韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ43話

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく43話をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ43話

ユン・ソルはムヨルの元恋人で、彼との間にできた娘ボムを捜していた。

ユン・ソルとの運命的な出会いも、すべて彼女が仕組んだこと。

ヨリは双子の姉なんかいないと、自分がソン・ヨリ本人であることを明かし、「あなたになら通報されてもいい」と決断はク・ドチに任せる。

ユン・ソルの家からドチの声が聞こえてくるとジウォンは、マヤを彼女に誘拐されたと言って騒ぎ、ソルの部屋に隠れていたマヤを捜す。

クローゼットに隠れていたマヤを見つけたジウォンは、部屋の鍵をかけ、二人だけで話があるとドチに待ってもらい、マヤに昨夜のことは誰にも言ってはいけないと脅しをかけて言い聞かせる。

四つ葉のホクロがあれば、いつユン・ソルに見つかるか分からない。

ジウォンは嫌がるマヤを病院に連れていき、ホクロ切除の手術を受けさせる。

ユン・ソルが復讐するために、本当にマヤまで誘拐したのか。

ドチはマヤに確かめようとするが、ジウォンから口止めされているマヤは恐ろしくて何も言えず、「弁護士さんの家には、自分からついていった」とだけドチに説明する。

ユン・ソルに騙されたドチは、彼女を思い出してしまうおそろいの絵も見ていられず、壁から外してしまおうとするが、ソン課長からもらった絵には“ヨリ”と作家の名前が書いてあり、大切にしてくれたソン・ジュホおじさんの娘がソン・ヨリだったのかと驚く。

金融監督院につかまったムヨルは、株価操作の疑いをかけられても、どこに証拠があるんだと言い逃れ、すべては解任を恐れたク会長の仕業だと、彼に罪をなすりつける。

愛してもいないのに10年も我慢していたと夫から侮辱を受けたヘジュは、もうあんな男に未練はないと反逆に出る。

幸い義母が先日たたき返してきた家の権利証があったので、自分名義に変更した彼女は木洞のマンションに行き、エノクと義妹のヨルメを追い出す。

100坪の豪邸に住むはずが、家なしとなってしまったエノク。

証拠不十分で釈放されたムヨルは、自分名義のウィド株を売れば、ぜいたくな暮らしができるよと言って母を励ます。

ネットカフェに潜み、自分の口座にアクセスしようとしたムヨルだが、口座は凍結されており、借金のかたに株を担保に入れたことを思い出す。

ムヨルが返済期日を守らなかったことで、彼のウィド株もマルリョンのものとなり、彼女はウィドグループ第2位の株主となる。

ヨリはムヨルの株のうち、ヘジュの10%を除いた残りの分を、被害に遭った投資家に返還してあげてほしいと母に頼む。

GPSを追ってムヨルの居場所を見つけたヘジュは、「他の女にだまされたバカな男は要らないわ」と言って離婚届を投げつけ彼を捨てる。

スポンサーリンク

ヨリのことを信じきっていたムヨルは、「10年前の仕打ちに対する復讐よ」と言われ、あの時、身重のヨリをジウォンに売り渡したことを思い出す。

「金融監督院に電話したのもユン・ソルよ。」

ヘジュに言われて一つ一つ不審な点を思い返してみると、確かに妙な点がたくさんあった。

ヨリに騙されたと気づいたころには、ヘジュにも愛想尽かされ、取り返しのつかないことになっていた。

ヨリに何度電話をかけても彼女にはつながらず、マンションまでヨリに会いにいったムヨルは、目の前で着信拒否するヨリを目撃する。

「どうして俺の電話に出ないんだ!!」

腕をつかまれたヨリは、不敵な笑みを浮かべ、「二度と、あなたの顔なんか見たくなかったからよ」と本性を現す。

ヘジュに捨てられた今となっては、ウィド株を持っているヨリにすがりつくしかない。

ムヨルは彼女を説得しようと手荒なまねをするが、彼女に会いにきたドチがムヨルを殴りつけヨリを守ってくれる。

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←42話     44話→

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 七日の王妃