韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ12話

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく12話をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ12話

ドチの強制わいせつ罪容疑を知ったク会長は、ウィドグループの名に泥を塗るのかと激怒する。

ドチとは同級生だったムヨルは、彼の失態を喜び、味方になる記者を抱え込むと、ク・ドチがウィドグループとは無関係だと手を打つ。

男性関係の派手な被害女性の証拠を集めたヨリは彼女のウソを見破り、虚偽告訴罪で訴えてもいいのかと脅す。

他の男とホテルに入るところまで調べ上げられた女性は観念し、ファンだったドチに振り向いてもらえないから彼を落とし入れるようなまねをしたと白状する。

事件をさらっと解決し、風のように去っていた弁護士に、どこか見覚えがあるドチだが、マネージャーも彼も美人弁護士が3年前に自殺した受刑囚だとは気づかなかった。

ムヨルの報告を鵜呑みにしたク会長は、グループの名に泥を塗ったと頭ごなしにドチを責めるが、「どうして弟の言うことを信じてくれないんだ」とドチは誤解だったと訴え、「ウソだと思うなら警察に確認してくれ」と言って怒り、兄にチクッたムヨルを睨み付ける。

ドチを告訴した女性イ・ファヨンは、マルリョン夫婦に恩義のある女性だった。

ドチをホテルにつれていったのもすべて計画どおり。

母親の入院費がなく困っていた彼女をマルリョン夫婦は助け、彼女は恩義に報いるためにも、二人が大切にしているヨリに協力してくれた。

会長にいいところを見せるはずが恥をかいたムヨルは、ヨリを見かけたクラブで酒を飲み、彼女が現われるのを待ち続ける。

長官の娘である妻に逃げられたク・ドヨン会長は、乳児だったヘジュを育てられず途方に暮れていたときに、母乳を飲ませ彼の関心を引いたのがホン・ジウォン。

特別に美しいわけでもなく、年もあまり若くない彼女にク・ドヨンはあまり関心を示さず、娘ヘジュが成長した今となっては、夫婦の関係は完全に冷え切っていた。

ジウォンが夫の体を気遣い漢方薬を毎日飲ませ、時には甘えてみたりもするが、若い愛人がいる会長は、ジウォンを見向きもせず鬱陶しがる。

正体もなく酔ったムヨルは、面倒なク家ではなく実家に寄り、夫の外泊を絶対認めないヘジュは彼を迎えにいく。

夢の中でヨリに会っていたムヨルは、彼女と間違えて握った手がヘジュのものだと気づき酔いも覚める。

スポンサーリンク

戦略企画室室長として赴任したムヨルの最初の仕事はドチとのモデル契約。

こんな閑職で甘んじてなるものかとムヨルは野心を抱き、気にくわないドチとの契約も大人の対応を取る。

弟の女性関係を心配したク会長は、今付き合っているハン・ソラとの結婚を視野に入れ、彼女を家に連れてくるようにと話を進める。

ウィドグループを自分のものにするためにも、息子が欲しかったジウォンは、夫に漢方を飲ませ、自分も薬で若さを保とうとしていたが、閉経ばかりは食い止めることができない。

主治医から、もう妊娠できないと言われ、どんな手を使ってでも妊娠してやると、意気込みだけはすごいが、不妊治療で有名なそのクリニックで、彼女は夫の愛人と出くわし、若く美しい彼女から会長の子を身ごもったと告げられる。

トップ女優のハン・ソラは、それなりに可愛く恋人としては申し分なかったが、彼女と結婚となると、まだそういう気はなく、兄に急かされたク・ドチは、仕方なくソラを自宅に招待する。

明るくかわいいソラを会長一家は気に入り、俳優のク・ドチが、金持ちだと知らなかったソラは、すぐにでも結婚したいと舞い上がる。

ク・ドチが未来の嫁候補を連れてくるという日に、ムヨルは仕事だと嘘をつきヨリを確かめに行っていた。

愛する女性を間違えるはずがないムヨルは、いくら否定されてもユン・ソルはヨリだと疑わず、彼女の手を強引に引っ張り楽屋につれていくと、ドレスの肩を破り、ヨリの傷痕を確認しようとするが、そこにあるはずのヤケドの痕はなく、傷一つない綺麗な肩が露わになる。

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←11話     13話→

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー