してくると言って帰っていく。

翌朝にはジャギョンの不倫記事が検索トップに挙がり、テレビ局やミスクの養成所でも大騒動。

朝から忙しくハユンの支度をしていたウニは何も気付かず出掛けていき、寝込んでいたボゲは、ホン・セラの来訪でたたき起こされる。

ソクジンを味方につけたセラは、二人の間には子どももいるのだから姻戚になるしかないわよと高飛車に構え、結納として、この家ぐらいの屋敷を用意してくれたらいいわよと、早くも注文をつける。

セラはウニが戸籍に入っていないことまで知っており、追い詰められたボゲは「あんたがハユンを捨てた証拠を公表してやるわよ」と、防犯カメラの映像が残っていることを教える。

セラが生後間もないハユンを汚い毛布に包み捨てたせいで、彼は生死に関わる大手術を受け、胸には痛々しい傷痕が残った。

ボゲは、娘の子どもを捨てた非道な母として公表されたくなければ、ソクジンを返しなさいとセラを脅す。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「幸せをくれる人」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←32話     34話→

幸せをくれる人 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「幸せをくれる人」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

幸せをくれる人 アジアドラマチックTV

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ