韓国ドラマ お父さんが変 あらすじ39話

お父さんが変

今回の韓国ドラマはこちら!
お父さんが変
さっそく39話をご覧ください
お父さんが変 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ お父さんが変 あらすじ39話

クラシックの演奏会も高級レストランもあまり好きではないラヨンは、デートに集中せず携帯ばかり気にしているチョルスに腹が立つ。

食事に手を付けず店を出てきたラヨンは、携帯の相手がヨンヒと聞き、デートのことを人に相談しなくても、二人で決めていきたいと堅苦しいデートが苦手なことを伝える。

手をつなぐことは自然とできるようになっても、まだまだキスするのはオドオドしているチョルスに、ラヨンは自分から背伸びしてキスし、彼女が油断したところを、チョルスは抱き寄せキスをする。

「君の唇はゼリーみたいだ。」

くさいセリフもイケメンチョルスなら許せる。

ラヨンは思わず笑い出し、自然体の二人に戻る。

高校時代のコーチの引退式に行ったミヨンは、チン・ソンジュンに会い、二人で話しているところをネットに写真が流出する。

妹が非難される記事を見て震えたジュニョンは、ジュンヒに助けを求める。

ソンジュンファンからは既に悪質なコメントが寄せられ、危険を感じたジュンヒは、記事を削除してくれと週末にもかかわらず本部長に掛け合い記事を消してもらう。

たかがインターンの記事に、過剰に反応するジュンヒを本部長は疑う。

すぐに社に戻れと呼び出されたミヨンは、チン・ソンジュンの車に乗せてもらい会社に戻ってくる。

面白くないジュンヒは、自分のことばかり考えるなとソンジュンに怒り、非難されるのはインターンなんだとミヨンを連れてかえる。

心配したジュニョンは、ミヨンが帰ってくるまで家の前で立ち、「俺も兄だから心配した」とジュンヒに言われ、ミヨンも何となく彼の気持ちを理解する。

友達はほとんどおらず、夫も愛妻家ではない。

娘もいなければ、気の合う嫁に期待していたボクニョは、理想とはかけ離れたヘヨンをどうしても認めたくなかった。

それならヘヨンが絶対受け入れられない提案をして別れさせようとしたが、息子夫婦と同居したいというボクニョの願いに、ヘヨンはあっさり「いいですよ、2階に住めば結婚を許してくれるんですね」と承諾する。

話はトントン拍子に進み、家族顔合わせの日。

金持ちであることをアピールしたいボクニョは、暑さを我慢し、毛皮のコートで店に行く。

衣装で勝負できないヨンシルは、メイク達人のラヨンに顔を作ってもらう。

ピョン家の一員となったユジュも、職場から義母に合うスーツとアクセサリーを持ち帰り、ここ一番勝負に勝てるように任侠道、姐さんスタイルに創り上げる。

先に席についていたボクニョは、ピョン家がやってきても立とうとせず、夫たちに促され、しぶしぶ挨拶をする。

「度胸と信念、美しさと実力を兼ね備えた立派な娘さん」とギュテクが褒めまくると、調子にのったヨンシルがヘヨンの自慢を始める。

スポンサーリンク

家庭教師も付けずソウル大学に入学 司法試験も2年で合格。

職種では負けてしまうボクニョは、料理を注文しないのかと水を差し、気を使ったハンスがジョンファンを褒める。

何を言ってもお互い気に入らない者同士、一触即発の危機。

おいしい料理を食べても、支払いでもめ、ジョンファンカップルがなんとか収めるが、挙式を行わないという話に祝儀を期待していたボクニョは食いつき、スモールウエディングにしたいという二人に大反対する。

無駄なお金を節約し実用的に使いたいというヘヨンの意見は無視され、我が家の各に合った婚礼家具や持参品が欲しいというボクニョにギュテクが呆れ、同居するから家具は必要ないとしゃべってしまう。

ジョンファンとの約束で、別居前提で結婚を許可したヨンシルはプッツン。

婚姻届をすぐには出さないとう話に、ボクニョは、別れても慰謝料が要らないわねと喜ぶ。

ここまで来ると、もう誰も二人を止めることができず、両家物別れとなり、怒ったジョンファンは、「もう、親せきにならなくてもいい、家を出てヘヨンと結婚するから」と言いだし、品がなく、狭量で短気な母に幻滅したヘヨンは、「一生 結婚しない。でも、男とは付き合い同棲もするけど、結婚話が出ればまた別れるわ。」と人生、投げやりになる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「適齢期惑々ロマンス~お父さんが変!?」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←38話     40話→

お父さんが変 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「適齢期惑々ロマンス~お父さんが変!?」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

wowowオンライン 適齢期惑々ロマンス~お父さんが変!?

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー