韓国ドラマ お父さんが変 あらすじ14話

お父さんが変

今回の韓国ドラマはこちら!
お父さんが変
さっそく14話をご覧ください
お父さんが変 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ お父さんが変 あらすじ14話

朝の最悪な気分を抑えて、ジョンファンにウナギを持ってきたヘヨン。

ちょうどランチを買いにいこうとしていたヨンジは、二日酔いのチャ先輩がウナギなんか食べられないとオフィスワイフぶりを発揮し、チャ先輩はうかれている場合じゃないと、彼の番組が打ち切られたことを明かす。

ポーカーフェイス ヘヨンは必死で動揺を隠し、「彼の側に理解する人がいてくれて安心だわ」と余裕の受け答えをするが、どうしてヨンジからこんなことを聞かされなきゃならないのか。

ジョンファンをカフェに呼びつけたヘヨンは、楽しみも苦しみもすべて分かち合う覚悟で同棲を決めたのにと怒り、「君を失望させたくなかった」というジョンファンに、「顔に惚れたんだから能力は関係ないわ」と、ジョンファンを笑わせる。

平日だけ寝泊まりするという独立も、親にとっては娘を嫁に出すような気分。

一人ではまともな食事もしない長女のために、取り置きできるたくさんの惣菜を作り、ヘヨンの車に積み込む。

友達が気を遣うからと、両親とはマンションの入口で分かれたヘヨンは気が重く、いつまでも車に乗ろうとしない両親を振り返る。

祝クルミ(ヘヨン)歓迎!!

ジョンファンの部屋に入ると、まっさらなペアのスリッパが用意され、部屋は赤、白、ピンクの風船で埋め尽くされていた。

おそろいのパジャマにマグカップ、テーブルの上には”急な出張が入ってあさっての夜に戻る“とジョンファンのメッセージが残されていた。

寝っ転がってテレビばかり観ていても、体はなまり、運動しようとテブに呼び出しかけると、最近チーム長に出世した彼は会議中で忙しいと電話を切ってしまう。

雑用に使えるのはインターンのミヨンだけ。

“ジムに行くから掃除しとけ”

三日ぶりにご主人さまから連絡が来たミヨンは、ガッツポーズではりきり、床掃除から飲み物の用意まで準備OK。

ジュンヒが筋トレを始めると、彼の力任せなトレーニング方法がミヨンは気になって仕方がない。

「そのやり方では、手首をケガしてしまいます。」

運動部経験者というミヨンに難癖つけられブチ切れるジュンヒだが、ケガすると言われると無視するわけにもいかない。

確かにミヨンの言うとおりにやると、腰や間接にかかっていた負担が軽減され、なるほどいい感じと、気付いてみればミヨンのペース。

ジュンヒのマンションに行ったときに、彼が毎日弁当を取っているのを知ったハンスは、ジュンヒの好物を調べ、彼のためにお弁当を用意するが、ハンスからの物だと知ると、ジュンヒは、廊下に置いたまま食べようとしなかった。

一日に何時間もお笑い番組を見ている妻と囲碁番組趣味のギュテクは、大人げなくチャンネル争いを始め、妻と同レベルの義姉が訪ねてくると、あまりにも低俗な下ネタ話にギュテクは逃げていく。

ユジュにどうやって謝ったらいいんだろうかとジュニョンが彼女のマンション前で待っていると、胃炎で苦しんでいたユジュは気絶してしまい、死ぬんじゃないかと慌てたジュニョンは彼女を背負って病院に担ぎ込む。

空腹のために胃けいれんを起こしたユジュは、病院で大騒ぎするジュニョンを見て、怒りも収まる。

公務員試験はあさって。

痛みが治まったユジュはマンションに戻り、まずは試験に集中してほしいとジュニョンに頼む。

試験が終わったら二人のことを両親に話し、お腹が目立つ前に結婚したいというユジュ。

嘘をついていた僕を許してくれるのかとジュニョンは、天使(ユジュ)を抱きしめ、必ず試験に受かってみせると約束する。

出張から戻ったジョンファンは、気が早くパジャマに着替えてヘヨンの帰りを待っていた。

スポンサーリンク

最初が肝心。

シャワー、ベット、食事よりもまずはアジトのルール決め。

両家の両親を完全にシャットアウト、家賃と生活費は折半。

ジョンファンは要らないというが、強い立場でいたいヘヨンは、きっかり半分同額を通帳に入れれ、共同で使うと宣言。

料理、掃除、洗濯すべてジョンファンは、任せておけと、細かい取り決めよりも新生活スタートを祝おとするが、明日は兄の大切な試験日なので、パーティーはお預け、ヘヨンは実家に戻る。

ミヨンは幸運のお餅、ラヨンは合格チョコレート、お金のあるヘヨンはブランド物の下着を贈り、兄の合格を祈願する。

毎日お弁当を届けても、ジュンヒは一切、手を付けず、ハンスは手つかずのお弁当を入れ替える。

数日ぶりにやってきたテブは、弁当の事情を知らず、デリバリーで届いた物だと思い込み、ジュンヒの朝食を並べる。

美味しく食べた後に、ピョン・ハンスの弁当だと知ったジュンヒは、「食べるな!」とテブに怒るが、もうかなり食べちゃったあと。

弁当ぐらいがなんだと、開き直り、ジュンヒは好物のイイダコを平らげる。

試験は終わり、結果はまだ出ていないが、ユジュのことをまず両親に報告しなければと家に帰ると、叔父さん家族も集合し、今夜はジュニョンの、お疲れさま会。

ハンスが奮発して国産牛を買ってきたので、みんなおいしく肉をつっつくが、これから待ち受けている大災難を知っているヨンシク夫婦は義兄夫婦を気遣い、焼けた肉を二人にまず食べさせる。

家族だけでなく親戚一同いる中で、まさか浪人中に子作りしていたとは言い出せず、ジュニョンは彼女との約束が守れずユジュの電話を無視する。

気弱なジュニョンに任せておけないと奮起したユジュは、翌朝早くアッパ食堂を訪れ、「初めまして、お義父さま」と自己紹介し、ジュニョンの子どもを身ごもっていると打ち明ける。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「適齢期惑々ロマンス~お父さんが変!?」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←13話     15話→

お父さんが変 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「適齢期惑々ロマンス~お父さんが変!?」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

wowowオンライン 適齢期惑々ロマンス~お父さんが変!?

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー