韓国ドラマ 王になった男 あらすじ27話+28話 感想とネタバレ

た坊助た坊助

訪問ありがとうございます、管理人た坊助です!
今回は王になった男のあらすじや感想をネタバレ込みでお届けします(^^♪

具体的な内容はこちら、はいドーン!

このページで楽しめる内容
  • 27話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 28話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 前後のお話も見たい方へ 各話のリンク
たぼ美たぼ美

ここからは、たぼ美がレビューしていきます!
それではさっそく27話のあらすじからお楽しみください!

王になった男 あらすじ27話

「命が惜しければ正直に答えろ」

脅迫されたダルレは、「お兄さんはこの世にいない。とっくに死んだ」と答える。

子どもをこのような場所に置いていてはいけないと都承旨が助け船を出し、ハソンは、チョ内官にダルレを連れていくように命じる。

たぼ美2

もう少し小さい子なら、状況も分からず「お兄ちゃん」とか言っちゃうかもしんないけど、この状況で正体バラすわけないよね。

シン・チスは、道化に騙されるなと叫び、晋民君に助けを求めるが、王は「晋民君もグルなのか」と問い、シン・チスを孤立させる。

スポンサーリンク

シン・チスを逆賊として裁かれることになり、証人として、死んだはずのキム尚宮が連れてこられる。

たぼ美2

どうやって助けたのかしら。
彼女の身代わりに誰かが死んでるの?

王様の胸の傷を調べようと薬を盛ったキム尚宮。

悪事がバレた彼女を、黒幕を調べるためにシン家に行かせたところ姿を消したと都承旨が状況を説明する。

キム尚宮は、シン・チスの命令で、王様が本物かどうか調べ、王様にうり二つの道化がいるという話も彼がつくりだしたものだと証言する。

シン・チスが王様の肖像画を使って似顔絵を描かせ、口封じのために絵師は殺されたと証言する。

たぼ美2

シン・チスの読みは当たっていたんだけど、まったく証拠がないのよ。

さらにキム尚宮は、王様の寝殿で幻覚を起こす薬を焚くようにシン・チスに命じられたと述べ、宣化堂の毒薬事件も、王妃を失脚させるため、御医や女官を買収しパク尚宮が宣化堂を呪ったとウソの告発をさせたと証言、その後、シンはパク尚宮を殺せと命じたと大妃の罪まで彼に着せる。

ハソンは、シン・チスが自白するまで拷問を命じ、最後まで罪を認めないシン・チスに刑曹判書が法にのっとり斬首系に処すべきだと進言する。

ここまでの悪事がバレたら、もう誰も助けようがない。
とにかくシン・チスとのつながりを断とうと必死でしょうね。

宣化堂は、おじさんに騙されていたとは信じられず、最期にひとめ会いたいと刑場にやってくる。

毒を飲まされていたと知っても、まだ慕ってくれる宣化堂に、シン・チスは、「私の大事にしている盆栽に隠してあるものを大切に持っていろ」と、最後の望みを託す。

たぼ美2

弟を無実の罪で殺してしまったイ・ホン王が生涯苦しんだように、ハソンも人を殺してしまえば、この罪悪感に耐えることができるのだろうか。

シン・イギョムが襲われた件も王様が直接取り調べることとなり、広場に罪人カプスが連れられてくる。

我が子のように大切にしている娘をシン・イギョムに暴行された。

民が両班を襲えば鞭打ち80回の刑だと大名律に記載されていたが、ハソンは、状況をかんがみ、水軍の雑用係をするようにと、かなり軽い刑を与える。

その時まで王様の尊顔を直視したことがなかったカプスは、こっそり王様の様子をうかがい、ハソンにそっくりだと息をのむ。

たぼ美2

せっかくダルレが守り通した秘密。
余計なこと口にしちゃ駄目よ。

若い娘を犯した罪は、被害者が良人であれば死刑なのだが、両班 対 平民では該当せず、シン・イギョムは無実だと言い張る。

イギョムに復讐するため力を欲したハソンは、民が不条理な思いをした際に王命で法をつくった前例があると言い、シン・イギョムに刺字刑、顔に罪名を刻む刑を即時執行する。

たぼ美焦

このままでは暴君になってしまう。
大丈夫かな。

ハソンは、自分が生まれた土地、羅州務安(ナジュムアン)県の水軍にカプスを行かせ、誰にも見られない部屋で叔父さんと会い、王命により、王様のふりをしていると正体を明かす。

復讐を果たしたハソンは、もっとすがすがしい気持ちになれるかと思っていたが、心に重くのしかかる何かが気分を沈め、都承旨は、せめてもの救いだと憂慮する。

27話の感想

たぼ美たぼ美

法律が間違っていれば、どんなに大変であっても、その法律を変える努力をしなきゃいけない。
ハソンの場合、完全に感情で人を裁いている。
これが行き過ぎると、結局 イ・ホン王と変わらないことになってしまう。

王になった男 あらすじ28話

刑が執行されるまでの間シン・チスは牢に入れられ、なんとしても生き延びようと、看守を買収し、晋民君を連れてきてもらう。

たぼ美2

晋民君って優柔不断。
斬首刑が下されたシン・チスに、まだ力が残っていると思ってるの?

王様の治世を安泰にさせたいと願う王妃は御子を望み、医女の診察を受ける。

スポンサーリンク

王妃の脈は弱く、浅く速い。

机の上にあった百花茶を見て、医女は茶葉の成分を調べたいと申し出、内医院から出されているものだと言われても、念のためにと茶葉を持っていく。

たぼ美2

ようやく大妃の悪巧みがバレる時が来たかな。
でも、王妃様、ハソンの子どもを欲しがるってことは、王家の血を引かぬ者に玉座を継がせるってことでしょう。
そりゃ、あかんよ。

シン・チスの処刑日は、今月末日に決まる。

王と王妃に危害を加えたキム尚宮の罪は大きかったが、極悪人キム・チスの罪を明らかにしたということで鞭打ち40回、奴婢の身分に落とすという寛大な処置が下る。

都承旨は王妃の父、府院君ユ・ホジュンについて、彼の謀反は濡れ衣だと訴え、謀反を告白したクの尋問記録を元に再調査したいと言い出す。

ユ・ホジュンが復権してしまっては大変だと晋民君が反対するが、ハソンは、どちらの言い分が正しいか朝廷で論議せよと中立の立場を示す。

弁論にたけている都承旨に晋民君が勝てるはずがなく、臣僚たちは、王様が都承旨の味方をしたのだと政局を見極める。

たぼ美2

戦う前から諦めなくても、勝負してみたらいいのに。

父の謀反が、もう一度調べ直されるという吉報が入った一方、王妃は、3カ月間飲んでいた百花茶が不妊を誘発する物だったと言われ、すでに子どもを産めない身体になっていると聞き、今の時期に騒動を起こしたくないと、王様にさえ内緒にする。

たぼ美2

不妊になっても、まだ若いから、別の薬草とかで治らないかな。

王様は偽者だと訴えても信じてもらえないなら、今度は王様そのものを弾劾すればいい。

シン・チスの最後の切り札は、都承旨が後金に送った密書。

後金のスパイから密書を奪い取ったシン・チスは、王様が後金と密通していたという証拠があると晋民君に教えるが、シン・チスの屋敷からは、何も発見されず、晋民君は、半信半疑で身の振り方を悩む。

たぼ美2

こういう中途半端な男は、結局出世できないのよ。
極悪人シン・チスのほうが、まだ潔いわ。

伯父の言うとおり盆栽に隠してあったものを手にした宣化堂は、王様の密書をどうすればいいかと決心がつかないでいた。

府院君の無実が証明されると、喜びの報告をしても王妃様の顔は晴れず、何事かとハソンは心配する。

理由を聞いても答えぬ王妃に代わって、ハソンはエヨンを問い詰め、百花茶の件を知る。

犯人捜しをしたくないという王妃の言葉に、ハソンは、大きな力が働いていると確信し御医を問い詰めると、黒幕は大妃様、王妃を静養に行かせ害そうとしたのも大妃だと判明する。

たぼ美2

ようやく証拠をつかめた。これで大妃を追い出せるかな。

ハソンは百花茶を持って大妃殿に行き、怒りをぶつけると、大妃様を廃妃にしてやると怒鳴りつけるが、今は怒りを静めなければいけないときだと都承旨が必死で止める。

スポンサーリンク

大妃の勢力は、朝廷でもかなりの力を持っており、それを全部敵に回しては、王様とて勝てるはずがない。

都承旨は、府院君が復権し、すべての根回しが済むまで、軽はずみな行動をしては危険だとハソンを止める。

たぼ美2

なるほどね、悪事を働いても、大妃様が生き延びられたのは、そういうことか。

都承旨は翌朝すぐに流刑地に向かったが、府院君は、何者かに胸を刺され息絶えていた。

ハソンは、子を産めないことで落ち込んでいる王妃様を励まそうと外に連れだし、美しい海が見える場所に連れていく。

春は野原へ花見にいき、夏は一緒に夕立を浴び、秋はハシバミの実を拾いに山に行く、そして来年の冬は、この海ではなくかわいい雪だるまを作ろうと未来を語り、この先もずっと寄り添って生きていこうと約束する。

28話の感想

たぼ美たぼ美

このお二人が仲良くデートしてるときに限って、いつも大変なことが起きている気がする。
幸せの絶頂にいるときに、お父さんが殺されていたと知ったら、王妃様、やりきれないだろうなあ。

王になった男 あらすじの続き 一覧

「王になった男」前後のお話はこちらから

←25~26話     29~30話→

「王になった男」各話の一覧はこちらから

『王になった男』各話のあらすじ

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「王になった男」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

王になった男 amazon

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆