韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ42話

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく42話をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ42話

ユン・ソルは7年前に亡くなったソン・ヨリの双子の姉。

彼女は、復讐のためにク家に近づいてきた。

ジウォンはユン・ソルの正体を明かしドチの交際を止めようとするが、彼女の急変ぶりに戸惑っていたドチは、ソルに何かあったはずだと考え、彼女ともう一度会って直接話を聞き出そうとする。

ソルが電話に出ている間に彼女の部屋に案内されたドチは、なくなったはずの8ミリカメラが彼女の部屋にあり驚く。

これを持って逃げた女性は7年前に死んでいるはず。

ヨリは自分の名はユン・ソルではないと真実を明かそうとするが、その時、ヘジュが大変だと兄から電話が入り、「今は、話さないでくれと」ドチは怒って帰ってしまう。

マヤを一度は捨てたジウォンだが、万が一にも彼女が事故にでも遭えば自分が捨てたことが明るみに出る。

大変なことになったと後悔したジウォンは、マヤを捨てた現場に戻るが、マヤの姿はなかった。

後部座席で寝ていたカヤが起きてしまったので、「マヤはどこに言ったの?」と不審に思われ、ジウォンは、エノクおばあちゃんの家に預けてきたと、口からでまかせを言う。

ク・ドチに本当のことを話そうと彼の家に行くと、自分でタクシーに乗ったマヤが一人で帰ってきた。

マヤは、ユン・ソルを見るなり抱きつき、家に入れば、またおばあちゃんに追い出されてしまうと言って、ソルから離れなかった。

ムヨルの娘がかわいいわけではないが、子どもに罪はない。

ヨリは彼女を自宅に連れ帰り、今晩だけという約束で泊めてあげる。

一応連絡を入れないわけにもいかないので、ヨリはドチの携帯にメールを残し、マヤを預かっていると連絡する。

マヤの行方を秘書に捜させていたジウォンは、翌朝になっても見つからず不安な思いをしていた。

ユン・ソルのことで混乱していたドチは、携帯を部屋に忘れたまま車で眠り、翌朝は緊急の仕事でたたき起こされ、マネージャーと一緒に出かけてしまう。

ムヨルが犯罪者となって逃亡していると聞き、エノクは食べる物も食べられず床に伏せっていた。

大好きなオリバー・チャンがお粥を作ってくれても、罪を償う話をされると、息子は悪くないとムヨルをかばい、彼を追い返そうとする。

逃亡中のムヨルから隠れ家が必要だと電話をもらったヨリは、彼にオリバー・チャンの店チャップリンを教える。

ユン・ソルなら、必ず夫に落ち合うはずだと睨んだヘジュは、ソルを尾行し、彼女が動き出すと、父にも情報を教え来てもらう。

ヘジュがぴったり車の後ろについてくるのを確認したヨリは、チャップリンにやってくるが、尾行してきたヘジュにムヨルは見つかり、間もなく駆けつけたク・ドヨン会長に捕まる。

スポンサーリンク

ユン・ソルに振られたドチは仕事に集中できず、チャングの目から見ても、あの演技はちょっと酷すぎる。

キム・ムヨルが結婚前に付き合っていた女性の名は、ソン・ヨリ。

彼女の子どもは1歳にならない年で亡くなったという。

7年前に刑務所から脱獄し目の前で川に飛び込んだ女性の名前もソン・ヨリ。

ドチの頭の中で、考えたくないパズルが符号し、ユン・ソルはもしかしてムヨルの恋人だったのかと想像したくない答えが導き出される。

ヨリの家に泊まったマヤは一晩中うなされ、食事も食べようとしない。

ムヨルのことで忙しかったヨリは、外出から帰ってもまだ家にいる彼女に驚き、何をそんなに怯えているのかと心配する。

食事を食べようとしない彼女に、きちんと言い聞かせてお粥を食べさせようとすると、服にこぼれてしまい、マヤは洗面所で自分の服を洗う。

タクシー運転手の証言からマヤの行方が分かり、彼女がユン・ソルの所に泊まったと聞くと、ジウォンは血相を変えてマヤを取り戻そうとソルの家に急ぐ。

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←41話     43話→

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー