韓国ドラマ 七日の王妃 あらすじ25話

七日の王妃

今回の韓国ドラマはこちら!
七日の王妃
さっそく25話をご覧ください
七日の王妃 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 七日の王妃 あらすじ25話

狂った王の行動に、主君だという理由だけで命令に従う父。

チェギョンは、こんなことをするために私たちを遠ざけたのかと怒り、王の狙いが大君を連れ戻すことではと気付いた彼女は、たったいま離れたばかりの大君を追いかける。

王宮殿に向かうと、晋城大君はすでに捕らえられ、チェギョンも逆賊の妻としてイム・サホンに捕まる。

左議政は王が襲撃されたと聞き、燕山君の容態を心配するが、彼の傷は意外に軽いものだった。

「逆賊を捕らえる名分と証拠をつくってやったぞ」という王に、質店で晋城大君を逃がした左議政は何も言い返せず、官位返上、自宅謹慎という王命を甘んじて受ける。

見事な演技で弟を陥れた燕山君は、謀反という名分を得て、弟に凌遅刑を命ずる。

座敷に捕らえられたチェギョンは、水さえも吐き出し、明日にも大君が処刑されると聞くと、王命で婚姻し逆賊となったのだから、王にも責任があると燕山君を責める。

以前のように流罪にしてはヨクが襲ってくるという王に、チェギョンは、人質になるから大君の命だけは助けてほしいと懇願する。

謀反の罪は三家族に及び、大君を罰すれば、王も無事ではすまないと言われ、燕山君は、生きていても身動きできぬように大君の足の筋を切ろうと、刑罰を変更する。

晋城大君イ・ヨクは、妻の見ている前で足切りの刑に処され、チェギョンは、夫の忠義が示されるまで離宮に幽閉される。

さらに大君は平民に落とされ、子孫も永久に平民とするとの命が下る。

パク副総管は刑の執行人を買収し、大君の傷が浅く済むように手を回した。

刑を終えたヨクは、チェギョンのいない新居に戻され、お嬢さまが唯一信用した方だからと、乳母は懸命にヨクの世話をする。

大君を追い出してチェギョンを手に入れても、王の気は収まらず、夢の中で何度もヨクを殺し続ける。

少なくとも5年前までは燕山君を信じ、母の愛情を注いできたチャスン大妃は、疑い深く横暴な性分のため、愛する者を失い生涯孤独なまま暮らすことになるだろうと王を誹謗する。

かすかに残っていた理性さえ失った王は、廃妃復権のために心血注ぎ、母を陥れた側室を布袋に押し込め、彼女のたちの子どもに殴り殺させる。

王宮の内外は血に染まり、重臣らは国が滅びゆく不安におびえ、民は守ってくれるべき国を失い、王を失う。

大妃は監視され、幽閉されたチェギョンは外出することも許されない。

スポンサーリンク

ヨクの足はすっかり回復していたが、王の偵察がいつ訪れるかも分からず、使用人たちの前でも不自由な足を装い、片時も杖を離さなかった。

王は幽閉したチェギョンの周りに、屋敷に仕えさせていたソン内官や顔見知りの者を配備し、チェギョンには高価な贈り物を届け心を尽くすが、足繁く通う王をチェギョンは無表情で迎え、心を許すことは決してなかった。

暴政を続ける王は家族の敵。

チェギョンを奪われ、ソノの思いが身にしみたヨクは、王になるべき理由を見つけ、自らの意思で王位奪還を決意する。

着々と準備に取りかかっていたパク副総管は、朝廷内の半分の勢力を掌握していた。

しかし、兵力に至ってはまだ掌握しきれておらず、半分の勢力で押し入っても、兵士が押し寄せればひとたまりもない。

ヨクは、兵士を王宮の外におびきだす方法を考える。

王は、チェギョンが離宮にいることが信じられず、彼女がいなくなってしまうのではと、毎日のように確かめにくる。

心安まらないチェギョンは、王が私を殺す存在だと説明する。

王に何かあれば家族として死に、大君に何かあれば妻として死ぬ。

生きることも死ぬことも許されないチェギョンは、「死んだ心以外は差し上げられません」と王と拒み、もう訪ねてこないでほしいと訴える。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「七日の王妃」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←24話     26話→

七日の王妃 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「七日の王妃」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

七日の王妃 ドラマ公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー