韓国ドラマ・ナイショの恋していいですか・あらすじ8話

韓国ドラマ・ナイショの恋していいですか・あらすじ8話

ナイショの恋していいですか

今回の韓国ドラマはこちら!
ナイショの恋していいですか
さっそく8話をご覧ください
ナイショの恋していいですか・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・ナイショの恋していいですか・あらすじ8話

出社したミンソクは、エレベーター前でジヌと顔を合わせる。
後からやってきた社長が二人の顔の傷を見て「ケンカでもしたのか?」と、疑うが、うまくごまかし切った二人。
社長が下りたエレベーター内で「ハリウッドに進出できちゃう演技力だな。」と、ジヌを罵るミンソク。

廊下を歩いていたミンソクは、同僚の一言にいい考えを思いつく。
すぐにスヨンの元に向かい、バイトのためコンビニに出社した彼女を、強引に会社まで連れてくる。

ミンソクの遅刻に会議が遅れ、「いったい何をやってるんだ・・・」と、肝を冷やすキムチーム長。
やっと現れたミンソクはスヨンの事を「僕の秘書として働いてもらいます。」と、みんなの前で紹介する。

突然の事に驚いたスヨンは「場違いですよね・・・。」と、頭を下げ、逃げるように去っていく。
彼女の後を追い「このまま終わって悔しくないのか?」と、説得するミンソクだが、「人の手を借りず、自分の力で何とかするべきです。」と、感謝しながらも遠慮するスヨン。

逐一ミンソクの行動に肝を冷やすキムチーム長は、彼をトイレに連れ込み、周りに人がいないことを確認。
「お前には考えて行動する権限すらないんだ! 本物の本部長になったつもりか!」と、声を荒げる。

「はいはい、そうですか。」と、キレたミンソクは、カバンを投げつけ「もう辞める!」と、強気に出る。
たとえ形上でも、彼に居てもらわなければ困るキムチーム長は、「お前は本当に行動力の塊だな・・・。」と、手のひらを返した様にゴマをする。笑

「ばれないようにするから安心して」
ミンソクの声をトイレの外で聞いていたジヌは、会話の内容に違和感を感じ、友人に電話して身辺調査を始める。

母の入っている施設?から、「体調がよくありません。」と、電話を受けたジヌは社長に報告するも、社長は全くと言っていいほど興味を示さない。

急いでバイト先に戻ってきたスヨンだが「お前はクビだ!」と、またもやクビ宣告を受け、一人ベンチに座り途方に暮れていた。

何も知らないスヨン母は、「会社を見学したい」と、スヨンに電話。
クビになったと言い出せず、隠れるように会社内を案内するスヨン。

会社内で出くわしたミンソクのおかげで、まだコンファで働いていると嘘を突き通せたスヨンは、「ありがとうございます。」と、感謝する。

「君には迷惑かけた。君のためを思って行動しても、逆に傷つけてしまってすまない。」
謝罪されたスヨンは、自分のために行動してくれたミンソクに恩返ししようと、秘書としてもう一度働くことを決意する。

姉がクビになった事を知っていながら、何も言わず掃除や料理に励んでいたユア。
破れてしまったTシャツを”節約しなければ”と裁縫していた。
妹の異変に、「もしかして知ってたの?」と、スヨンは問いかけるが、何も言わず作った料理を差し出すユア。

妹のため、母のため、ミンソクのため、そして自分のため、秘書として働く決意を決めたスヨンは、「もう一度人生を漕ぎ出すのよ!」と、気合を入れて出社する。

スポンサーリンク

秘書として戻ってきたスヨンを「もう辞めるなよ。」とユン主任は歓迎するが、リテールチームの女子たちは府に落ちない表情。
憧れのイ本部長(ミンソク)の秘書になったスヨンに対し、嫉妬心を抱く。

ジヌと会社内で顔を合わせたスヨンは、気まずそうに目をそらす。
「ちゃんと謝罪したいから、今夜食事でもどう?」と、スヨンを誘うジヌ。

他社との会議が今日の夜に変更になり、電話を受けたリテールチームベテラン女子のサンヒは「今度から秘書に直接連絡してください。」と、機嫌が悪い。
適当にメモを書き、スヨンのデスクに投げるが、メモ用紙はヒラヒラと床へ・・・。

何も知らないミンソクは、「外回りをして直帰します。」と、会社を後にする。
スヨンも「お疲れ様です。」と、ミンソクを見送るが、キムチーム長がやってきて一大事に気が付く。

社長も同席する会議なのに、ミンソクが不在はまずい・・・。
焦るキムチーム長は、連絡を怠ったサンヒを「ベテランなんだからしっかりしてくれ!」と、声を荒げる。

ミンソクが乗るタクシーを、スクーターで追いかけるスヨン。
フラフラ運転で突っ走り、見ているこっちがヒヤヒヤ・・・。
やっと追いついた彼女は、「理由は後で話します。」と、強引にミンソクを後ろに乗せ、会社へと逆戻り。
何とか時間までに間に合ったが、ジヌとの約束をすっかり忘れていた。

焦る彼女は急いで約束のレストランに向かい、待ち続けていたジヌに「すみませんでした。」と、謝罪。
「お詫びに私が奢ります」と、話すスヨンを連れて買い物を済ませたジヌは、「遅いから家で食事しよう。」と、自宅へ招く。

二人で会話しながら料理を始めるが、恥ずかしくて顔をまともに見られないスヨン。
「遅いから車で送っていくよ」と、自宅まで送ってもらったスヨンは、「再就職祝いだよ」と、プレゼントを渡され恐々とする。

男に送ってもらった姉を見たユアは「彼氏?」と、冷やかし、再就職したことを知った彼女は「お小遣い前借させて?」と、以前のわがままな妹へと戻る。笑

ヒョンソクに荷物を送ったにもかかわらず、受取人不明で返ってきた。
「ヒョンソクと連絡が取れない」と心配する父を「引っ越したらしいよ」と、ごまかすミンソクは心が痛い。
ダメ元で兄に電話をかけてみるも、案の定繋がらず、「いったい何してんだよ・・・。」と、兄の安否を気に掛ける。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ナイショの恋していいですか」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←7話     9話→

ナイショの恋していいですか あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ