韓国ドラマ 魔女の法廷 あらすじ10話

魔女の法廷

今回の韓国ドラマはこちら!
魔女の法廷
さっそく10話をご覧ください
魔女の法廷 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 魔女の法廷 あらすじ10話

マ・イドゥムの幼なじみチャン・ユミが連絡もなく突然やってきた。

ジヌクとデート気分だったイドゥムは、せっかくのチャンスを邪魔され、お見舞いには来てくれなかったくせにどうして今日やってくるのと、ヨ・ジヌクにべったり恋人気分のユミに腹を立てる。

チャン・ユミとはチャンヒョン洞時代からの友達。

ソウルの人間にとってチャンヒョン洞なんて知らないだろうとジヌクに聞いてみると、彼は高校3年生の時に、人捜しのために行ったことがあると言う。

うどん店の女主人キム・ミジョンおばさんの娘を捜していたと聞くと、イドゥムは名前は違っていても母さんに違いないと確信し、彼女が精神病院に入院していたというので、病院長であるジヌクのお母さんに話を聞きにいく。

コ・ジェスク院長は、マ・イドゥム親子の写真を見ても違う人だとウソをつき、診療記録も写真ももう残ってないと説明するが、ジヌクはあの時にチャンヒョン洞の刑事がキム・ミジョンのことを知っていると言ったことを覚えており、イドゥムを連れて刑事に会いにいく。

ペク・サンホ刑事は2カ月ほどチャンヒョン洞の警察に勤務していたが、今は海外移住してしまったらしく彼と連絡はとれない。

対応にあたってくれた捜査官がキム・ミジョンについて調べてくれようとするが、名前と町名だけでは調べることができず、何度も同じ思いをしているイドゥムは早々に諦める。

すでに全国の病院をしらみつぶしに回り、無縁故者の遺体確認に手を尽くしたイドゥムだったが、お母さんが私のことを捜してくれていたのかもしれないと思うと、もっと諦めずに捜せばよかったと後悔が押し寄せる。

ペク・サンホ刑事とは、チョ・ガプスの側近をやっているペク室長のことだった。

息子ジヌクが刑事を捜すというので、コ・ジェスク院長はペク室長に連絡し、偽装工作を頼んでいたのだった。

ペク室長の弟が関与した暴行事件の被害者チン・ヨニは、ミン・ジスク部長の情報員だった。

彼女はチョ・ガプスの悪の温床となっているヒョンジェホテルに侵入し、客室の中に秘密の空間があることを突き止める。

休日は怠惰な生活をしているイドゥムを外に駆り出し、発のボルダリング。

運動嫌いのイドゥムだが、指にテープを巻いてくれる彼の優しさを好意だと思い込み、苦手なものにも挑戦する。

疲れ切って、もうへとへと。

帰りの車の中では熟睡してしまい、あっという間に1日がたつ。

ジヌクは、母親捜しで自分を責めていたイドゥムに「十分苦しんだんだから、これ以上自分を責めなくていい」と慰める。

そしてクァク・ヨンシルの捜索ビラを元に3Dモンタージュで現在の姿を再現し、お母さんの写真をイドゥムにプレゼントする。

「この姿でそばにいると思えば寂しくないはず。」

ヨ・ジヌクに好かれていると思っているイドゥムは、今日がデート1日目かと喜ぶが、彼の返事は「ノ-」。

チャットでの売春斡旋者、通称“ウナギ”

彼が抱えている女性は中2から大学生までおり、判明しているだけで15人。

警察の捜査官は、もうすでに面が割れており、検察のほうに協力要請が来る。

いかにも刑事っぽいク事務官では駄目なのでヨ検事に白羽の矢があたり、マ・イドゥムは、私のヨ・ジヌクに危ない仕事をさせないでよと保護者としてついていく。

まずは刑事と一緒に斡旋業者のチャットルームに入り女性と交渉。

堅物ジヌクが正攻法で援交依頼をしてみるが、女性に怪しまれて成立しない。

回りくどいことは抜きにして、“援交”“金額”“顔写真”とイドゥムがパパッと入力すると、数秒で交渉成立、刑事も舌を巻く。

ジヌクが援交目的の女性とホテルに入ると、刑事が表と裏の出入り口をふさぐ。

スポンサーリンク

検事のイドゥムは、適当にそこら辺にいればいいと言われたが、逃げることに関して経験豊富な彼女は、トイレの窓に通じる壁面に待機し、逃げようとする女子高生を確保する。

女子高生コン・スアはトイレに行くふりをして、まず社長である“ウナギ”におとりにはまったことを連絡し、社長も早く逃げてくださいと彼を助けていた。

彼女の携帯には、すべてのメール記録が削除されており、巧妙に嘘をついて捜査を逃れようとする女子高生だが、腹痛を訴え下血し、性病にかかっていたと判明する。

性病は骨盤まで広がり女子高生は流産する。

悪性貧血にもかかっており、こんな状態の子を放置するなんてと医者は保護者への連絡を要請する。

コン・スアの家には、年老いた祖母が一人、ゴミ屋敷の中にいた。

彼女は孫スアが売春してるとは知らず、いい社長さんのもとでバイトしていると思い込んでおり、祖母に売春のことを知られたくないスアは社長のことを話すと約束する。

援交した男性客が次々と摘発されると、中にはソン事務官がお見合いした相手まで犯罪者として送検されてくる。

彼の前科は数えきれず、女性・児童犯罪対策部では常連客。

隔離対象ともなっている彼と交際していたソン事務官のショックは大きい。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「魔女の法廷」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←9話     11話→

魔女の法廷 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「魔女の法廷」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

魔女の法廷 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー