韓国ドラマ 恋する泥棒 あらすじ59話+60話 感想とネタバレ

た坊助た坊助

訪問ありがとうございます、管理人た坊助です!
今回は恋する泥棒のあらすじや感想をネタバレ込みでお届けします(^^♪

具体的な内容はこちら、はいドーン!

このページで楽しめる内容
  • 59話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 60話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 前後のお話も見たい方へ 各話のリンク
た坊助2

それではさっそく59話のあらすじからお楽しみください!

恋する泥棒 あらすじ59話

停職中だったソジュが復活することになり、「明日から活気が戻りそうだ!」と嬉しそうなソン捜査官とナム捜査官。

一方ソジュは、ドルモクと並んで道を歩き、何気ない日常の幸せを感じる。

入院中のジュンテはまだ意識が戻らず、呼吸器を外して殺そうとするシネ。

病室にやってきたファヨンは、母が父を殺そうとしている現場を目撃する。

た坊助2

シネもどれくらい本気で殺そうとしたのかわかりませんが、死んでほしいと思ってるのは確実。
呼吸器を外して顔にクッション押し当ててたら、ファヨンに見つかってやめました。

ソンジンから情報を得たミエは、ジュンテのスキャンダルをヨンイン日報から報じさせる。

ジョンへと抱き合っているのが世間に報道され、今まで以上に風当たりが厳しくなるジュンテ。

スポンサーリンク

一方、ジュンテがフグの毒を利用しドルモクを殺そうとしたがそれを阻止したジョンへ。

ジュンテのデスクにしまってあった毒を、シネの部屋に移動させる。

意識を取り戻したジュンテは右目を失明していた。

「体は動かせなかったが、あの時誰も自分の事を助けようとしなかった。」

妻だけではなくファヨンまで自分の事を見捨てた。

ショックを受けるジュンテは床に伏しながら涙を流す。

た坊助怒

悲しいの?
自業自得でしょうよ。
泣いてんじゃないよ!

シネの部屋から毒が発見され、夫殺しの容疑で取り調べを受けるシネ。

「何も知らない。そんな毒初めて見た。」

シネは容疑を否認するが、弁護士としてやってきたファヨンは「母は父を殺そうとした。」と見捨てる。

た坊助2

父を殺そうとした瞬間を目撃しましたからね。

ドルモクの元にやってきたジョンへは、自分が母だと明かしたい気持ちをぐっとこらえながら、ジュンテが毒を盛る瞬間を収めた映像を手渡す。

「あなたを殺そうとして自分で毒を飲んだみたいなの。」

ジョンへに説明されたドルモクは今回の件の全貌を理解する。

た坊助2

ジョンへは自分が母親だって言いたいでしょうね。
言わなくてもそろそろバレてしまいそうですが。笑

ジャスティストの前で見覚えのある女性を見かけたパンス。

美人に目を奪われるパンスにおおいに嫉妬するジョンヒ。笑

そんな様子をソンシクは「じれったい」と言い、「師匠に他の男性を紹介してもいいのか?」とパンスに詰め寄る。笑

た坊助2

えーっと・・・たぶん紹介してもいいんじゃないかな?笑

退院したジュンテは「お前を見損なった。縁を切る。」とファヨンに電話をかける。

父に見捨てられたファヨンは、会社を手に入れるためならなんだってすると、今度は母の味方を始める。

た坊助2

ファヨンはころころ態度を変えて大変。
結局彼女の目的は、チョンムンを手に入れたいって事みたい。
そのためには両親ですら態度を変えるってか・・・。

チェ室長を追い込んだソジュは、今すぐ殺してやりたいと怒りがこみ上げるが、「あんたもユン・ジュンテに利用されたんでしょ。協力してあいつを追い込みましょう」と持ち掛ける。

チェ・テソクは自らの携帯に盗聴器を仕込みジュンテに電話をかけ、その様子をドルモクたちに聞かせる。

数々の悪事について語るジュンテ。

母までこいつに殺されたのかとジュニは逆上し、今すぐ殺してやると熱くなるが、「こんな時こそ冷静になるんだ」とドルモクが兄をなだめる。

59話の感想

た坊助た坊助

そらそうだ。
よくここまで耐えられるよ。
ジュニもドルモクもソジュも、みんな感情に流されず冷静ですごい。
既にジュンテは検事総長を辞退しましたが、絶対にこのままでは終わらせてほしくない。
なんとしても罪を認めて償ってもらわないと。

恋する泥棒 あらすじ60話

ジュンテを殺人犯として立件するための証拠写真。
(トラックを運転して、ハギョンを殺そうとした際の写真。)

証拠と引き換えに金を要求したチェ室長は「現場に来れば現行犯で奴を逮捕できる。」とドルモクたちも現場に呼ぶ。

チェ室長とジュンテのやり取りを遠巻きから確認するドルモクたち。

証拠と引き換えに金を受け取り逃げようとするチェ室長を追いかける。

スポンサーリンク

逃走するチェ室長は、後からやってきたチェ部長に射殺されてしまう。

た坊助2

チェ部長は正当防衛だって話していますが、ジュンテにそそのかされて、意図的にチェ室長を殺したのかもしれません。
それにしても、チェ、チェ、チェ・・・本当に多いな・・・。笑

トラックに乗った写真をその場で燃やしたジュンテ。

しかし、ネガがどこかにあるはずだと不安は残る。

チェ室長は死んでしまったが、どこかにネガが隠されているはずだとドルモクたちもその行方を考える。

た坊助2

チェ室長が死ぬ寸前「娘・・・」って話してたから、娘に関する何かなんでしょうが、現状全くわかりません。

チェ室長とジュンテの会話を盗聴していた際に録音を忘れてしまったジュニ達。

せっかくチャンギ殺しなどについて自らの口で語っていたのに、録音していなかったため証拠としては成り立たない。

あと一歩のところで捕まえるチャンスを逃したジュニは悔しくて仕方なく、「飲んで酔っ払って眠らないと今にでもあいつを殺してしまいそうだ。」と涙を流す。

た坊助泣

えー、録音してなかったのか・・・。
それはやっちまってるな。。。

一方、父の敵であるチェ室長が死に、悔しい気持ちのソジュ。

死ぬ寸前にチェ室長は「ソジュに謝っておいてくれ」とドルモクに伝言を頼んでいた。

憎かったチェ室長が簡単に死んでしまい、謝るくらいなら罪を償ってほしかったとソジュは悔しさを滲ませる。

父を殺した犯人はチェ室長だが、指示した黒幕はジュンテ。

”本当の悪党はまだ捕まってない”と、絶対にジュンテを追い詰めようと励まし合うソジュとドルモク。

た坊助2

ドルモクたち、絶対に奴を捕まえてくれ。
簡単に死んでくれるなよジュンテ。

一方、ジョンへとすれ違ったパンスはじーっと彼女を見つめ、「美人に鼻の下を伸ばしてる」と数日たっても機嫌が悪いジョンヒ。笑

「もらった座浴機は返すわ」とジョンヒは怒るが、そもそも座浴機なんて買ってないパンスは「いったい誰の仕業だ?」とみんなの方を向く。

そーっ・・・。

恐る恐る手を上げたドルモクは「親をからかってるのか」とパンスに怒られ、ジョンヒは乙女心が傷ついてしまう。

スポンサーリンク

めんどくさい感じでいつまでもふてくされているジョンヒに、「いい加減にしてよ」と娘のウンジは呆れるが、「乙女心をわかってないわね」とヨウルはジョンヒを庇う。笑

た坊助2

めちゃくちゃ乙女じゃんジョンヒ。笑

ドルモクは母がどこかで生きているはずだと探してみるが簡単に見つかるわけもない。

息子が探していると知っていながら、危険を回避するためまだ名乗り出ていないジョンへは、ソジュと仲睦まじく歩く息子を遠巻きから見ていた。

またしても偶然ジョンへの事を見かけたパンスは、ドルモクの母だと思い出して後を追いかける。

60話の感想

た坊助た坊助

パンスが気づきました!
でもきっと「伏せておいてください」とか言われるんだろうな・・・。
あと10話くらいあるので、最後にはちゃんと再会してほしいな。

恋する泥棒 あらすじの続き 一覧

「恋する泥棒」前後のお話はこちらから

←57~58話     61~62話→

「恋する泥棒」各話の一覧はこちらから

『恋する泥棒』のあらすじ一覧

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「恋する泥棒」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

恋する泥棒 amazon

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆