韓国ドラマ 七日の王妃 あらすじ16話

七日の王妃

今回の韓国ドラマはこちら!
七日の王妃
さっそく16話をご覧ください
七日の王妃 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 七日の王妃 あらすじ16話

ヨクが何らかの志を持った瞬間、それは逆心で、すべての行動は謀反に相応する。

謀反の証拠を握れば、その場で晋城大君を殺すことになるかもしれぬと、王はチェギョンに短剣を与えようとするが、間者になることを受け入れたチェギョンは、王子様の忠義を示すために婚姻しますと言って、短剣を拒否する。

二人の話を偶然聞いてしまった晋城大君は、王位略奪の旗揚げを急がなければチェギョンに危害が及ぶと恐れ、今まで避けていた密旨の利用を承諾する。

大君が逆心を抱くはずがないと信じきっているチェギョンを苦しませたくない晋城大君は、謀反の動きを徹底的に秘密にする。

重臣たちの屋敷には、盗まれた物がいつの間にか戻っていた。

朝会では、盗賊自ら危険を冒して返しにくるはずがないだろうと、最近噂の貧しい者にコメを配る“タニシ”の仕業ではないかと話があがる。

門口にタニシの殻が置いてあったから、タニシ。

燕山君は、大君が民心だけではなく重臣まで掌握に乗り出したと知り、弟のアジトである質店を偵察する。

都承旨が来ると聞いて慌てて質店に向かったパク副総管は、王と鉢合わせしてしまい、罪人の娘であるユン・ミョンヘは、家門再興のために大君に肩入れしてるのではと王に怪しまれる。

なんとか疑いを晴らそうとしたミョンヘは、偶然通りがかったときに晋城大君を助けたと説明するが、そうなれば大君の死体を宮殿に送り偽装した彼女は、王の目を欺いた重罪人。

しかし、チェギョン以外に親密な女人が大君の側にいると知った王は、わざと彼女を捕らえず、弟の監視を強化する。

パク副総管の勝手な行動で、質店がアジトだとバレてしまった。

都承旨だけではなく兄の監視まで加わり、今後は私の許可なく行動を起こしてはならぬと、大君の厳しい檄が飛ぶ。

嫁入り道具は、美しくて素朴なものを持っていきたいというチェギョンの好みは無視。

嫁として裁縫も礼儀もなってない娘のために、大妃にいびられないようにと母は高価な物ばかり購入し、市場に行っても、全然好みの物を変えなかったチェギョンはご機嫌斜め。

屋敷に戻ると、王様付きのキム内官が待っており、輿で案内されたところには、王から呼ばれた晋城大君も来ていた。

燕山君は、婚姻祝いに屋敷を贈り、二人の生活を助けるためにという名目で大勢の女官、内官も連れてきた。

屋敷の中には、それぞれの部屋に女官、内官が控えており、すべての会話、行動が監視される。

スポンサーリンク

間者として晋城大君と婚姻するチェギョンは、毎日、王に報告に行かなければならず、死ぬまで大君に対する疑いは晴れないと言われ、チェギョンは自分が知らない何か秘密があるのではと燕山君に尋ねる。

お前のほうが大君にだまされているんだ。

大君を助けたのが女人だと知らなかったチェギョンは動揺し、「昔も今も、お前は騙されてかわいそうだな」と燕山君は皮肉を口にする。

隠し事はないかと大君に尋ねてみると、王位を狙っているという大それたウソを明かせない大君は何も答えず、寡黙な彼を器の大きいチェギョンが大目に見てあげる。

「こういうときは、『愛してる』とでも言って、誠意を尽くすべきよ」と、チェギョンは逃げる大君を追いかけ、強引に手をつなぐ。

都承旨の次に汚職が多いのは、兵曹参判。

俸禄よりも遙かに高価な物ばかり屋敷の中には置いてあり、賄賂授受の証拠を探るために、チョ、ペクは妓楼に偵察に行く。

約束があると仲間からはずれて出かけたソノは、失恋を受け入れられないユン・ミョンヘを慰めにいく。

明日の婚礼を前にやけ酒を飲んでいるミョンヘに付き合っていたソノは酔い潰れてしまい・・・。

先に目を覚ましたミョンヘが、ソノに届いた父からの文を読んでしまう。

“密旨のことで話がある 宿場の炭焼き小屋に来い”。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「七日の王妃」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←15話     17話→

七日の王妃 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「七日の王妃」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

七日の王妃 ドラマ公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー