韓国ドラマ・ナイショの恋していいですか・あらすじ6話

ナイショの恋していいですか

今回の韓国ドラマはこちら!
ナイショの恋していいですか
さっそく6話をご覧ください
ナイショの恋していいですか・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・ナイショの恋していいですか・あらすじ6話

ミンソクがスパイだと噂され「何故セファの副社長にあったんだ・・・?」と、泣きそうになりながら問い詰めるキムチーム長。
「どうして余計な事ばかりするんだ? 疑いが晴れなければ、ハン専務も俺もクビだ・・・」と、嘆く。

兄の知り合いだと思ったミンソクは、セファの副社長を無下に扱えず、しかし、引き抜きの誘いはきっぱりと断った。
「僕は何もしてません。」と、無罪を主張する。

リテールチームのユン主任が、新たな容疑者として浮上。
スパイ疑惑で疑われるなんて思いもしなかったユン主任は「私は何もしてません。」と、主張。

会社当初から務めるユン主任は、真面目で同僚や上司からの信頼も厚い存在。
小言は多いが、根っからのマジメ社員の彼は、常に”会社のために”と、仕事一筋で生きてきた。

ユン主任のIDで、パソコンにアクセスがあったことを理由に、「あなたが犯人ですね?」と、迫るジヌ。
「私は犯人じゃない。」と、否定し続けるユン主任に「認めるまで帰しませんよ。」と、強硬な姿勢を見せる。

リテールチーム内では、「あの真面目な主任が・・・? 人間見た目じゃないんだな。 誰を信用したらいいんだ。」と、疑いの目が向けられる。
口をそろえてユン主任の事を犯人だと疑うリテールチーム一同に「酷すぎます。何かの間違いに決まってます!」と、声を荒げるスヨン。

今日は留学中の娘が帰省していて、もう一度海外に行くため、空港まで見送りに行く事を予定していたユン主任。
スヨンから聞き、心配になったミンソクは、取り調べの様子を伺いに行く。

「これでは堂々巡りだ。続きは明日にしてください。」と、会議室を出るユン主任。
彼の腕をつかみ「まだ終わってないんだ。自分の立場をわきまえろ!」と、怒鳴り散らすジヌ。
それを見ていたミンソクは黙ってられず、「年長者になんて口のきき方だ! 礼儀を一から学んだほうがいいんじゃないのか?」と、ジヌを罵倒する。

セファはハッカーを雇い、ユン主任のIDを盗み出しパソコンに侵入、情報を奪っていた。
ハッカーが逮捕され警察から連絡が入り、ユン主任の無罪が証明された。

「証拠もないのにここまでして、恥を知れ!」と、息子ジヌを罵る社長。

取り調べのため空港に見送りに行けなかったユン主任は、「酒でも飲まないか?」と、ミンソクとスヨンを誘う。

その頃、ミンソクと映画を見る約束をしていたユアは、「便秘でおなかが痛い・・・けど我慢しよう。」と、彼を待ち続ける。

酒を飲んでいるユン主任の携帯が鳴り、「パパありがとう。」と、ネックレスをつけた娘から写真が送られてくる。
せっかくプレゼントを用意していたのに、取り調べでユン主任は身動きが取れない。
ほおっておけなかったスヨンは、こっそりと空港に向かい、主任に代わってネックレスを届けていたのだった。
娘の写真を見て顔がほころぶ主任は「ありがとう。」と、スヨンに感謝する。

ミンソクの顔を見つめるスヨンは、「監査なら年長者を怒鳴りつけてもいいのか?」と、主任を庇った瞬間のミンソクを思い出し、一瞬心を奪われかける。

ユアからのメールで約束を思い出したミンソク。
急いで制服に着替え、映画館へと向かう。
待ち続けていたユアは、「映画はいいから、何かおごって。」と、ねだる。

スポンサーリンク

屋台で小腹を満たしていた二人。腹痛の痛みに耐えかね、ユアが倒れてしまう。
病院に運んだミンソクは「盲腸の痛みに耐えるなんてバカだなあいつ。」と、手術が終わるのを待つ。

電話の相手がイ本部長(ミンソク)とは知らず、妹が倒れたと連絡を受けたスヨンは、急いで病院に駆けつける。
”お姉さんへ 手術は無事に終わりました”
ミンソクが残していった置手紙を見たスヨンは「まるでイ本部長みたいな汚い字ね。」と、笑う。

翌日。
キムチーム長に呼び出されたスヨン。
「契約更新ができないみたいなんだ。すまない。」と、クビ宣告を受ける。
屋上で一人涙をこらえながら食事する彼女に「これで涙を拭いて。」と、ネクタイを差し出すミンソク。

ネクタイかよ!笑

「一緒に働いていた家族のような人じゃないか! 僕の部下でもあるのに、なんで報告なしに本人に伝えたんだ!?」と、キムチーム長に激怒するミンソク。
「上司が決めたことだ。俺だってクビにしたいわけじゃない。」と、訴えるキムチーム長だが、ミンソクの怒りは収まらない。

会社に居づらくなったスヨンは、退職届を書き荷物をまとめ退社。
探し回るミンソクだが、彼女を見つけることができず、「忘れ物のコケを届けるから、連絡をくれ。」と、メールする。

マンションに忍び込み、ヒョンソクのスーツを勝手に拝借したテソクとドクファンは、「よう、本部長!」と、会社前でミンソクを待ち伏せ。
先日の法人カードに味を占めた二人は、「何かおごってくれ」と、ミンソクにたかる。

偶然退社してきたリテールチーム女子社員たちと食事に行く事になり、「大人の女性と食事ができる」と、浮かれるテソクとドクファン。
「仕事は何をしてるんですか?」と、尋ねられ「中華料理屋を経営してます。」「スポーツジムを経営してます。」と、それぞれ嘘をつく。
同席しているミンソクは、高校生だとばれないかソワソワ。

帰宅したミンソクは、未だにスヨンから返信がない事に肩を落とす。
持ち帰ってきたコケに向かって「主人に捨てられたみたいだな。ほら、飯の時間だぞ。」と、話しかけ、水をあげる。

翌朝。
クビになったとは言いだせず、「行ってきます」と、妹に嘘をつき家を出るスヨンは、あてもなくただ適当に歩き続ける。

リテールチームの女子社員たちとの食事会が忘れられないテソクとドクファンは、周りを歩く女子高校生たちを見て「くらべものにならねぇな!」と、完全に浮かれっぱなし。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ナイショの恋していいですか」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←5話     7話→

ナイショの恋していいですか あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ