韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ31話

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく31話をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ31話

ク・ドチが一方的にユン・ソルを抱きしめたと思ったムヨルは、「恥をかかないと分からないのか!」と彼を責め一触即発。

ヨルが二人をなだめていると、ドチにマネージャーから急な呼び出しがあったので、最悪の事態は免れる。

男に隙を与えるから抱きつかれたりするんだと、ムヨルはヨリを疑わず、夫の様子を見にきたヘジュは、「どうして二人だけで会っているのよ」と嫌な顔をする。

食卓につくと、和やかに話は弾んでおり、マルリョン母が会長に仲人を頼んでいた。

マルリョンはク・ドチの片思いをバラすと、この際彼を婿に欲しいと言い出し、二人がくっつくことに警戒するク会長側は言葉に詰まる。

ムヨルの手前ユン・ソルも「会長がお困りよ」と母を止める。

監督がマネージャーのチャングを怒鳴りつけている動画が、スタッフのリークで世に出る。

苦労時代に支えてくれたマネージャーに対するドチの行動は、“義理堅い”“不屈のドチ”と称えられ、あの日、ク・ドチが人命救助していたことも、匿名電話で記者に届く。

マルリョンの眼帯が以前から気になっていたヘジュは、ぶしつけにも彼女に質問し、夫の命と交換に目を差し出したと、マルリョンは武勇伝を語ってくれる。

“明洞のソ太后”と呼ばれるほど金貸し業界で幅を利かせていた彼女は、彼を危険な目に遭わせたことを一生忘れないようにと、医学の進んだ今でも眼帯生活を送っていた。

「罪を償うことを忘れないために眼帯をしているんです。」とマルリョンは、罪深いク家の人々に意味深な言葉を投げかけるが、罪悪感のないク家の人々はスルー。

親近感が湧く話だとジウォンは同調し、マルリョンの機嫌を取ろうとする。

ごまをすられても、そう簡単にマルリョンは土地の話をオッケーしない。

ク家が土地を手に入れた途端、ソルがクビを切られるかもしれないと警戒し、土地の話を避ける。

トイレに立ったマルリョンは、居間に飾られていた高価な陶磁器を床に投げつけて割り、驚いた家族がみんな集まってくる。

手が滑ってしまったと悪びれもせずマルリョンが説明すると、ヘジュは「中国大使からもらった貴重な物なのに」と怒るが、弱みを持つク会長としては怒るわけにもいかず、「物より人のほうが大事ですわ」とジウォンも心にもないことを言ってその場を収める。

大事な物を壊されても我慢するほど土地が欲しいのか、会長を試したマルリョンは、大成功だったと声を上げて笑い、この分ならドチとの結婚を認めるだろうと、ソルの交際を応援する。

マルリョンの信頼を得るためにも、二人の交際を認めようと考えた会長は、婚約だけさせて、土地を手に入れてから破棄すればいいと考え、ムヨルも「ク・ドチの持ち株をヨリに奪わせるチャンスだ」と義父の考えに賛成する。

スポンサーリンク

サッカーキャンプでイギリスに行っていたヘジュの娘マヤが、靭帯を損傷して帰国することになる。

こんなの監督不行き届きだと怒ったヘジュは、コーチたちみんな訴えてやると騒ぎ、「グループの令嬢として、もう少し大人の対応をしろ」と会長は怒る。

ウィドファッションの株価を上げるためにも、ムヨルは新素材契約に力を入れ、マルリョンに頼んでウィドグループの株を買い占めるようヨリに指示する。

ケガをして帰ってきた孫を、ジウォンは「サッカーなんかするからよ」と怒鳴りつけ、「久しぶりに帰ってきた子になんてこと言うのよ」とヘジュは怒る。

ボムが埋葬してある樹木葬墓地が地主の都合で移転することになり、ヨリは骨壺を掘り起こして、ボムを側に置こうとする。

樹木で茂った山をヒールで歩いていたヨリは、つまずいて骨壺を落としてしまい、骨壺は粉々になって飛び散る。

「早くボムを拾いなさい」とマルリョンは怒るが、そこに入っているはずの遺灰は何もなかった。

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←30話     32話→

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー