韓国ドラマ 浪漫ドクターキム・サブ あらすじ11話

浪漫ドクターキム・サブ

今回の韓国ドラマはこちら!
浪漫ドクターキム・サブ
さっそく11話をご覧ください
浪漫ドクターキム・サブ あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 浪漫ドクターキム・サブ あらすじ11話

キム・サブは、人質犯の要求を無視して手術を再開し、オ看護師長も彼の指示に従う。

鎌を振り回した男に脅される中、キム・サブは平然と手術を続け、彼のお気に入りの音楽まで流させる。

手術室に人質犯が立てこもったと知り、院長は、患者たちを安全な場所に避難させ、院内には特殊部隊が配備される。

手術室に電話がつながると、幼い娘の呼びかけに人質犯は動揺し、2時間かかる手術を要求どおり30分で成功させたキム・サブは、患者が脊椎を損傷しており、一生歩けず自分で用も足せない不自由な体になったと教えると、こんな男のために犯罪者になるなと諭し、手術室に人質犯と患者を二人だけ残して、スタッフ全員、部屋の外に出す。

男は復讐を諦め、家族が見守る中、警察に連行されていく。

キム・サブのおかげでけが人は出ず、こんなときでも冷静でいられるのかとソジョンは感心し、一つ間違えれば彼女が殺されていたかもしれないのにとドンジュは、キム・サブのことを最高の医師か大ばか野郎か判断つきかねる。

精根尽き果てたオ看護師長は、残りの勤務を放棄し、本院から来た看護師に任せる。

離婚までして彼女への思いを募らせるチャン室長だが、気持ちを知ってか知らずか、看護師長は彼の心配を聞き流す。

人質になってしまったソジョンは、キム・サブに謝りにいき、どこまでもお人好しなソジョンに、人の心配をしている場合じゃないとキム・サブも吹き出す。

強姦犯の手術中に、一瞬キム・サブの手が止まった時があった。

彼はなんでもないとごまかしたつもりだが、看護師長は硬膜縫合をしなかったのはなぜかと疑問を持つ。

時間がないからといって手を抜く人ではない。

側で見ていたト・インボムも、キム・サブの迷いを感じ取っていた。

人質犯の事情を知ったキム・サブは、彼の妻に明日病院に来るよう伝え、無料で娘の体を治してあげると約束する。

まともな宿泊施設もないトルダムでは、医師陣の宿泊所はヨ・ウニョン院長宅。

医局で寝ると言ってきかないドンジュを残して、チャン室長はト・インボムを院長宅に案内する。

一般外科と胸部外科、神経外科を制した神の手。

キム・サブは正義の人間なのか、それとも人体を切り刻むサイコパスなのか。

患者を助けるためとはいえ、ソジョンの命を見捨てたキム・サブをドンジュは許せないが「手術を中止していたら、状況はもっと最悪なものになっていた。」とキム・サブは結果が見えていたように余裕で答え、「俺が大事にするのは浪漫だ。」と彼の性格からは到底想像できないような言葉を口にする。

「仕事の仕方を学んでも意味が分からなければ医者としての価値はない。」

相変わらずドンジュを馬鹿にした笑みを浮かべ、キム・サブは救急室のベッドで仮眠を取る。

スポンサーリンク

ト・インボムと一つ屋根で暮らすことになったソジョンは、誤解を解こうと彼に接近するが、ソジョンを毛嫌いしているインボムは、まったく聞く耳を持たない。

先に寄宿舎を出たインボムを足早に追いかけたソジョンは、「母は愛人なんかじゃないわ」と、院長が大学時代の友人だと訴える。

ト院長が母に片思いしていた時期はあっても、当時、母は他の男性と付き合っていた。

二人は結婚し、ソジョンが産まれる前に父は失踪している。

ソジョン自身もト院長のことを父親だと思っていた時期もあり、彼女のことを「お前の姉さんだと思え」と紹介されたインボムは、ソジョンの言い訳がしらじらしく聞こえる。

おまけに血液型も二人ともB型。

いっそのことDNA鑑定をしようということになり、最初に言いだしたインボムが代金を支払うことになる。

バス停で意識を失い搬送された患者の息子がやってきた。

意識のない父親にわずかな望みをかけ、高額医療機器の使用に同意した娘。

助かる見込みのない父に、一生払いきれないほどの治療費を押しつけたと息子は怒り、勝手に処置をしたユン・ソジョンを詐欺師だと罵る。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「浪漫ドクターキム・サブ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←10話     12話→

浪漫ドクターキム・サブ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「浪漫ドクターキム・サブ」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

浪漫ドクターキム・サブ 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 七日の王妃