韓国ドラマ・熱愛・あらすじ46話

熱愛

今回の韓国ドラマはこちら!
熱愛
さっそく46話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、熱愛・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・熱愛・あらすじ46話

セギョンからの連絡でニュースを見たムヨルたち家族は、カン・ムンドが前会長との経営権争いでハン理事一家死亡事故に関与、殺人の嫌疑がかけられている、との報道を見る。
 父親の逮捕を見て、ムヨルは言葉少なくユジョンを送っていく。

ウンスクは父親を告発し傷ついたムヨルを見て、ムンドの言った通り、ムヨルではなく自分が彼の罪を暴くべきだったと、彼に言われた言葉の本当の意味に気づく。

ユジョンは自分のために父親を告発するという辛い選択をしてくれたムヨルに感謝し、ムヨルは自分の中に流れる父の悪い血に怯える。
「あなたの側にいると回りの者は安らぐのに。」とムヨルを慰めるユジョンに「もし僕の気持ちが変わっていなかったら どうする?」と彼は気持ちを打ち明ける。
カン会長夫婦逮捕のニュースを見てムヨルの所に来たセギョンは彼の告白を聞き、僅かな望みも捨て去る。

家の中は荒らされ、無茶苦茶になった書斎でムニは兄を想い、一人うずくまる。
ムンドの逮捕を聞いたジョンヒョクはムニを心配し、彼女を助けに来る。彼女は「誰もいなくなってこわい。」とジョンヒョクにしがみつき泣いてばかり。温かい飲み物を飲ませムニを落ち着かせたジョンヒョクは「今まで助けてもらったお兄さんを、今度は姉貴が助ける番ですよ。」と励ます。

ユジョンの離婚を心配していたスボン夫婦は、カン夫妻逮捕のニュースで初めて真相を知る。 離婚届をまだ出せていないユジョンは、宛もなく行方をくらませたスヒョクを心配する。

港町にいたスヒョクは酒に溺れ、朝から酔った状態で食堂の客に絡む。

ジョンヒョクから力をもらったムニは、じっとしていられない、とカフェに出勤し兄を助けていくにはバリスタの免許をとる と真っ黒な出で立ちで現れる。
 ウンスクが出勤してこないペクを心配すると、彼は亡くなった元妻の葬式に行ったと聞かされる。

刑務所に入れられたナンチョは相部屋の囚人と揉め、発狂して気を失う。

発作を起こしたナンチョが病院に搬送されたと聞き、ムニは急いで駆けつける。
 病院からの連絡でユジョンも呼ばれ、ナンチョを見舞う。 ナンチョはアルコール性認知症と診断され、辛い記憶を消す防御反応として病を発症したと言われる。
 彼女は「ムンドさんが来た時にあげるの。」と病院の食事を隠し、自分では食べようとしない。 ユジョンが「お義母さん。」と声をかけてもナンチョはユジョンがわからない。
 気の触れた義母に「やめてください。 罪を犯したのに罰も受けずに現実から逃げるの!」とユジョンは叫びナンチョを責めると、彼女は「すみません・・・。」と怯えるだけ。

ムンドの面会に訪れたキム秘書は、会社は株価が急落、貸金業者への返済が延び、手遅れの状態になっっている、と報告する。 ムンドは発作を起こし病院に運ばれたというナンチョを心配し、ムヨルとの面会を頼む。

前妻を失い葬儀を終えたペクは、彼女のようにウンスクを失くすような事があれば自分は生きていけない、と不安を訴える。
 今後どんな事が起きるかわからない。 今のこの瞬間 ウンスクが隣にいる事に感謝するペクは「俺たち、結婚しよう。」と彼女にプロポーズする。
息子が先、と意思を曲げないウンスクだが「私の愛する人はこの先ペクさん以外現れない。」と話し、ペクは先延ばしされた結婚を我慢強く待つ事にする。

母が倒れたと知り、スヒョクはようやく帰ってくる。

ここまで前半戦

スポンサーリンク

ここから後半戦

ナンチョの哀れな姿を見たユジョンは彼女の事が頭から離れず、考えないようにしようと何度も顔を洗う。
 スボンの妻ナモクは身重の身体で行く宛のないユジョンを不憫に思い、家族として一緒に食事をするように説得する。

 出産までまだ時間のあるユジョンは働ける所を紹介してほしいとテヤンに頼み、宛のないテヤンはニュージーランドに帰るセギョンの代わりにムヨルの会社で働けば? と勧める。

セギョンがニュージーランドに帰ると聞き、ユジョンは彼女を呼び出して、ムヨルの側にとどまって欲しいと頼む。
「本当に彼を愛しているのなら もう少し待ってあげてほしい。」
ユジョンにムヨルの事を頼まれるのが屈辱的なセギョンは「いっそ仮面を外し、ムヨルに愛していると言えば?」とユジョンに腹を立てる。

キム秘書から連絡を受けたムヨルは、留置されているムンドに会いに来る。
ムンドはムヨルを見て、「短い間に会社を急成長させたな。」と息子を褒める。
彼は自分のした事に弁解はしたくない、と弁護を断り、自分の犯した罪は甘んじて受ける、と殊勝な事を述べる。
キレイ事を並べるムンドにムヨルは腹を立て、帰ろうとすると。
「すまない。 すまないムヨル」ムンドは「お前が俺に勝って良かった。」と涙を浮かべ喜ぶ。 明日命がつきようとも心残りはない というムンドだが 「息子をまともに愛せなかった事だけは心残りだ。」 とムヨルに謝り、ムヨルは恨み続けた父親をやっと許し「父さん 諦めずに裁判を受けてくれ。」と話す。
「弁護士を雇って正当な罰をうける事が父親として僕にできる事だ。」

目覚めたナンチョは付き添うスヒョクの顔を見てまともな状態に戻り、自分の症状を知った彼女はアルコール依存症を治す専門病棟への入院を拒否する。

セギョンを花嫁候補として逃したくないウンスクは、息子のユジョンさんへの気持ちは同情だと説明し、ムヨルがその同情から開放されるまで一緒に住んでムヨルを待ってほしい、と言い出す。

 目覚めてもスヒョクがいないとナンチョは「幼稚園に行かないといけないのに。」とスヒョクを探す。
パジャマ姿のまま外に出てしまった母を追いかけるスヒョク。 母がバイクにはねられそうになり、スヒョクは母を体当たりで守る。 スヒョクはバイクにはねられ道路に頭を打ち付けられる。彼の頭からは大量の血が流れだす。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「熱愛」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←45話     最終回→

熱愛・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ