韓国ドラマ 元カレは天才詐欺師 あらすじ8話

韓国ドラマ 元カレは天才詐欺師 あらすじ8話

元カレは天才詐欺師

今回の韓国ドラマはこちら!
元カレは天才詐欺師
さっそく8話をご覧ください
元カレは天才詐欺師 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 元カレは天才詐欺師 あらすじ8話

部下や先輩、さらには一般市民まで巻き込んで起こってしまった最悪の事態。
金を振りかざし卑劣な悪行を尽くすパン・ピルギュに対し、ソンイルの闘志に火が付いた。
「あいつらをぶっ潰す。もう一度力を貸してくれ。」
事情を聞いたジョンドは、もう一度メンバーたちに声を掛ける。

「忙しいんだよな・・・。」と、はじめは乗り気じゃなかったメンバーたちも、500億の10%を山分け、すなわち一人の取り分で10億と大きな額につられ、「おっけーおっけー、都合つけるよ!」と手のひらを返したように乗り気になる。笑

お願いするために人に頭を下げたことなど一度もなく、すべて金と権力で解決してきたパン・ピルギュ。
一緒に食事していたチョン市長に、「これからは脅迫ではなく、きちんと頼んでください。そうすれば、受けた恩は返しますよ」と言われ、王様気分を害する。

「私は私のやり方を貫く。6年前のようにな。」
パン・ピルギュが言う”6年前”とは、おそらくミンシクを死に追い込んだことだと思われます。
もしくは、マルチ商法で訴えられ会社を潰したことがあるらしいので、その件についての事かも。
どちらにせよ、歯向かうものは何をしてでも排除するという主張だと思います。

ピルギュの脅迫に負けたチョン市長は、要望通り公開税務法廷を検討する。
(公開税務法廷が何なのかよくわかりませんが、おそらく税を払わなくていい事を公に認めさせるためのものだと思います。)

一方、ピルギュを落とすために作戦を立てるジョンド達。
数年前、マルチ商法で捕まったピルギュは、自分の財産をすべて息子と娘に引き渡していた。
子供たちの経営するUN社は、就職を餌に若者たちをおびき寄せ、大した商品でもない商品を売りつけるマルチ商法の会社。
売り上げノルマを達成するために借金を背負わせたり(借金させる会社も、彼らの息のかかった会社。)友人を紹介したりすることで成績が上がり、自然と被害の輪が広まっていく仕組み。

若者たちを巻き込んで、自分たちの身内会社だけで金を回す悪質なやり取り。
ピルギュの牙城を崩すために、まずはミジュがUN社に社員として潜入する。

入社してすぐにも関わらず、ミジュの売り上げは驚くほどに伸び続ける。
(もちろん、すべてジョンド達が購入してる。)
売り上げ1位になったミジュは、既存の女次長の座を奪いスピード出世する。

面白い人材がいたもんだと目を輝かせるホソク(ピルギュの息子)は、ミジュに一目を置く。
「自分がこれだけ売り上げられたのも、以前お世話になった知人が会社を経営していて・・・」とミジュの言葉を信用したホソクは、ジョンド達が仕込んだ会場へ向かう。

一方、辞職したカン課長の自宅にやってきたソンヒ。
自分のせいでカン会長を辞職に追い込んでしまったようで心苦しかったソンヒは、「課長、すみませんでした。」と謝罪する。

「なんで君が謝るんだい?すべて僕が始めた事なのに。」
謝るソンヒに、カン課長は責め立てることなど一切せず、うつむく彼女に優しく話しかける。
ピルギュを追い込もうとしが失敗に終わってしまい、「市庁とピルギュは、まだ繋がっていたんだな・・・」と漏らすカン課長。
6年前の出来事を知らなかったソンヒは、チョン市長までもが癒着していることを知り驚く。

刑務所に入っている父の面会にやってきたジョンド。
「ジェソンを刑務所にぶち込んだんだ。あと二人だよ、父さん。」
ジョンドは父に報告するが、「やめろ、やめるんだ・・・。」と父に止められる。

いつもは一言も発さない父。
吐息に近いような小さい声で息子を止めるが、ジョンドは復讐の手を止めようとしない。
(何故復讐しようとしたのか、ジョンド父が捕まってしまったのか、そのへんの理由はまだわかりません。)

ホソクを会場まで誘導してきたミジュ。
用意したエキストラたちの前で、ジョンドは会社代表を見事に演じ切り、彼の熱弁にエキストラたちは歓声と拍手で場を盛り上げる。

スポンサーリンク

異様な熱量を発する会場の雰囲気にのまれ、完全にジョンドの事を会社経営者だと信じ込んだホソク。
「骨董品を扱うわが社の株を購入すれば、5か月後には5倍に膨れ上がる。もちろん、元本も保証する。」
甘い言葉を信じ切るホソクは、「詳しく話しを聞きたい」と後日食事する約束を申し出る。
(ジョンド達の思惑通り。)

一方、ミナ(ホソクの姉、ピルギュの娘)に近づくため作戦を実行に移すソンイル、バンシル、ジャワン。
青磁(骨董品)が好きな彼女を落とすため、骨董品店を貸し切り店主を装い、罠を仕掛ける。

刑務所にぶち込まれたジェソン刑事は、「ここから出して欲しい」とピルギュに助けを求める。
情報(ホソクが狙われている事)と引き換えに、刑務所から出してもらうことを交渉するが、「私とお前はそれほどの仲じゃない」と見限られてしまう。

ジェソン刑事、悪そうな雰囲気するなと思ってたけど、やっぱりピルギュとつながりがあったんだね。

刑務所から出るため知恵を絞るジェソン刑事は、「あいつ(ソンイル)を連れてこい」と部下に指示を出す。
ジェソン部下に連れられ面会にやってきたソンイルは、「なんで私がここにいるのか、まったく意味が分からない」と困惑する。
そんなソンイルに、「ジョンドについて、どこまで知ってるんだ?」とジェソン刑事は質問を投げかける。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「元カレは天才詐欺師」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←7話     9話→

元カレは天才詐欺師 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「元カレは天才詐欺師」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

元カレは天才詐欺師 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 魔女宝鑑

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ