韓国ドラマ 適齢期惑々(わくわく)ロマンス~お父さんが変 あらすじ最終回

お父さんが変

今回の韓国ドラマはこちら!
適齢期惑々(わくわく)ロマンス~お父さんが変
さっそく最終回をご覧ください
適齢期惑々(わくわく)ロマンス~お父さんが変 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 適齢期惑々(わくわく)ロマンス~お父さんが変 あらすじ最終回

最近はどこに行っても再審請求の話で持ちきり。

イ・ユンソクは素晴らしい娘を持ったと評判で、義母ボクニョは鼻高々。

自慢の嫁とも、いい感じで仲良くなれたのに、卒婚阻止の条件として息子夫婦の別居を認めてしまった彼女は、もうすぐヘヨンたちとお別れだとさみしがる。

銀行から3割融資を受け、ヨンシクは自分のピザショップを持つ。

来年高校進学のミンハは、早くも部長というポストをもらい、父のサポートをする。

ラヨンが出演する度、GB商品は完売となり、「まさに天職かもしれない」と図に乗る。

番組が終わると会長から呼び出しの電話がかかる。

また何か難癖つけるのかと身構えるラヨンだが、ラヨンとセットで現れた息子に、パク会長は辞表を突き返す。

就職活動中のラヨンを広報部にスカウトした会長は、我が社は福利厚生が充実しているとアピールし、ラヨンが希望するMC教室にも通わせてあげると、破格の条件を出す。

マーケティング能力のおぼつかない息子には、ラヨンから学ぶように命令し、二人の交際を認めると、将来的に結婚を考えてもいいと寛大な態度を見せる。

勉強嫌いの末娘が大企業に入れるとは夢にも思っていなかった両親は、夢のようだと喜ぶ。

独身主義社だったジュンヒは、ミヨンとの結婚を決め、彼女との関係を公表しようとするが、プロポーズされたミヨンは、ブレーク中の彼を心配し、発表するのはもう少しだけ待ってほしいとお願いする。

でも、プロポーズはもちろんOK。

かわいいリングをジュンヒにはめてもらったミヨンは、星空の下、幸せのキスを交わそうとするが、開いていた扉から兄妹たちがのぞき見しており、いいところを邪魔される。

兄妹にバレてしまったので、この機会に両親にも許しをもらおうということになり、ジュンヒはミヨンと結婚したいと、ユンソク夫婦に頭を下げる。

偽父が義父となり、ジュンヒを養子にまで迎えたいと考えていたユンソクは、「父親のような義父になるよ」と、ジュンヒを抱きしめ、二人の絆は深まる。

仕事中心で、自分の時間を侵されたくないヘヨンは、結婚に不向きな人間だと思っていたが、あり得ないような突発事件が起こってもジョンファンの優しさは変わらなかった。

「私が私であることを支えてくれるのはチャ・ジョンファンだけ。」

ヘヨンは、自分から逆プロポーズし、用意していた指輪を見せる。

彼女にプロポーズしようと思っていたジョンファンも指輪を用意しており、二人は両手に指輪をはめる。

結婚インターン制はヘヨンの提案だったが、今度はジョンファンが結婚更新制を提案し、いくつになっても緊張感を失わない結婚生活をしようと、二人のスタイルを決める。

ピョン家改めイ家の男性陣は、未成年のミンハも含め、全員真っ黒のサングラスをかけ銭湯に向かう。

女性陣は、女風呂が修理中だったので、自宅でラヨンのヨガレッスンを受け血液循環をよくさせる。

ジョンファンが企画した新番組『結婚インターン制』は視聴率11.3%と評判もよく、同時間帯トップ!

明日の式を控え、愛妻家のユンソクは、今でも花婿になるように気分がウキウキしていると喜ぶ。

式にはパク・チョルスも招待されイ家の一員に。

今回はボクニョもTPOをわきまえ、奇抜な衣装は避けて、夫婦品よく現れる。

今日の司会は、スター、アン・ジュンヒ。

家族の中では、下っ端の彼が新郎新婦入場を告げ、ウエストはなくても、きれいなウエディングドレス姿のヨンシルは、新郎ユンソクにぴったり寄り添い腕を組んで入ってくる。

スポンサーリンク

誓いの言葉は、父親放棄宣言。

イ・ユンソクは、愛する妻ヨンシルの男として生きたいと、当分の間、父親であることをやめる。

ヨンシルも、もう十分子どもたちに尽くしたと母親業を引退。

二人でやりたいことだけをやろうと約束し、何度生まれ変わっても、あなたと結婚すると誓いを立てる。

最高の結婚祝はなんといっても、イ・ユンソクの裁判。

難関と言われた再審請求は認められ、イ・ユンソクの再審が決まる。

アン・ジュンヒは、ドラマミニシリーズの単独主役に抜擢され、CMでも起用したい俳優1位に。

記者陣に対して傲慢だったジュンヒは、裏表なく真正直な態度に戻り、本部長の反対を押し切って、3カ月後に元マネージャー、イ・ミヨンと結婚すると、特ダネ提供する。

イ・ヘヨンは、難しい再審請求を実現させた美女弁護士だと引っ張りだこになり、彼女に頼めば再審請求が通ると、猫も杓子も依頼にやってくる。

弁護士業をステータスと考えていたヘヨンは、正義の弁護士となり、やりがいを見つける。

父母業を卒業したイ・ユンソク夫婦は、二人だけの時間を楽しむため、“旅する食堂”と書かれたトラックに乗り出発する。

行き先は、気の向いたまま。

初心者イ・ユンソクの運転でなかなかスリルはあるが、半世紀近くたってやり直す新婚生活は初々しく心は青春。

~ 完 ~

「適齢期惑々ロマンス」はたぼ美が担当しました(*´▽`*)
あなたの感想等もコメント欄からお聞かせくださいね(^^)/

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「適齢期惑々(わくわく)ロマンス~お父さんが変!?」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

適齢期惑々(わくわく)ロマンス~お父さんが変 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「適齢期惑々(わくわく)ロマンス~お父さんが変!?」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

wowowオンライン 適齢期惑々ロマンス~お父さんが変!?

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ