韓国ドラマ 魔女の法廷 あらすじ19話

魔女の法廷

今回の韓国ドラマはこちら!
魔女の法廷
さっそく19話をご覧ください
魔女の法廷 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 魔女の法廷 あらすじ19話

チョ・ガプスはキングダムで築いた人脈で、韓国大総長キム・ホギョンと親しくなり、総理の孫を奨学生として法科に入学させ、総長も見返りに第2キャンパスの建設許可を口利いてもらうという持ちつ持たれつの悪事を働く。

人目につかぬようにとプジン島まで来て接待ゴルフをやっていたチョ・ガプスだが、鼻の利くハン記者が彼を追いかけ、3人の接待ゴルフを激写する。

イヤリングに録音機を仕込ませキングダム潜入しようとしたチン・ヨニ。

今日に限って防犯チェックの男が頭までスキャナーを向けるので何度も引っかかってしまい、ヨニはイヤリングを分からないように外し警備をパスする。

今日の接待客はパク・ミョンフェ総理と韓国大総長のキム・ウギョン。

アン・テギュも総長の口利きらしく、彼はおかげで講堂や体育館が改修できたとチョ・ガプスに感謝する。

総長の次なる狙いは大学拡張。

第2キャンパスをヨンパ市に造りたいということで、ガプスもチョヨン洞の建設許可が欲しいところ。

総理としても国防省の反対を押し切ってまでは、なかなか簡単なことではない。

学校周辺にヒョンジェ建設のYタウンが建てば総理の孫の孫の代まで安心して暮らせますよ、とガプスから堅実な提案をもらうと、総理も心地よい返事を匂わせる。

2004年 チョ・ガプスが警察庁長だったときに、彼は風俗店からの上納金で裏金を作り清雲閣(チョンウンガク)という性接待場を建設した。

第2の性接待場は、ヒョンジェホテルのKフロア、キングダム。

情報部員のチン・ヨニがKフロアの名刺を見せると、コン・スアの事件現場だとイドゥムは驚くが、ミン・ジスクもヨニに言われるまで、そのことに気づかなかった。

チョ・ガプスを追って、偶然ゴルフ接待の現場を撮れたハン記者は、ヨ・ジヌク検事に情報を持ち込む。

メリケンサックの証拠をねつ造した研究員が捕まり、ジヌクは2億の振り込みや、データ分析書の証拠を押さえ研究員の口を割らせる。

凶器とされたメリケンサックが証拠でなくなり、ペク・ミノもアン・テギュも同じ状況になると、事件は振り出しに戻る。

暴行動画でもあれば状況は一転できるとヨ・ジヌク検事に言われても、彼を信用していないペク・ミノは、何もしゃべらず、兄名義の自宅が売却されたと聞き、ようやくチョ・ガプスに騙されていたと気づくが、すでに接見時間は終わっており、検事に話があると言っても、監視員に妨害される。

チン・ヨニがキングダムに入る前にセキュリティーチェックで投げ捨てたイヤリング。

スポンサーリンク

回収したイヤリングには、警備員の会話が入っており、チョ・ガプスも知らない動画の存在が明らかになる。

動画は、用心棒だったチェ・ヨンウンを室長に昇進させるほどのネタだったらしく、イドゥムは警戒心の強いチェ・ヨンウンではなく相棒のキム・ドンシクに狙いをつける。

女の魅力でイチコロに落とせると思っていたが、年増のイドゥムにドンシクはなびかず、若く魅力的なチン・ヨニに持っていかれる。

ヨニはドンシクのことがずっと好きだったと告白し、彼からデートの誘いを受けるが、その頃、物捜しをしていたチェ室長は、キングダムの防犯カメラをチェックし、ヨニの不審な行動に気づく。

ヨニは2004年に自殺したソリの妹。

彼女の企みに気づいたチェ室長は、家族関係証明書をつけてチョ・ガプスに報告する。

ヨニに告白され、本気で彼女との交際を考えていたドンシクは、彼女をキングダムの接待から手を引かせてくれとヨンウンに頼む。

ヨニのウソを真に受けたドンシクは、ヨンウンがいくら言っても信じようとせず、ヨンウンは彼女の本心を聞かせようと、ドンシクにつながった携帯を隠し持ち、ヨニにキングダムの仕事から手を引けと打診する。

ドンシクが心配しているからと彼の気持ちを伝えると、ヨニは「あんな人のことなんかなんとも思ってない」と、けなし、仕事を辞めさせないでと頼む。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「魔女の法廷」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←18話     20話→

魔女の法廷 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「魔女の法廷」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

魔女の法廷 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー