韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ58話

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく58話をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ58話

授賞式が行われているころ、ドチはヨリの荷物を自宅に運びこませ、ソン・ヨリが奥さまとして引っ越してくると聞いたエノクは、大変なことになったとムヨルに電話をかけるが・・・。

ヨリは自分のブランドマークとしてバラを扱っており、応募したワンピース以外にもバラのラインナップを多数作っていた。

大株主であるソ・マルリョンまで現われ、経営者の娘であるヘジュチーム長が盗作して受賞など、事件を公にして捜査するべきだと訴える。

事情を知らないジウォンは、とりあえず授賞式を中断し、ヘジュが本当に盗作したと知ると、「証拠なんかないのだから、自分のデザインだと言い張ればなんとかなる」と力でねじ伏せようとする。

ヨリの作品が握り潰されたと知ったドジは、あの時ヘジュが捨てたものがヨリの作品だと気が付き、ムヨルの部屋の前の監視カメラを証拠に押さえる。

映像には、ムヨルの部屋からデザインを盗み出し、ゴミ箱に捨てるヘジュの姿が鮮明に映っており、追い詰められたジウォンは、「ヨリと二人だけで話をさせてほしい」と関係者をすべて外に出す。

ジウォンは盗作を認めれば、ヘジュだけでなく、彼女の統括責任者であるク・ドチまで解雇の対象となるとヨリを脅し、彼女の要求を聞く。

ヨリは、受賞品は譲る代わりに、懸賞であるウィドファッション入社を要求し、規約に書かれているとおり3カ月のインターン入社を勝ち取る。

ジウォンたちがまた帰っていないうちに、ドチはヨリを自宅に入れ、10年ぶりにク・ドヨンの家に戻ってきたヨリは、まず最初に彼にあいさつにいく。

意識のない彼に話しかけていると、マヤが「この部屋に入っちゃおばあちゃんに怒られるよ」とヨリを心配し、おじいちゃんは、最近目を開けることがあるとヨリに話してしまう。

ジウォン親子が帰宅すると、ヨリはエプロン姿で皆を歓迎し、昔を思い出して、それぞれの好物をたくさん作る。

ドチが婚姻届を出したと知らなかったジウォンは二の句がでず、「叔母さんに対して敬語を使え」と怒られたヘジュは、子どもたちを呼びにいくヨリを追いかけ、「私の子どもが飢えようがあなたには関係ないでしょう」と双子との接触を禁じる。

マヤのことを気づかれないためにも平静を装うべきだと考えたジウォンは、ヨリが作った料理をすべて平らげ、食べ過ぎて気持ち悪くなる。

同じように我慢して食事したヘジュは、消化不良になりそうだと胸を叩き、既成事実をつくってよりを戻そうと目論むムヨルは、「俺が介抱しようか♡」とヘジュの手を握り、はだけた自分の胸で妻を温めようとする。

ヘジュは「気持ち悪いわね!」と払いのけてはみたが、下の部屋に胃薬を取りにいくと、キッチンでク・ドチ夫婦がいちゃついていた。

二人に影響されたヘジュは、ネチネチと優しくしてくるムヨルでも、いないよりはマシ。

スポンサーリンク

「お前のことは俺が守るよ」と頼もしいことを言われ、これは愛かと勘違いし、ぐっすり眠れるように彼が足湯まで用意してくれると、一人で寝るのは寂しくなりベッドに誘い込む。

ジウォンは木洞のマンション権利証と漢方薬店の権利証をエサにエノクの口を封じ、マヤを連れて出ていくよう命じる。

娘のエノクにも口止めするよう念を押されたエノクは、そもそもマヤのことを知らないヨルメに、ジウォンはヨリの娘を自分の孫になりすませていると秘密を教える。

口の軽いヨルメを心配したヘジュは、彼女をデザインチームに就職させると決め、ク家の弱みを知ったヨルメは、横柄な態度で取引に応じる。

マヤを家から追い払い、ク・ドヨンの後見人となって屋敷を自分名義にしてしまえば、ドチ夫婦も追い出すことができる。

ジウォンは後見人手続きを急ぎ、そんなある日、学校から帰ってきた双子は、新婚さんの部屋が見たいとヨリにせがみ、ドチ夫婦の部屋を見学する。

鏡の前に自分の幼い頃の写真を見つけたマヤは、どうしてこんなところにあるのかと不思議がり、テレビでヨリを見たカヤは、番組にも映っていたよと、おばあちゃんから口止めされていることを話してしまう。

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←57話     59話→

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー