韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ50話

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく50話をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ50話

よりにもよって、一番憎んでいたヨリの子どもを育てさせられたヘジュは、母親のことも、秘密を隠していたムヨルも許せず、マヤを捨てると言ってきかない。

「私はあなたのママじゃないわ」とマヤを叱りつけたヘジュは、マヤを無理やり車に乗せ保育院へと向かう。

在庫完売の課題を与えられたドチは、何から手を付けていいのか、山のように仕事があり、家に帰っても資料を見ようとたくさんの書類を持ち帰ってきた。

彼の荷物を一緒に運ぼうとク家にやってきたヨリは、ヘジュが娘とケンカしているところに遭遇し、助けを求めるマヤの目が忘れられず、なぜか胸が締め付けられる。

マヤを捨てればヨリに気づかれてしまう。

ジウォンは、マヤを連れ戻しなさいとムヨルに命じ、ヘジュに追いついたムヨルは、必死で説得しようとするが、彼がヨリとの間に作った子がマヤだと思うと余計に腹が立つ。

ヘジュはわめきちらして手がつけられなくなるが、カヤが倒れたと聞きマヤをほって自宅に戻る。

最近具合の悪かったカヤは、今日も鼻血を出して保健室で寝ていた。

大好きなマヤがいなくなったと知り、彼はショックで倒れる。

カヤがヘソンの二の舞になるのではと恐れたジウォンは、主治医を呼びカヤの病状を確かめる。

ムヨルは置き去りにされたマヤを抱きしめ、家に連れてかえる。

ヘジュは、マヤの世話なんかしたくないと怒り、カヤの前でも演技ができないヘジュにジウォンは怒る。

「カヤが倒れたのに、まだ分からないの!」

ク家の血筋なら、ヘソンのように白血病を発症するかもしれないと恐れていたジウォンは、マヤを移植用ドナーとして確保していたのだった。

会長となったホン・ジウォンは、まず理事会でク・ドチに投票した理事をすべて解雇し、不穏分子を排除する。

法務チームを解雇されたヨリは、在庫販売を命じられたク・ドチのサポートに回り、彼と一緒に難問を解決していく。

大量に残っている在庫服は、ヨリの目から見ても魅力的ではない。

彼女は、シンプルであっても何かアクセントとなる物が必要だと考え、在庫商品のリフォームを考える。

1カ月以内に在庫品を定価の8割で完売すれば、経営能力を認め、本部長以上の役職を与える。

到底不可能な課題を与えたムヨルは、ドチに契約書を書かせ、チームのメンバーも自分で選んでいいと温情をかける。

ヨリとチャングはドチに雇われるかたちとなり、チームは3人で構成される。

ウエストのデザインを絞ったり、ワンピースにモチーフを加える等、在庫品をリフォームするためには、縫製ができるサンプルチームの手が必要となる。

ドチは、頭を下げてキム・ムヨル室長に決済をもらいにいくが、サンプルチームは新商品の開発だけで手一杯だと断られる。

ミシンが使えなければ大量の服をどうすることもできない。

チャングは、知り合いの縫製工場なら無理がきくかもしれないと頼みにいく。

腕をケガしたオリバー・チャンは、当分店を休むことになり、働き口のないエノクをマルリョンに紹介する。

スポンサーリンク

キム・ムヨルの母親だということさえ除けば、悪い人ではない。

オリバー・チャンは、彼女の素性を明かすべきか迷っていた。

マヤに罪はないと分かっていても、娘を見ているとヨリに見えてしまうヘジュは、どうしてもマヤにつらく当たってしまう。

マヤのためにも心配の種であるヨリを消してしまおうと考えたヘジュは、脱獄囚の通報をしようとするが、ジウォンは株価が下がると言って認めてくれず、あれほど毛嫌いしているヨリを追い詰めないのは、何か弱みでも握られているのかとヘジュは疑う。

ヘジュは「直接ヨリに聞いてくるわ」と言って飛び出していき、彼女を止めるよう指示されたムヨルは、ボムの情報が入ったと嘘をついてヨリを連れ出す。

ヨリに弱みを握られたままでは身動きできないジウォンは、彼女を拉致し、根本的に解決しなければと急ぐが、その時、呼吸器のアラームが鳴り響き、意識が戻らないといわれていたク・ドヨンが体を痙攣させ目を見開く。

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←49話     51話→

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー