韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ65話

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく65話をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ65話

マヤを車に避難させたヨリは、誘拐だと騒ぎ立てるク・ヘジュに、「捕まるのはあなたのほうよ」と親子鑑定書を見せ、マヤがボムであると証明する。

大切に育ててきた娘とこんな別れ方をしたくないと、ヘジュは命をかけてでもヨリを妨害しようとするが、マヤを誘拐した母ホン・ジウォンが逮捕されると聞き、抵抗する力をなくす。

母に裏切られたムヨルは、「自分の娘を育てて何が悪いんだ」とジウォンの誘拐をかばい、「母さんのせいで俺が死ぬことになってもいいのか」とエノクを責める。

記憶が完全に戻りつつあるク・ドヨンは、会長室に行きジウォンを驚かせる。

倒れる直前のケンカのことや、どうして会長代行をしているのかと聞かれ、肝を冷やすジウォンだが、「何か思い出せるかと思って、ここに来てみた」という彼の言葉にひとまずほっとする。

しかし、家に帰りたいという彼がキム秘書を呼ぶので、どうして彼のことを覚えているのかと不思議には思うが・・・。

ホン・ジウォンの目の届かないところまで出てきたク・ドヨンは、これから彼女の監視をお前がするんだとキム秘書に極秘任務を与える。

これからは、ヨリおばさんの実家で一緒に暮らすと言われても、マヤは怖がることなくついていき、眼帯をしたマルリョンばあさんや、ギドンおじいさんに戸惑いつつも、優しいドチおじいちゃんが一緒なので、安心してヨリの実家に泊まる。

彼女の部屋には、幼いマヤの写真が飾られており、「天使のように可愛いから天に召されたボムが私なの?」とマヤは優しいヨリに確かめる。

マヤが傷つくのを恐れ、本当のことを言い出せなかったヨリは、一目で気づけなくてごめんなさいとマヤを抱きしめる。

マヤに選ばれなかったヘジュは、育て損だと言って荒れ狂い、娘の部屋をめちゃくちゃにする。

会長が帰ってくるとヘジュは悲鳴を上げており、ジウォンは何事かと2階に行く。

ドチと二人っきりになった兄は、マヤがヨリの元に返ったのかと確認し、ホン・ジウォンと言い争った原因はマヤのことだったと記憶が戻りつつあることをドチにだけ教える。

大好きなヨリおばあちゃんがママだったと知ると、マヤは安心して彼女の腕の中で眠り、ギドンおじいちゃん、マルリョンおばあちゃんともすぐに仲良くなる。

会長が倒れたと言っても、経営にまったく携わっていなかったホン・ジウォンが、どうやって会長代行になれたのか。

ク・ドヨンは、理事会で提示された委任状を取り寄せ、ジウォンが書類を偽装したと知る。

ヨリは、ホン・ジウォンを死亡診断書の偽造と誘拐の罪で訴え、親権を争うためにも娘を他人になりすませたキム・ムヨルも訴える。

江南警察署から事情聴取に来いと連絡を受けたジウォンは、私が誘拐した証拠なんかないとたかをくくり、ク・ドチを追い詰めればヨリは身動きできなくなるはずだと彼を陥れる。

中国 第2工場 設立工事代金の決済を理事から求められたク・ドチは、すでに既決事項だと言われ、よく考えもせずにサインをする。

スポンサーリンク

店舗回りに出た彼は、近々結婚するチャングのお姉さんのために、家族分の服を買ってあげると奮発し、チャングに好きな物を選ばせるが、まだまだ芸能人感覚が抜けず、財布を持っていないことに気づく。

今度また買ってあげるとドチは言うが、チャンスを逃したくないチャングは、立て替えるからあとで入金してほしいと銀行残高を確かめると、身に覚えのない5億の入金があった。

ドチは犯罪に悪用される可能性があると銀行に連絡するよう指示する。

秘密裏に記者会見を計画したジウォンは、これでク・ドチが抹殺できると確信し、夫を守りたかったら、告訴を取り下げマヤを返しなさいとヨリを脅す。

ジウォンの監視をしていたキム秘書は、ク・ドチが公金横領の罪を着せられると知り、ホン・ジウォンの目を盗んで会長に会いにいく。

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←64話     66話→

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー