韓国ドラマ・パパはスーパースター・あらすじ14話

韓国ドラマ・パパはスーパースター・あらすじ14話

パパはスーパースター

今回の韓国ドラマはこちら!
パパはスーパースター
さっそく14話をご覧ください
パパはスーパースター・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・パパはスーパースター・あらすじ14話

末期がん状態の医者が執刀医となったと病院では大問題になるが、ミレが手術しなければ患者は助かっていなかったとウヒョクが責任をかぶる。

知らせを受けたヨルたちは病院に向かい、ベッドで横たわるミレを見守る。
ミレの症状を担当医から詳しく聞き出すヨルは、新薬でも可能性のある薬なら試したいと主治医に協力を求める。

ステントを入れ痛みの原因を一時的に除去できたミレは、約束の旅行に行くと言い張り、「君の病気は俺が必ず治してみせる」と頑固なミレをベッドに戻すヨル。

望みを持ち願いが叶わなかったときが恐ろしいからミレは治療を諦め楽になろうとするが、彼女を憎むにも愛するにも生きていなければ何も始まらないヨルは1%の可能性を求めミレを助けようとする。
「君の運命は俺が握る。何ものにも邪魔させない。」

医者として誰よりも体の状態が分かるミレは、「今、旅行がしたい。今でなければ、もう行けないかもしれない」とヨルに懇願する。

「最高の医者なら奇跡を起こせ」とヨルに詰め寄られたノ教授は、諦めた患者に唯一望めるのは本人の意志。
患者が生きたいと心底願ってこそ治療することができると話し、がん患者にとって一番危険な寝たきり状態を避けるために、治療中であっても動けるかぎり動くべきだと助言する。

全ての時間をミレのために使いたいヨルは球団に辞表を提出し、宿敵オム・ギテに「他人と比べるより自分らしく勝負しろ」と最後の言葉を贈る。

1軍コーチ昇進間近のヨルが、ミレの治療拒否で自暴自棄になりクビ寸前だとサンヘから聞かされたミレは、”貞子”(若い人は知らないかなあ)のようにボサボサの長髪で顔を隠し病院から抜けだそうとする。

前後左右ミレがどんな格好しようが彼女だと見破るウヒョクは、主治医の許可なく外出する彼女を捕まえるが、ミレに隙をつかれ蹴っ飛ばされる。(お姉様に勝つには10年早い)

コーチ妻の集まりにやってきたミレは、大量のお総菜をタッパーから取り出すが全ては店で買った物。
こういうときでも貢ぎ物を忘れないミレは、仁寺洞のギャラリーで買った、タイガーの絵をギテ妻に贈り、ヘッドコーチに口添えしてほしいとお願いする。
「今度こそ本物の絵ですわ奥様」

男の裸など飽きるほど見ているミレは、球団更衣室に堂々と入り、お着替え中のリュ選手に「復帰させてあげたお返しに協力してほしいの」と泣き落とし。

ハン・ヨルの進退は運営会議にかけられ本人の意思を尊重すべきだと短絡的なGMに、オム・ギテが待ったをかける。
「誰だって病気になる可能性はあるんです。もしも自分の家族が死の病に伏したら守りたい。このチームも ある意味家族ですから」
ギテの熱い主張にも決断しかねるGMは「結果は球団首脳陣と話し合って決める」と先延ばしに。
そこに現れた妻の鏡ミレ。
化粧っ気のない彼女を見て、すぐには誰だが気付かないGM。

スポンサーリンク

ミレの熱い思いに動かされたリュ選手は「リハビリの成功はハンコーチのおかげです。ハンコーチが辞めるなら俺もトレードします。家族の看病を理由に解雇するようなチームは御免だ」人気エースを失いたくない幹部陣は震え上がる。

GMの前に置かれたヨルの辞表を見つけたミレは、一目散にダイビング。驚くGMの前で辞表を破り捨てる。
「彼の1日も早い復帰を闘病中の、この私がお約束します。命をかけて!!」

がんにかかろうが性格まで変わらないミレは、決死の大芝居をうち、彼女を見守っていたサンヘは、計画通りにミレが生きがいを取り戻したとヨルに報告する。

季節の変化に気付く時間もなかったミレは、いつの間にか訪れた春の日差しに自分のガンももしかしたら治るのではと期待してみたりして。
しかし、新薬も抗がん剤もミレの症状に有効な治療が望めず、彼女を助けることのできない病院にいても仕方がないとヨルはミレを退院させる。

家族水入らず旅行のはずが、ミレの体を心配したウヒョクは、主治医の名目で引率し友達のサンヘは、とにかく一緒に行きたいから付いていく。

山の中腹にある宿泊施設では、ゴーカートに乗り、ゲームで遊び大はしゃぎのサラン。
罰ゲームでウヒョクたちが食事を作っている間、ミレは自然の空気を肌で感じ木漏れ日の眩しい山道を一人で散策する。
ツツジの花が美しく水面の光に目を細めるミレ。命が芽吹く春の光に、なぜ自分の命は消えてしまうのか。

崖っぷちで満開に咲いているツツジを不思議そうに眺めるミレ。
彼女を探しにやってきたヨルは「諦めずに環境に打ち勝ったんだ」と崖に咲くツツジをたたえる。
がんの最高医であるノ教授から教わった特殊な治療法をミレに紹介するヨル。
理論的には可能でも、症例の少ない治療法にミレの気持ちは動かない。
わずかな希望が無残に破れたときの絶望感を医者であるミレは何度も経験しているから。

夜は花火を満喫し、疲れ切ってクタクタのヨルは、サランを抱きしめ眠りにつく。
夜中に起き出したミレに気付いたヨルは、夜風にあたる彼女の側に行き、「膝枕してくれ」と甘える。
柔らかなミレに包まれ、幸せな眠りにつくヨル。
「安心したわ。一番いい思い出の中で眠りについてくれたのね」治療を諦めたミレは、大好きな家族から別れることを決意し、姿を消す。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「パパはスーパースター」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←13話     15話→

パパはスーパースター あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 雲が描いた月明かり

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ