韓国ドラマ・家族なのにどうして・あらすじ2話

家族なのにどうして

今回の韓国ドラマはこちら!
家族なのにどうして
さっそく2話をご覧ください
家族なのにどうして・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・家族なのにどうして・あらすじ2話

連絡を受け病院に向かうガンシム。
車で事故を起こしてしまったムン会長だったが、幸い命に別状はない。
運転していたイ課長は20年間、無事故、無違反の信頼できる人物。

会長が病院に運ばれたことで、父の誕生日を祝うことができないガンシム。
ガンジェも医者として忙しく、父の誕生日どころではない。
末っ子のダルボンに任せようと電話をかけるガンジェだが、せっかく入社した会社がマルチ商法だった彼は落ち込み、兄の電話を無視する。

その頃自宅では、スーツに着替え、子供たちの帰りを待つスンボンだったが、誰も帰ってこず肩を落とす。

家に戻れないダルボンは、夜遅くまで公園で座り込み、これからの人生について悩む。
開き直った彼は、「よし、まずは頑張ってみよう!」と、通り過ぎる人々に声をかけ、あからさまに怪しいサプリ ”ワッタミン” を、売ろうとする。
しかし、誰一人足を止めるものはおらず、落ち込むダルボンは、偶然にもソウルと再会。
タイミング悪く警察が駆けつけ、二人とも警察署に連行されてしまった。

自宅では、子供たちの帰りを、今か今かと待っているスンボン達。
ガンシムからの連絡かと意気揚々と電話にでるが、警察からの電話で戸惑う。

通行人からの通報で、警察に連れて行かれた二人。
公園で許可なく物を売っていたとして取り調べを受ける。

「この人は関係ありません。 落としてしまった商品を、拾うのを手伝ってくれただけです」
ダルボンの気づかいで、すぐに解放されたソウルはその場を去ろうとするが、彼があのチャ・ダルボンだと気づき驚く。

息子の不祥事に駆けつけ、「すみません。 良く言って聞かせますので。 すみません。」と、頭を下げ続けるスンボン。
 ”子供のしたことは、親にも責任がある” と、息子を守るために平謝りする。
本当に気の優しいお父さんだな・・・(;O;)

やっと病院から帰宅したガンシムは「どうして何も連絡しなかったの!」と、スングムに責められる。
スンボンと一緒に帰宅したダルボンが、マルチ商法に引っかかっていたと知り「情けない・・・本当に何をやってもダメね」と、ガンシムは弟を責める。

とんでもない誕生日になってしまったスンボンだったが「長い人生、こんな誕生日もあるさ」と、自分を励ましながら、子供たちの空腹を気にかけ、ラーメンを作ってあげる。

翌日。
どうするべきか悩んだ末に、決意を固めたソウルは、スンボンの営む豆腐屋を訪ねる。
「初めまして。 ダルボンさんと結婚する約束をしています、ソウルと申します。」
マルチ商法に続き、女性関係でも問題を起こした息子に飽きれるスンボンは、ショックのあまり立ちくらみ。

スポンサーリンク

のんきに眠り続けるダルボンを叩き起こし「お前は何をやっているんだ!」と、説教するスンボンとスングム。

「お前と結婚の約束をした女の子が来てる」
父の言葉が意味不明なダルボンは、イライラしながらも居間に降りていく。

ソウルの事を見て戸惑うダルボンは、「結婚の約束をしたでしょ」と、語る彼女の発言を受けて、さらに頭がこんがらがる。

結婚の約束を忘れている彼に「クシム川でおぼれたことも忘れたの?」と、問いかけるソウル。
頭の中フル回転でやっと思い出したダルボンは、二人っきりで話をしようと外に連れ出す。

幼いころの発言を真に受け、結婚するつもりで現れたソウルの事を、変わり者扱いするダルボン。
「人の言葉を信じて何が悪いのよ!」と、ソウルは食い下がる。

二人の言い合いを、帰宅したガンジェが目撃。
ソウルの説明を聞き、弟が結婚詐欺をしたと勘違いするガンジェは「お前は本当に最低だな」と言い捨てる。

何とかソウルの事を追い返し「俺は無関係だ」と主張し続けるダルボン。
息子の話が本当なのか、ソウルが話していることが本当なのか・・・どちらにせよ、このまま彼女を返すには気が引ける。
忘れて行った荷物を返すついでに、ソウルの事を食事に誘うスンボン。

川で溺れていたのは、ダルボンではなく友人だったみたい。
ソウルに助けてもらった友人が、「俺はダルボンだ」と名乗り、勝手に結婚の約束をしていた。
ダルボン本人は、その様子を遠くから見ていた、と言うのが真実みたい。
でも、その時の男の子の言葉をソウルは信じているため、しらばっくれるダルボンの事が許せない。

事故を起こしたイ課長を解雇しろと指示するテジュだったが、情に厚い会長は長年の付き合いを優先し、解雇など全く頭にない。
「解雇しろと指示しただろ!」と、秘書であるガンシムを責めるテジュ。
「私は会長の意志を尊重しているだけです」と、ガンシムは反論し、案の定言い合いになってしまう。

口の達者なガンシム。
前回に引き続き、テジュの事を打ち負かしてその場を去る。
悔しくてたまらないテジュは「あのクソ女め」と、一人で苛立つ。

ソウルを食事に誘うスンボン。
「すぐに結婚できなくたっていい。 せめて、あの日の事を覚えてくれていると思ったのに・・・」と、悲しむソウルに心打たれたスンボンは「息子が未熟だからだ。 本当にすまない事をした。」と、ソウルの心に寄り添い、息子に代わって謝罪する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「家族なのにどうして」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←1話     3話→

家族なのにどうして あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

追記

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー