韓国ドラマ・ナイショの恋していいですか・あらすじ15話

韓国ドラマ・ナイショの恋していいですか・あらすじ15話

ナイショの恋していいですか

今回の韓国ドラマはこちら!
ナイショの恋していいですか
さっそく15話をご覧ください
ナイショの恋していいですか・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・ナイショの恋していいですか・あらすじ15話

心配して声をかけてきたユン主任に「実は本部長は高校生だったんです。」と、暴露しかけるスヨンだが、寸でのところで口を閉じる。

先日、社長室にやってきたジヌが土下座しているところを見てしまったスヨン。
そんな彼女を「見てはいけないものを見てしまった。不安材料は早めに摘む。」と、部下に指示し、穏便な対応でクビにしようと目論む社長。
変な噂を立てられる前に、クビにしようと考えたようです。

ミンソクに何も言わず、会社を早退したスヨンは、学校から帰ってきたユアと言い合いに。
「姉さんとダーリンは釣り合わない。何歳だと思ってるの?」と、大暴れ。
自分の事しか考えていない妹に苛立つスヨンは「私だって傷ついてるのよ!」と、枕で殴り合いが始まる。

姉妹でミンソクを取り合っていたと気づいた二人は、お互いに感情を爆発させ、家を飛び出すユア。
「昔からあなたはわがままだった。出ていくなら出ていきなさい!」と、怒鳴ったスヨンだが、いざ帰ってこないとやはり心配が募る。

公園で男子高校生に声をかけられている妹を発見したスヨンは「私の妹に手を出すな~!」と駆け寄り、男の手に噛みつく。

その頃ミンソクは、モヤモヤが晴れずにサンドバッグを殴り続ける。
その後ろではしゃぐおじいさんが可愛い。笑

スヨンの事を呼び出したミンソクは「俺の気持ちだけ信じて」と、詰め寄るが、10歳の歳の差があり、高校生と恋愛していたと気づいたスヨンは前向きになれない。
ましてや、妹の好きな人となると尚更だ。

「歳の差が何なんだ!何が悪いんだ!」
想いは変わらないとアピールするミンソクだが、「私があなたを好きだったのは、イ・ヒョンソクだと思っていた時の話。今はそんな気になれない。」と、スヨンは冷たくあしらう。

翌日。
登校したミンソクは口を開かず、対照的に何事もなかったかのように気丈に振る舞うユア。
スーツに着替え出社したミンソクは、「ロマンソン(取引会社)にイエスと送ってもいいですか?」と、サンヒに聞かれ、「ああ」と適当に答えてしまう。
これが後々、会社として大きな問題となってしまう。

退職届を出し、実家へと向かうスヨン。
何度もミンソクからの電話があるが、着信拒否し「これでいいのよ・・・。」と、自分に言い聞かせる。

様子がおかしいミンソクの事を、「最近何かあったのか?」と、心配するキムチーム長。
会議中も心ここにあらず状態のミンソクに「仕事しよう・・・?」と、機嫌を取り続ける。

姉を訪ねて自宅前で座っていたジヌに声をかけるユアは「私たち同盟を組みましょう!」と、強引に電話番号を交換。
「恋人とケンカして傷心中だから、今がチャンスよ!実家にいるから様子を見に行って!」
スヨンとジヌがくっつけば、ミンソクは自分の物になる。姉と愛しのダーリンを引き離したいユアは、ジヌを利用しミンソクを自分の物にしようとする。

「まるで白いお餅みたいね」と、ユアはジヌに対し失礼極まりない態度。笑
終いには「バス代貸して」と、金をせびり帰っていく。笑

実家に戻ってきたスヨンは、久しぶりにゆっくりとした時間を過ごす。
将棋を楽しむおじさん達に声をかけ、アイスを食べる子供に「一口ちょうだい」とねだる。
マイペースで天然、どこか抜けている彼女の事を近所の人たちは「あの歳で、ぼんやりしたままじゃ心配だ」と噂する。

先日、適当に返事したせいで大変な問題を起こしてしまったミンソク。
社長が契約書に目を通す前に、取引会社と契約を結んでしまったのだ。

スポンサーリンク

「なんて事をしてくれたんだ!」と、サンヒを責めるキムチーム長。
イ本部長に確認したのに怒られてしまったサンヒは、どうして自分が怒られなければいけないのかわからず腑に落ちない。

社長直々に取引会社に連絡し、問題は解決されたものの、またミンソクが問題を起こすのではないかと気にかかるキムチーム長。
「多感な年ごろだから、こういう時は優しくした方がいい。」と作戦を立て、ご機嫌をうかがうが「一人にしてください」と、冷たくあしらわれてしまう。

スヨンの事を社長がクビにしようとしていると知ったジヌは「僕の好きな人なんです。クビにしないでください。」と、迫る。
「不安要素は早めに摘む」と、考えを変えない社長に、「だったら世間に真実を話すしかない。僕が誰の子なのか知ったら皆驚くでしょう」と、脅すジヌ。

ユアに促され、スヨンの実家を訪ねたジヌ。
街を案内してもらおうと思っていたが、突然療養所から連絡が。
「お母様が手首を切って出血が酷い」

目がくらみ、その場に座り込んでしまうジヌを心配するスヨンは、母が入院する病院まで付き添う事にする。
安否を確認した彼女は「回復を祈ります」と、置手紙を残し、一人実家へ戻る。

”実家の江村に戻って家の手伝いをしてるらしいぞ”
わざとミンソクに聞こえるように大声で話すユン主任。
二人の関係に気づいているのにあえて口を挟まず、陰からサポートするいぶし銀の活躍っぷり。

母の元からもう一度スヨンの元に戻ってきたジヌ。
ミンソクも彼女の実家を訪ね、抱き合う二人を目撃してしまう。

「都合のいいことを言ってすまない。君の事が好きなんだ。僕の傍にいてくれないか?」と、告白するジヌ。
しかしスヨンは「私の中には別の人がいるんです・・・。」と、断る。

何も言えず、背を向け歩きだした様に見えたミンソクだが、スヨンの元に駆け寄り彼女の手を引く。
スヨンは突然の出来事に戸惑い、目の前で彼女を連れて行かれそうになったジヌは「お前はもう無関係だ!」と、ミンソクの手を払いのける。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ナイショの恋していいですか」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←14話     16話→

ナイショの恋していいですか あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ