韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ24話

幸せをくれる人

今回の韓国ドラマはこちら!
幸せをくれる人
さっそく24話をご覧ください
幸せをくれる人 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ24話

念願のイ・ゴヌとお近づきになれたジャギョンだが、酔い潰れていたソジョンは目を覚ますとゴヌをうるうるの目で見つめ、ここまで兄に甘えるものかとジャギョンは二人の関係に妙なものを感じる。

ウニのやることが何から何まで気に入らないボゲは、彼女の作った料理にすべて駄目だしし、お手伝い以上にこき使う。

ゴヌを迎えにいったソジョンが酔い潰れて帰ってくると、いったい何をやっているんだと二日酔いの娘に説教するイ会長。

「私だっていつもパパの介抱してるじゃない」とジャギョンに甘えられると、会長は立場も忘れ大目に見る。

妹に酔い覚ましのスープを飲ませようとやってきたゴヌは、犬猿の仲の父と出くわすが、「結婚した女のことなんかもう忘れろ」と言われると、意外にも素直に父の命令に従う。

ウニの後釜にバイトを雇ったギョンスンだが、スープはこぼすし、いろいろとやらかしてくれるので、お客さんからは苦情の電話が鳴りっぱなし。

せっかくの料理を台無しにされたデサンは、「あんな目の腐ったやつは駄目だと言っただろ」とギョンスンに当たり、代わりに配達に行ってほしいと言われても、「俺は調理場担当のシェフだぞ」と、断固拒否する。

120万ウォンで弁償したセーターが実は偽物だったと分かると、近頃退屈していたミョンソンは、久しぶりにエネルギーが湧いてくる。

ハユンがソクジンに慣れるまでの間だけウニを家に置いておこうと考えたボゲは、彼女の婚姻届を許さず、ハユンだけソ家の戸籍に入れる。

ハユンと早く仲良くなるためにもボゲは息子と外食してきなさいとソクジンに勧め、なかなかパパと呼んでくれないハユンに、「おじさんのことをパパって呼んであげてね」と耳打ちする。

ソクジンがウニと三人で外食に出ようとすると、ボゲは、わざとエプロン姿で家の用事をすると言いだし、義母に仕事を押しつけられないウニが「私がやります」と言うと、「それなら任せるわ」とボゲはあっさりエプロンを外す。

ジャギョンのことを友達として信頼したソジョンは、先日のお詫びに一緒に食事をしようと誘い、兄が迎えにくると、彼女は、一瞬の隙なくゴヌの腕に手を絡め、恋人同士のように二人の世界に入る。

ソジョンの取引先からファックスを確認してほしいと連絡が入ると、彼女は仕方なくジャギョンたちを先に店に行かせる。

イ・ゴヌと二人きりになるチャンスを得たジャギョンは、彼のことをゴヌさんと親しく呼び、お近づきになろうとするが、そこへハユンを連れたソクジンが現れ、ゴヌおじさんと一緒に食べたいというハユンの望みで4人で食事をすることになる。

スポンサーリンク

今までのようにゴヌがハユンの世話を焼くと、ソクジンは、「パパが取ってあげるよ」と息子に語りかけ、他人のゴヌは遠慮するしかない。

母親は一緒じゃないのかとジャギョンが気にすると「ママはおばあちゃんに仕事をさせられているの」というハユンの言葉に納得し、あのソクジン母なら当然意地悪するだろうと面白がるが、ハユンのことを目に入れても痛くないほど可愛がっていると聞くと、ソクジンの子でもないウニの連れ子をどうして、あのパク・ボゲが優しくするのか疑問を持つ。

ハユンの大切なぬいぐるみを家に忘れてきたウニは、取りに帰ったついでにギョンスンおばさんの店に寄る。

ミョンソンも仕事から帰り、みんなで楽しく話に熱中していると、ウニの結婚式に出席したキムPDが、番組に出演しませんかと声を掛けてきた。

ドラマ監督と結婚した子役スター、イム・ハユンのママは、ちょっとした有名人。

『気分のいい1日』、朝の爽やかな番組にぴったりなウニに出演交渉するキムPDだが、彼の狙いはウニのゴシップ記事。

シングルマザーのウニが同郷の先輩を射止めるために子どもを利用したとPDは巷の噂を聞かせ、ソ監督と夫婦出演すれば、変な噂も払拭できますよとウニを誘う。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「幸せをくれる人」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←23話     25話→

幸せをくれる人 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「幸せをくれる人」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

幸せをくれる人 アジアドラマチックTV

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ