韓国ドラマ 七日の王妃 あらすじ27話

七日の王妃

今回の韓国ドラマはこちら!
七日の王妃
さっそく27話をご覧ください
七日の王妃 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 七日の王妃 あらすじ27話

ミョンヘ率いる偽の反乱軍を信じた兵曹判書は、武器を向けただけで引き揚げていった軍に気をよくし、大君を連れて王宮に向かう。

兵曹判書ユ・ジャグァンが王に至急の報告があると宮殿に向かい、側近の兵士に化けた大君がユ・ジャグァンと共に便殿に向かう。

都承旨は、農夫を兵士にしたてただけの反乱軍が尻尾を巻いて帰っていったと思い、無血勝利だと油断しきっている彼の横を晋城大君は、顔を隠しすれ違っていく。

兵曹判書の勝利の報告を聞き、にわかづくりの反乱軍など相手にする価値もないと馬鹿にしていた王は、兵士となって潜入した晋城大君に驚き、声を上げても親衛隊はおろか内官も駆けつけず、晋城大君は間違いを正し、すべてを本来の位置に戻すといって燕山君に襲いかかる。

王宮を守る親衛隊の数は倍に膨れ上がり、ものものしい警戒に異変を感じた都承旨は、すでに無血入城されたと気付き、今さら便殿に戻っても手遅れだと燕山君を見捨てるが、チャン側室だけは王と生死を共にしようと便殿に引き返す。

晋城大君が刀を抜き燕山君が応戦すると、一騎打ちの真剣勝負となり、宮中は命惜しさに逃げ惑う者で騒然となる。

王宮殿の前では、親衛隊と兵曹が刀を向け合ったままにらみ合いを続け、大妃殿にいるチェギョンのところへ、事の流れが細かく報告される。

燕山君が刀を落とし、絶体絶命となると、晋城大君はとどめを刺そうとするが、命だけは奪ってはいけないとチェギョンが止め、燕山君は兵曹に扮装したタニシ一味に取り押さえられる。

「ついに王になってくれたか。これでようやく復讐が果たせる。」

燕山君は弟に刃を向けられ、ほっとしたように玉座を明け渡し、真の復讐とは、ヨクを王位に付け君主としての苦しみを味わわせたかったと不気味な笑みを浮かべる。

タニシを密告したという弱みを握られているパク副総管は、都承旨を宮殿の外に逃がすが、彼の始末を任されたミョンヘは、刺客を買収し都承旨を殺す。

燕山君の元へ戻ってきたチャン側室は、人の手にかかるよりも王に殺されたいと望み、鋭利なかんざしを燕山君に託し、愛する者の手で命を絶つ。

晋城大君が勝利しても、こみ上げるむなしさにどうやって向き合えばいいか分からないチェギョンは目を閉じ、望みの王位を手にしてもやるせなさしか感じられない大君も、妻の横で静かに体を休める。

パク副総管を筆頭に集まった重臣たちは、晋城大君を王に推戴したいと、権限のあるチャスン大妃に謁見する。

反乱といえども戦もなく、最小限の流血で燕山君を捕らえた晋城大君は、王の器に相応しい存在だと崇められ、チャスン大妃も気持ちよく承知する。

スポンサーリンク

王は君に格下げされ島流しになり、王妃は貞清宮へ幽閉、三人の子どもたちは、それぞれ別々の土地に流される。

王の臣下としてではなく王の家族として最後まで燕山君を守ろうとした左議政は、パク副総管が命じた監視兵に殺され、チェギョンの母も道連れになる。

チェギョンは、ソン内官から両親が亡くなったと聞き実家に戻ると、中庭には斬り捨てられた無残な父と母の亡骸が放置されていた。

屋敷の中に両親を運びこみ、どうしていつまでも寝ているのかと亡骸にすがるチェギョン。

宮殿に戻っても両親の死は受け入れられず、生きて再会できた乳母を見ると、すべてが悪夢で、みんな本当は生きているのではと、はかない期待を抱く。

左議政が殺されたことをあとで知ったヨクは、どうして最後まで辛い道を選択しなければならなかったのかと、燕山君の忠臣として亡くなった義父を悔しがる。

宮殿では、夫婦といっても王に会うのは容易ではなく、チェギョンは女官にとびきりの支度をさせ、便殿にいる夫に会いにいくと、隠し持っていた短刀を抜き、彼の首元に突きつける。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「七日の王妃」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←26話     28話→

七日の王妃 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「七日の王妃」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

七日の王妃 ドラマ公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 七日の王妃