韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ99話

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく99話をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ99話

ヨリに見られたヘジュは、捕まってなるものかと気絶したマヤを車に乗せ逃走する。

ガラス越しに見ていたヨリの位置からでは、ボムの姿は見えなかった。

現場に転がるサッカーボールを見て、ボムがいなくなったことに気付き、ヨリはヘジュどころではなくなり、ボム捜しに奔走する。

防犯カメラの映像でヘジュがボムを連れ去ったと知ったドチは、ボムをどこへやったのかとムヨルを責めるが、逮捕される前にヘジュを自首させようとしていたムヨルは、どうしてヘジュがマヤを連れ去ったのかと驚く。

気絶したマヤは、なかなか目を覚まさず、ムヨルから電話を受けたヘジュは、近くの病院に預けるから、マヤを連れ帰ってほしいと頼む。

病院の前でマヤを降ろして自分だけ逃走しようと考えたヘジュだが、11歳の子どもをさらった誘拐犯がいると厳重警戒がしかれ、車からマヤを降ろすことができない。

ヘジュに自首させなければと焦っているク会長に、彼女がマヤを誘拐したとの知らせが届くと、体調が悪かったドヨンは、発作を起こし意識を失う。

マヤを連れて別荘に逃げたヘジュ。

以前の優しいママに戻っていたのでボム(マヤ)も安心し、驚いて気絶しただけだとヘジュを気遣うが、精神的に追い詰められたヘジュのほうが体調を崩し倒れてしまう。

「どこにも電話しちゃ駄目」とヘジュママに止められたボムは、ヨリママに電話することを我慢する。

ク・ドヨン会長は、治療を受け自宅で安静にし、主治医のキム医師が連れてきた看護師に、ジウォンはヤケドの手当をしてもらう。

ジウォンのケガを知らなかったドチは、ヨリを助けた第一通報者が義姉だったのかと気付くが、ジウォンはプライドの高いヨリの気持ちを考え、内緒にしてほしいと頼む。

翌朝になってもボムの行方はつかめず、ヨリは、ヘジュとジウォンがつながっているはずだと二人を疑うが、ドチは、火災現場で見たジウォンは加害者ではなくヨリを助けてくれた人だと、彼女が体に大やけどを負っていると教える。

放火に誘拐、会長令嬢のスキャンダルにウィドグループは激震する。

詰め寄る幹部陣に、ムヨルは事実無根だと言い張るが、理事たちの間でも後継者争いは周知の事実。

ドチは、われわれが責任を持って事態を収拾すると約束し、犬猿の仲であるムヨルと力を合わせる。

別荘の管理人さんに頼み、ボムは食事を作ってもらうと、寝ているヘジュママに食べてもらおうと持ってくる。

マヤ(ボム)に怖い思いをさせてしまったヘジュは、彼女を抱きしめ謝るが、食事もほとんど喉を通らず、再び熱にうなされる。

スポンサーリンク

ママの体はどんどん熱くなり、一人で怖くなったボムは、ジウォンおばあちゃんなら助けてくれるはずだと、止められていた携帯の電源を入れジウォンに電話をかける。

ヘジュの車は楊平インターで目撃され、ク家の運転手をしていたソン・ジュホは、楊平には別荘があると思い出す。

ヘジュに電話がつながったジウォンは、「すぐに駆けつけるから待っていなさい」と彼女を安心させるが、ジウォンよりも先にヨリの赤い車が到着し、ヘジュはママが裏切ったのだと思い込む。

ヨリにだけはどうしても捕まりたくない。

ヘジュはボムを置いて一人で逃げようとするが、“ママが心配だからそばで守ってあげて”とカヤに頼まれたボムは、ヘジュの服を引っ張り、一緒についていくと訴える。

庭に逃げると、裏手にジウォンの車が到着し、ヨリが来ていると知らないジウォンはヘジュを乗せて逃走する。

別荘の中に入ったヨリは、屋敷中捜し回るがボムの姿はない。

布団が乱れたベッドの上に、黄色いメモがあり“前のママが病気だから一緒にいるね”とボムの字でメッセージが残されていた。

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←98話     100話→

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ