韓国ドラマ 七日の王妃 あらすじ26話

七日の王妃

今回の韓国ドラマはこちら!
七日の王妃
さっそく26話をご覧ください
七日の王妃 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 七日の王妃 あらすじ26話

王に睨まれ左遷された臣下が地域の首領らと手を組み反乱軍と化していた。

イ・ユンが王の時代に要職に就いているものは、反乱軍の的のなる前に晋城大君の王擁立を急ぎ、功臣となろうと必死だった。

王(燕山君)は政に関心を示さず、権力を握った都承旨は、王に代わって朝廷を牛耳ろうとするが結束は弱く、各地に反乱軍がはびこっているという上疏も、都承旨がたいしたことはないと王に報告せず握りつぶす。

パク副総管が掌握した重臣たちを、まだ信用できないヨク(晋城大君)は、彼らにも計画を内密にし、反乱軍が攻めてくる機会に乗じ、王宮を掌握しようと計画する。

謹慎中の左議政は、毎日のように王に文を送るが、王は関心を示さず箱に収めていた。

ある日、チェギョンに会う口実を考えた王は、娘の安否を尋ねる文だろうとチェギョンの元へ持参し、彼女に読み上げるように命じる。

しかし、左議政の文には、娘のことなどひと言も書かれておらず、彼は若き燕山君と過ごした貴重な思い出を書き綴っていた。

作戦決行の日が近づくと、パク副総管は左議政宅を訪れ、王妃の兄として死を選ぶか、チェギョンの父として生を選ぶか選択を迫る。

王宮へ献上品を届ける一団を襲ったヨクは、タニシ一味と一緒に宮殿内に侵入し、パク副総管が掌握した兵士、内官、女官たちがヨクに味方する。

まずは病に伏していた母に決行を告げると、ヨクは離宮にいるチェギョンに会いにくる。

夫を待ち続けたチェギョンは、来るのが遅すぎると怒り、彼の足の具合を心配する。

ヨクが不自由な体になったと思っていたチェギョンは、厠や日々の生活をどうしているのかと思いをはせ、心配で眠れなかったと涙を流す。

大妃のおかげで深い傷を負わなかったと知ると、「“歩けるから大丈夫”と教えてくれてもいいでしょ!」とチェギョンは、切迫した状況でありながらも、彼女らしく小言を並べる。

ヨクが王宮に来たということは、何か事が起こること。

チェギョンは、家族みんなを助けてくれるなら、あなたの行動を信じると後押しし、ヨクも信念に従う。

左議政は、王の蛮行を謝罪することはあっても、臣下が王を裏切ることはできないと最後まで燕山君をかばい、それが叶わぬときは主君のために死ぬのが臣下の道理だと信念を曲げなかった。

チェギョンはすでに大君に嫁いだ身。

娘と縁を切った左議政は、シン一族のことは考えず、チェギョンのことだけ守ってほしいと大君に告げていた。

大君から家族が逃げるための隠れ家を示されたチェギョンは、選択のときがきたと察し、ソン内官とともに王宮を離れようとするが、その時、おいしいぶどうが献上されたと言って王が離宮にやってくる。

スポンサーリンク

夕食も食べず、食欲がないというチェギョンに、王は気分転換に夜の狩りに付いてくるかと誘うが、王が宮殿にいなければ大君の計画は失敗してしまう。

チェギョンは、月見がしたいと王を誘い、彼を宮殿に足止めする。

王を剣士だと勘違いした幼き頃の出会いも、今日のような夜だった。

弟を思い、冷たい川で体を冷やしていた剣士さま。

会う度に優しかった、あの剣士さまにもう一度会いたい。

チェギョンは、すっかり変わってしまった王を寂しく思い、こんな道を選ばなくても十分に運命を変える機会はあったはずなのにと、悔しさをぶつける。

「己の心すら支配できない方に国を治められましょうか。」

チェギョンの涙に思わずほだされそうになった王だが、国を統治するという権力の話には過敏になり、チェギョンの時間稼ぎに気付く。

反乱軍の襲撃を知らせる伝令が飛ぶと、王はヨクの手先となったチェギョンを大妃殿に監禁し、二人を人質として反乱軍の制圧にかかる。

その頃、兵士に紛れ込んだ大君は、政変の功臣になるチャンスだと兵曹判書を説得し味方につけていた。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「七日の王妃」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←25話     27話→

七日の王妃 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「七日の王妃」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

七日の王妃 ドラマ公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 七日の王妃