韓国ドラマ キム課長とソ理事 あらすじ1話

キム課長とソ理事

今回の韓国ドラマはこちら!
キム課長とソ理事
さっそく1話をご覧ください
キム課長とソ理事 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ キム課長とソ理事 あらすじ1話

ドクポ興業で経理を担当しているキム・ソンニョンは、ピンハネの達人。

お調子者で神経が図太い彼は、不正会計を綿密に計画し、会社の金を私的に横領していた。

朝鮮時代にも横領はあった・・・と、警察署の中で檻に閉じ込められながら、見ず知らずの男たちに自慢げに語るキム・ソンニョン。

警察と国税庁は、下調べを尽くして緊急税務調査を行ったが、キム・ソンニョンは完璧に横領を隠蔽し、何食わぬ顔で警察署を後にして解放される。

社長のペ・ドクポは、なんとも頼もしいソンニョンの事を、たいそう気に入っていた。

しかし、他の部下たちはそれをよく思わず、ご機嫌な社長とは反対に、ソンニョンの事を恨む者もいた。

一方、韓国の中でも大手の企業TQグループ。

経理部として働くユン・ハギョン代理は、仕事の合間をぬってバッティングセンターで気晴らし。

今日も遅くまで残業が続き、同じ部署の仲間たちはやる気が低下気味の中、「終わるまで帰れないわよ!今日も徹夜で頑張りましょう!」と頑張り屋さんのようだ。

「こんな忙しい時期に・・・」

経理部の仲間たちは、長期休暇に入って不在のイ・ウンスク課長のデスクに、恨めしそうな視線を送る。

翌日。

イ・ウンスク課長は、首をつって自殺しているところを、通りすがりの散歩していた男に発見される。

イ課長には、横領と違法賭博の疑惑がかけられており、残された妻は「夫に限ってそんな事あるはずない。」と疑惑を否定する。

”家族が第一”と掲げておきながら、部下を捨て駒のように使うTQグループのパク会長。

ソウル中央地方検察庁で働くソ・ユルは、粉飾決算や不正会計を摘発させれば右に出るものはいない男。

取り調べを行うユルは、対象者をまるで人ではなく家畜のように扱い、恐怖で支配し白状させる強引なやり方をする。

そのやり方は、まるで人権など無視。

しかし、ユルはTQグループのパク会長とつながりがあるらしく、困った会長の手助けや助言をする。

パク会長とチョ常務が同席する中、食事に呼ばれたユルは、自殺した経理部のイ課長の後任として、「能力が高くて使い捨てができる人間を雇うべきだ」と助言する。

スポンサーリンク

ピンハネの達人ソンニョンは、将来的にデンマークに移住するのが夢。

しかし、永住権を得るには、少なくとも10億必要となる。

あと8億ほど足りないソンニョンは、どうにかしてデカい金額をピンハネできないかと企んでいたが、そう簡単においしい話は転がっていない。

そんな矢先、ひいきにしてくれていたペ・ドクポ社長に見切られてしまい、事実上のクビを宣告されてしまう。
(周囲から、「実質的な影の支配者はソンニョンだ」と言われていたことを気にし、社長はついにソンニョンをクビにした。)

事務所に戻ってきたソンニョンは苛立ち、帳簿という帳簿すべてをコピーする。

クビを切られたソンニョンは、路頭に迷うのか・・・というタイミングで、TQグループが人材募集していることを知る。

学歴などは一切関係なし、実務をこなせれば誰にでも合格の余地はあることを知り、後輩のグァンスクには「そんな夢見るな!TQは大企業だぞ?俺達には無理に決まってる」と言うが、実力に自信がある彼は、面接すら受ける前なのに、既に合格したかのように大喜び。笑

ドクポ興業とは桁違いに大きな企業だけに、ド派手にピンハネできると、ソンニョンの妄想は膨らんでいく。笑

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「キム課長とソ理事」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

キム課長とソ理事 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「キム課長とソ理事」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

キム課長とソ理事 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー